眼鏡屋の店員を辞めたい… 転職先の決め方や求人探しはどうすればいいの?

眼鏡屋にお世話になっているという人は多く、最近は眼鏡屋もかなりカジュアルで快適な雰囲気のところが多くなってきました。

でも、ネットを見てみると「眼鏡屋辞めたい」という声をよく見ます。

というわけでこのページでは、眼鏡屋を辞めたい人の転職先の候補や転職活動の指標になる考え方、転職活動の方法などをじっくり考察していきたいと思います。

眼鏡屋を辞めたいと思っている人が抱えている悩みの傾向

眼鏡屋で働いている友人に話を聞いてみました。

まず、「眼鏡業界はどうなの?」と聞いてみたら、彼いわく「目が悪い人だけじゃなく、おしゃれのためにメガネをかける人も多いからね。実際、売り上げも良い。ただ、需要はある程度一巡しているから、将来性は正直わからん。」とのことでした。

需要が無くなることはありませんが、頭打ちがあり成長はしづらいということなんでしょうね。

「成長しないからボーナスが全然貰えないし、給料は結構低い。安定しているけど、だからこそ社員に還元されにくいのかもしれない。」

また、彼いわく「販売ノルマが意外とキツい。激しいクレーマーも多い。ストレスが大きい。」そうです。

眼鏡屋店員の悩みの傾向をまとめると、「成長性がいまいち」「待遇がいまいち」「ノルマが厳しい」「精神的ストレス」ということになるでしょうか。眼鏡屋を辞めたい人は、これらの悩みを解消できる転職先を選ぶのがマストですね。

どんな仕事なら、悩みを解消できるか? 眼鏡屋から転職しやすそうな仕事から考えてみます。

眼鏡屋から眼科に転職する人は結構多い

眼鏡屋で働く友人から聞いた話が少し続きますが、眼鏡屋から眼科に転職する人が多いそうです。実際、メガネショップからの転職先はどこがいいかとネットで調べると、すぐに眼科というキーワードが出てきます。

「目」や「視力」に関する仕事ということで、眼科が選択肢に入りやすいんでしょう。

受付や視力検査くらいは、無資格でもできます。それ以上の仕事をしようと思ったら、視能訓練士などの資格が必要になるわけですが、無資格から入って視能訓練士を取得してキャリアアップするような道もあるわけです。

眼鏡屋みたいに「眼鏡合わんやんけコラ!」というようなクレームも少ないだろうし、視能訓練士を取ると眼鏡屋より少し高いくらいの年収を得ることもできるでしょう。安直とも思えるものの、理にかなった転職先ですよね。

商品提案にやりがいを感じている人にオススメの転職先は…

眼鏡屋を利用して思ったのが、店員さんが商品を提案してくれて、こちらの需要とすり合わせたり新しい需要に気づかせてくれたりすることです。服を選ぶときもそうなんですが、眼鏡を選ぶときは「実用性」「デザイン性」「その人の雰囲気」「服」などのバランスを探るんですよね。

これが面白い。

僕の友人も、店員をしていて楽しい瞬間はそこだと語っていました。その分クレームが来ると悲しいし、ストレスになるわけですね。

この話に共感する人には、営業職をオススメします。

営業職は販売業とは少し違いますが、「人に商品を提案する仕事」という点では共通しているんです。

営業の仕事は、需要がありそうだけどそれに気づいていない相手に、自社商品に対する需要に気づかせたり需要を植え付けたりすること。その後、相手の状況に合った商品を提案するのが営業職のミッションです。

ノルマの問題は、ルート営業を選ぶことで解決可能だし、個人的には眼科と同じくらいオススメですよ。

-仕事の悩み