無資格で保育士に転職することはできませんが、「保育補助」になら未経験無資格でも転職することができます。

昨今、日本中で人手不足の保育所が多くなっているんです。そのため、保育補助の需要が高まってきています。保育補助として働けば実際の現場から多くのことを学び、資格取得支援を得て、保育士の資格取得の足掛かりにもなる…。

保育補助から保育士人生を始めてみませんか?

そのために知っておくべきことを、紹介しましょう。

※仕事の大変さやよくある悩みを知りたい方は『保育士を辞めたい!悩みから脱することができる転職先を調査』も参考にしてみて下さい。

保育補助とは? 具体的にどういう仕事?

保育士に転職したい無資格者が最初にたどるべき道、保育補助。その具体的な役割や仕事内容をはじめとして、保育士との給料の違いなども見ていきましょう。転職するための前提知識として、参考にしてみてくださいね。

1.保育補助の役割と仕事内容

保育補助の業務の範囲は法律などによる明確な定めがありませんが、各保育所ごと独自の決まりが設けられています(自治体でガイドラインを発行しているケースもあります)。

親からしたら、大切な子供を預ける保育所で無資格の保育補助が何の制限もなく働いていたら不安を感じてしまいますしね。

基本的に、責任を伴う仕事は保育士が行い、保育補助は、掃除・片付け・保育の準備や行事の準備などを担当することになります。

ときには保育士による監督のもとで、寝かし付けをしたり、おむつ替えをしたり、ひとりで食べられない子どもへの食事サポートをしたりと、簡単な保育を行うこともあります。

保育補助の役割を一言で言い表すなら、『子どもと積極的に関わることよりも、子どもが安全に過ごせるための環境を作ること』になりますね。

2.保育補助の給料

保育補助を正社員として採用する保育所はなかなかなく、アルバイト・パートが中心となります。

その際の時給は900~1200円あたりが平均的。高時給な保育所では1500円の時給を出すこともありますが、求人数はかなり絞られるので求人探しには工夫が必要です。その工夫については、また後程語るとしましょう。

ちなみに、正社員保育補助の給料は、月給16~18万円が平均的です。年収にすると200~250万円前後といったところでしょうか。

資格を取得して正社員の保育士になると、年収は300万円前後になります。

保育補助に転職するときに意識すべきポイント

保育補助に転職するときには、意識すべきことがいくつかあります。

1.保育補助として採用されやすくする方法

「無資格から保育士に転職したい」という人が、条件の良い求人保育補助求人に大勢食いついてくるんですよ。ただ、大量募集というのはほとんどなく、採用されるのは1人か2人…。

武器が無ければ、転職活動が難航する可能性があります。

そこで注目したいのが、保育の現場における人手不足解消のために始まった「子育て支援員制度」

これは「国が定める研修を受ければ、保育士資格が無くても小規模保育園・学童・企業型保育園などで補助的に働けるようにしよう」というものです。

子育て支援員になるには、自分が所属する自治体の研修に申し込み、指定時間の研修を受け、修了証書を得るだけでOK。試験などはありません。

保育補助としての採用率が上がるだけでなく、子育て支援員には時給+100円を出す保育所も多いので、簡単に取れるなら取っておかないと損でしょう。

2.資格取得支援制度をチェックしよう

保育士試験に合格すれば、誰でも保育士資格を取得することができます。「保育に関係ない大学・短大・専門学校卒」だとしても、実務経験なしでストレートに試験が受けられるんです。

ただし、試験の合格者は毎年全体の2~3割程度と、難易度は高い…。

保育補助として働くことで実務経験から保育への理解を深めることができるとはいえ、働きながら勉強を進めるのは大変です。

資格取得支援制度がある保育所で働けば、勉強を考慮したシフト設定にしてくれたり、資格取得費用補助をしてくれたりという特典が得られます。中にはセミナーを紹介してくれる保育所もあるし、勉強のサポートをしてくれる保育所もある。

資格取得支援制度がある保育所か? どんな支援をしているのか?

無資格から保育士に転職するなら、それらをチェックするのは必須と言えるのではないでしょうか。

自分に合う条件の保育補助求人を見つける方法

保育補助として高時給を得たり、正社員求人を探したり、自分が望む資格取得支援制度がある求人を選んだりするには工夫が必要です。

その工夫とは…転職エージェントを使うこと。

転職エージェントに「資格取得支援制度がある求人がいい」と伝えれば、その条件を満たす求人だけをオススメしてくれます。そして「どういう支援を行っているか」もキャリアアドバイザーに聞くことができるんです。

また、一般公開されている求人に比べて、転職エージェントが抱えている非公開求人は給料などの条件が比較的高いので、資格取得支援制度を重視しながら他の希望条件を同時に叶えることができます。

保育関係の求人専門の転職エージェントもあるので、保育士資格取得の相談などもしたい場合はそういうところを使うとなお良いでしょう。

そうしてまずは保育補助としての転職を成功させ、職場の支援を得て保育士資格を取得し、段階的に保育士を目指そう!

それが…無資格から保育士に転職するための近道です。