20代で今の仕事・今の会社を辞めたいと感じている方へ。

社会人になる直前までは「働いてお金を稼いでやりたいことたくさんやるぞ!」と明るい未来を想像したりして、これから自分は本当の意味で大人になるのだと嬉しくなったもんです。

それが、働きに出てみると違っていた。

「給料が安い」「昇給も臨めない」「残業が多すぎる」「人間関係が辛い」「最悪な上司」

僕も20代のときはそうでした。馬車馬のように働かされていて時間がなく、お金もない。ストレスも溜まり放題で、未来に希望も見いだせない。

生きるために仕事をしているのか、仕事をするために生きているのかわからないような状態だったんです。

似たような境遇だった僕が言いたいことは、ひとつ。

辞めてしまえ、そんな職場。20代の若さを武器に。

あなたを悩ませる職場なんて、いる意味がありませんよ。そんなところで努力したって、何になるのでしょうか。

どうせ努力するなら自分のためになる人や会社のために、そして何より自分のために努力しましょうよ。

そのために、転職を考えているのでしょう。

だったら、今の悩みを解消してやりませんか?

若いから職場は選べない? いえ、若いから職場を選べるんです。悩みは転職で解決可能だ!

人間関係がうまくいかなくて辞めたい人へ

人間関係がうまくいかないなら、自分に合った雰囲気の職場を選ぶ必要があります。

ただ、これが一番難しい!

給料や残業時間、休日日数なんかは数値化してわかりやすく目に見えるように出来ますが、人間関係は数値化できません。

求人に書かれている「アットホームな職場です!」なんかは信用できないし、むしろどこかブラック臭が漂っています。

一体どうすれば自分に合った雰囲気の職場かどうかを見分けることができるのか…。

転職エージェントを利用することによって、職場見学が可能な会社もあります。

職場見学ができなくてもキャリアコンサルタントが実情調査に出向いて、「こんなところだよ」と教えてくれることもあるでしょう。

それをアテにするのもいいですし、口コミサイトを頼るのもアリです。

インターネット上には「社員の口コミサイト」というものがあります。

「カイシャの評判」「openwork」といったサイトが有名なので、それらを利用すると良いでしょう。

ただ、所詮誰でも利用できる口コミサイトなので、中には嘘情報の書き込みもあるかもしれません。

全てを鵜呑みにするのは危険ですが、自分にとって良い雰囲気の職場か、良い人間関係を築けそうかの参考にする程度であれば十分に使えますよ。

それでもやっぱり人間関係は目に見えない部分も多いので、難しい問題です。

口コミサイトやエージェントを利用して見分けるのも大事ですが、一番大切なのは「次の職場では良好な人間関係を築けるよう努力する」ように心がけることだと、僕は思います。

給料が低くて辞めたい人へ

テレビやネットで「若者の給料が低い」ということが、盛んに語られていますよね。業界によって差はあるものの、確かに給料は低いです。

年齢を重ねて上がっていけばいいですが、数年前から話題の「ブラック企業」なんかは順当に給料が上がらなかったりします。

そうなると、もう転職するしか解決策はないわけですよ。

国税庁の民間給与実態統計調査(平成27年分)によると、20代前半の平均年収は271万円で、20代後半の平均年収は383万円とのことです。

しかもDODAの統計によると、20代全体で年収300万円未満の比率が31.0%もあるとのこと…。

この統計より給料が低い人は、レッツ転職。

周りより安い給料で働くより、少なくとも周りと同じくらいの給料で働いたほうが良いに決まってますよね。

20代で転職をして給料をアップするのはハードルがやや高いですが、不可能ではありません。

大企業となると限りなく不可能に近いですが、ベンチャーや中小企業を狙えば可能性があります。

特に業績が好調だったり、好調気味だったりしているベンチャー企業は若い人材に投資する余裕もあるらしく、年収が上がりやすいです。

ベンチャーは現状の安定よりも、未来の繁栄を考えてますから、「未来に投資する」という考えが大企業よりも強いんですよ。

そうでもしないと、現在の大企業たちに食らいついていくことはできませんからね。

また、転職エージェントを利用すれば年収アップという条件に応じた求人を見つけてきてくれます。

これにより、今より高い給料で働くことは夢ではなくなってくるんです。

ただし!

高望みしちゃあ、ダメですよ?

