入れ替わりの多い会社は、まともな会社じゃないのかもしれないと不安なあなた。

正直言ってその不安は正しい! 人員入れ替わりの多い会社は未来がヤバイです。社員が定着しないのには必ず原因がありますし、その原因は薄々あなたも勘づいているのではないでしょうか。

今回は定着しない原因云々じゃなくて、「入れ替わりの多い会社はあなたの未来が危ない理由」を紹介したいと思います!

入れ替わりの多い会社はヤバイ! あなたの未来が危ない5つの理由

入れ替わりの多い会社に不安があるあなたの考えは正しくて、実際社員が定着しない会社というのは社員の未来を食いつぶす会社であることが多いんです。その理由5つを見ていきましょう。

未来が危ない理由1:仕事の負担が増え続ける

人員の入れ替わりが激しい会社は、最終的に人員がマイナスになります。

「辞める人が多い」ということに気づいた人たちが、「僕も私も」と辞めていくんです。その様子を見た新人もさらに辞めていき、入社する人よりも退社する人のほうが多くなります。

今はプラマイゼロで済んでいても、近い未来そうなるでしょう。

そうなるとあなたの仕事の負担が増え続けることになります。

そもそも、人員を増やしたいということは仕事が多いということだから今もすでに負担が大きいはずです。今以上に負担が大きくなると、パンクしてしまう可能性があります。

未来が危ない理由2:自分の成長が妨げられる

社員が定着しない会社は、人材マネジメントが下手くそと言えます。上手だったら社員は定着するでしょうし、人の入れ替わりが激しくなることはないはずです。

人材管理が下手くそな会社は、社員の成長を妨げます。

社員のモチベーション管理・社員のノルマ管理・仕事量の管理などなど、それらのバランスが崩壊するんですよね。そのうちに働くやる気も失せるようになり、ノルマばかりが増えて勉強をする余裕もなくなり目の前のことをこなすだけの毎日になります。

能動的に考え動く余裕すら消えるため、成長性がありません。

未来が危ない理由3:実は正当な評価がされてない可能性が高い

先ほど「社員が定着しない会社は人材マネジメントが下手くそだ」と語りましたが、そのために正当な評価がされていない可能性があります。

違う会社を経験したことがない人だと、実は正当に評価されていなくても気づけないケースが多いです。どういう評価が自分に対して正当化わからないですから。入れ替わりが激しい会社は社員ひとり一人をよく見ません。

本当なら、もっと高い給料で働けているのではないでしょうか?

未来が危ない理由4:人材を切ることにためらいが無い可能性が高い

社員が定着しない会社は、どこか「社員」という存在を蔑ろにしています。

入れ替わりが激しくなる理由によくあるのが、「雇用条件が悪い」「人間関係がグダグダ」「ハラスメントが横行している」「労働基準法違反」などです。人を大事にしない会社だということの説得力としては、十分すぎますよね。

そういう会社は、いざというときにすぐ社員を切ります。

あなたが今の会社に残り続けたとして、会社があなたを残す保証はどこにもないわけです。

最終的に、会社に裏切られますよ。

未来が危ない理由5:そもそも会社自体に未来が無い

優秀な人材を増やすことは、会社の成長に繋がります。

人がすぐ辞めるような会社には、優秀な人材は集まりません。優秀な人が来たとしても、そういう人ほど早く辞めていくんですよ。「この会社に居ても未来は無い」「この会社は自分に合わない」ということがわかるから。

優秀な人が居つかないと会社は大きくならない。

これ以上の成長は望めず、成長しない会社に未来は無い。

入れ替わりの多い会社は辞めたほうがいい! 人を大切にする会社に転職する3つの方法

入れ替わりの多い会社に不安を持っている人、その会社を辞めたほうがいいと僕は思います。

軽くでも転職活動を始めたほうがいいけど、その前に「人を大切にする会社に転職するための方法」を知りましょう。これを知るだけで転職成功は簡単になる。

転職方法1:雇用条件が良い会社を探そう

凄く単純な話なんですが、雇用条件が良い会社は人材を大切にする会社であることが多いんです。

優秀な人材は雇用条件が良いところに集まります。特に中途採用の場合、自分の転職市場価値を見極めてから転職活動を始める人が多いと思うんですよ。転職エージェントを使うなどして。

そうして自分が「どのレベルの雇用条件で働けるか」を知りますよね。

だから優秀な人は雇用条件が良い会社に集まる傾向があるということで、雇用条件が良い会社はこの事実を理解しているということです。

また、優秀な人材にしっかり良い条件を与えることにより、「役に立てば高い給料が得られる」ということを社員が期待することも理解しています。そうして人材が努力をするようになることも…。

人を大事にすることで自分の会社の利益になると考えているから、人材を大切にするわけです。

転職方法2:離職率・求人掲載状況を探ろう

有価証券報告書を公開している企業なら、それを読めば離職率がわかります。離職率が高いところはその時点で避けるようにすれば、入れ替わりが激しい会社・未来が無い会社に転職するリスクを回避できるでしょう。

離職率を調べるのが難しいなら、求人掲載状況を探ろう。

複数サイトに求人掲載をしていないか、求人が長い間残っていないか、中途なのに大量採用していないかなどなど…。求人を出している状況から、その会社の離職率をなんとなく察せます。

転職方法3:転職エージェントを使おう

良い雇用条件の求人は、転職エージェントが非公開として隠し持っている!

さらに、その会社がどれくらいのスパンで求人を出しているかも転職エージェントは把握しています。転職エージェントを使うことによって、今回の転職活動で探りたいことのすべてを探れるわけです。

転職エージェントに質問攻めして探り、少しでも疑わしいなら転職先候補から外す!

入れ替わりが激しい会社から転職したいなら、それだけで十分です。

今からでも転職活動を始めるべし!