経験もまだ浅めな20代の人材に高い給料を約束するというのは、やっぱり会社にとって結構リスキーなことなんです。

僕が会社のお偉いさんなら、今より高い給料はまず確約しませんね。後々上げていくことは考えられますが、最初からというのはやはり難しい。

だから「現状より少しだけアップ」程度にとどめたり、「平均ジャスト」程度を狙いましょう。

それより上を狙うと、転職活動がとてもとても長くなっちゃいます。

休みが少なくて辞めたい人へ

僕もそうでしたが、20代は休みが少ないとか残業が多いとかを理由にして転職をする人が多いです。

DODAの転職理由ランキング調査(2016年4~9月分)では、残業が多い・休日が少ないというのが第3位となっていました。

ちなみに1位は「他にやりたい仕事がある」で、2位は「給与に不満がある」です。

「休みが多い会社に転職したい」ということですが、一度休みが少ない会社に入ると休みが多いというのが一般にどれくらいなのかがわからなくなってきます。

一般的には、年間休日120日以上が「休みが多い会社」の目安です。

休みが100日を下回っている会社は、もう論外。だって、最低でも一年間の265日以上働きに出てることになるんですよ?

いったい人生の何分の一を仕事に費やしているのか…計算したくもありませんよね。

少なくても110日を目指して、出来るなら120日を目指しましょう。

転職エージェントでそのように条件付けて探してもらうのもいいですし、思い切って休日の多い業種に転職するのもアリですね。

後者は今の仕事に愛着がない場合に限りますが、休日が少ない業種にいると休日日数を多くするのにも限界がありますから、考えておくべきです。

休日が多く残業が少ないのは、自社製品を製造・開発しているメーカーやモノづくり系の会社が多い傾向があります。

自社製品をつくっているところは、納期や生産量を自社で決めるため無謀な計画になりません。

「無理なく、やれるだけやりましょう」っていうスタンスなんですよね。

逆に受注生産系の会社は、残業と休日が多いので避けるべきです。

クライアントからの受注ありきだと、とにかくどんどん受注しちゃうんですよね。受注して納品した分だけ利益になるので、どんどん受注しないと会社の売り上げが上がらない。

その結果として無茶な生産計画になってしまい、残業続きで休日出勤は当たり前になる。

「やれるだけやろう精神」で仕事をしていますが、意味が違ってきますよね。「(プライベートの時間を削って)やれるだけやろう」ということなので、めちゃくちゃ危険。

IT系の職種の人が、それで発狂寸前までいっているのを何回か目の当たりにしました。

休日日数を増やすために転職をするのであれば、「エージェントに希望日数を伝える」ことと「受注生産系の会社を避ける」ことが大切ということです。

こんなに早く転職して大丈夫なのか?

20代で転職の悩みというと、やっぱり転職すること自体に悩みを抱えている人が多いですよね。

本当に転職しても大丈夫なのだろうか、忍耐がないと思われかねないだろうか…。

考えていくと転職することが悪いことであるかのように思えてきて、「やっぱり辞めるのやめようかなあ」と消極的になっていく。

そんな人に僕は言いたい。

「20代だからこそ転職しようぜ!」

若いうちから転職するなんて…という考え方がある反面、若いうちだから転職しやすいという考え方があります。

20代は「前の職場のやり方に染まってないだろう」「今から教育してもキャリア形成に間に合うだろう」という考えから、中途採用で結構需要があるんですよ。

同じ理由から、異業種への転職もしやすいです。

先ほど20代の転職理由1位が「他にやりたい仕事がある」だと述べましたが、そういう人こそ若いうちに転職を済ませるべきなんですよね。

また、20代の転職者数って、案外多いんです。

厚生労働省の平成27年雇用動向調査結果によると、男性の転職入職率は加齢に応じて下がっていっています。

一番割合が高いのが19歳以下で27.3%、次に高いのが20代前半で15.1%です。

それから20代後半には13.8%になり、30代前半には10.0%にまで下がっていきます。60代前半で一度12.0%にまで上がるのですが、それまではずっと下降している。

つまり、男性は若いうちに転職をしていて、定年後にまた働き始める人が多いということです。

また、僕が転職エージェントを使ったときの担当者さんが言うには、転職成功者の約45%が20代らしいです。

国の調査・民間の調査両方で、20代は転職者数が多いという結果になっています。

皆やってるから、不安がることはありません。

赤信号皆でわたれば怖くないと言うけれど、転職は赤信号ではないのだから余計に怖くない!

ただ、20代のうちから2回・3回と転職してしまうのは赤信号です。

20代の転職は「ただ一度だけ」だと考えて、その一度を確実に成功させるために頑張りましょう!