人の暮らしに密着している飲食業界に興味を持っている人は、とても多いと思います。

未経験OKという中途採用求人の数がとても多く、転職先として選びやすいのも魅力的。それでいて夢があり、感謝され、確実に誰かの役に立っている実感が得られるのもまた飲食業に興味が湧く要因ですよねえ。

そんな飲食業界に未経験から転職してみたいという気持ちが大なり小なりある人に、転職を考える際に知っておくべき知識をお伝えしましょう。

飲食の仕事と飲食業界の年収を解説します!

飲食の仕事というのは、客から見える部分がかなり大きいですよね。厨房が見えるタイプの店だと、厨房の仕事も何となく想像がつきます。イメージが付きやすい仕事ではありますが、実際を調べもせず転職するとミスマッチを起こすかもしれません。まずは飲食店の仕事内容などの基本情報を改めて見ていきましょう。

1.飲食業界の仕事とは?

  • ホール
  • キッチン
  • デリバリー
  • マネジメント

飲食店で働く人に与えられる役割は、上の4つです。

ホールの仕事は、客を席に誘導すること、注文を受けて配膳すること、会計や後片付けをすることなどさまざま。ほかにも掃除・調理補助(超簡単なもののみ)・ドリンクの作成などを含みます。

店の場所によっては、呼び込みなどをすることもありますね。

キッチンの仕事は料理を作ることです。

厨房内で「焼き物担当」「揚げ物担当」などと細分化しているところもありますが、小さい店だとそういったくくりを作らず、各人がそのときにできることを見つけて担当するというのが基本となります。

ホールもキッチンも臨機応変に動くことが、必要というわけです。

デリバリーは店によっては行わないこともありますし、手すきのホールスタッフを向かわせるケースもあります。車や原付などを使い宅配をするということで、免許が求められるのが特徴です。

マネジメントの役割は、店長の仕事。

ホールやキッチンなどの現場仕事をするほか、商品品質の管理・従業員の指導・勤怠管理・備品管理・バイトの採用などのありとあらゆる「管理」を行います。

以上が飲食店の仕事です。

2.飲食業界の年収は平均〇〇万円

飲食業界の平均年収は、300万円あたりです。

国税庁による民間給与実態統計調査(平成29年分)を見ると、宿泊・飲食サービス業の性・給与階級別の年収の推移がわかります。

男性で最も多かったのは300~400万円。次に400~500万円、200~300万円となっていくんです。

女性で最も多かったのは100万円以下。次に100~200万円、200~300万円でした。100万円以下は流石に非正規雇用がほとんどだと思います。おそらくは、男性に比べて女性の非正規の割合が大きいのでしょう。

以上を総合すると、300万円前後というのが平均的に感じました。

ただ、中途採用求人の中には「店長候補・業界未経験歓迎・年収500万円!」というものも多く、店長・幹部になるという前提があれば比較的高めの年収を得ることも可能なのではないでしょうか。

3.飲食業界のキャリアパス

  • 研修社員
  • 一般社員
  • 料理長・チーフ
  • 既存店の店長
  • 新規店の店長
  • スーパーバイザー・エリアマネージャー
  • ブランドマネージャー

上からキャリアがスタートしていきます。

店長になるときのキャリアフローにいきなり新規店を持ってくる会社もありますが、通常は新規店のほうが既存店より長いマネジメントの経験が求められるため、新しく店長になるときには既存店で就任するのが基本です。

店長からさらにアップすると、スーパーバイザーやエリアマネージャーという「地域単位」で店舗を管理する立場になります。

このあたりから勤務地が店舗ではなく、本社や各営業所になるのが特徴です。

ブランドマネージャーは、その会社が持っている飲食ブランド全体のマネジメントを行います。

たとえば、すかいらーくグループで言うところの「ガスト」「ジョナサン」それぞれを違う人が管轄してマネジメントする感じです。

飲食店は比較的出世がしやすい業界と言えますが、逆に言えばキャリアパスを意識して上昇志向を持って働き出世していかないと先がない業界ということになります。

学び続ける姿勢が、大事です。

飲食業界に転職する際の事前知識【知らなきゃ損】

飲食業界の仕事内容や年収・キャリアパスなどがイメージ出来たところで、今度は転職をもっと深く考えるときに知らないと損をすることを紹介したいと思います。自分が飲食に向いているか? どんな求人を選ぶべきか? その答えがここにある。

1.飲食業界における「ホワイトな職場」の特徴と見分け方は?

  • 勤怠管理システムを導入している
  • 福利厚生が充実している
  • バイトの人数が適性または多い
  • 求人に「大量募集」の言葉が無い
  • 休暇が取れる

以上が飲食業界におけるホワイトな職場の特徴です。

タイムカードやPC上のシステムなどで勤怠管理を行っているというのは、今や当然ですよね。ただ、中小の飲食店の中には未だにアナログな勤怠管理方法をとっているところがあります。

そういうところは確実に残業代をちょろまかすので、やめておくのが吉です。

福利厚生の充実度は、従業員をどれだけ大切にしているかに関わってくるため、充実しているところはブラックの可能性が低いと言えます。

バイトの人数に関しては、実際に足を運んでみれば判断しやすいです。「ホールが回っていない」「料理が遅い」などと感じたとき、あきらかにその時間帯の人数が少なければ警戒してください。

忙しさとバイトの人数との釣り合いが取れていなければ、そのしわ寄せを食らうのは正社員ですからね…。

あと、求人で大量募集と書いているところは「離職率が高いですよ」と宣伝しているようなものです。

休暇が取れないのは論外。

以上が飲食業界のブラック・ホワイトを見分ける方法です。

2.飲食業界で求められる人材は「優しくも強い人」

協調性があり、コミュ力があり、清潔感があり、客目線の人が飲食業界で求められています。

飲食の仕事はそれぞれの役割を持つ人たちとのチームワークなので協調性は、絶対に必要。その他は「客商売だから」という一言で納得してもらえるでしょう。

あとは、正社員はバイトのフォローをすることが多いため、誰かをフォローすることに苦痛を感じないという人も向いています。

総合的に考えると「優しい人」ですね。

ただし、客商売にはクレーマーも変な客もいるわけだから、メンタルが強くないと勤まりません。立ちっぱなしなので体力仕事でもあります。

優しくも強い人が、飲食業界に向いている人だ!

ホワイト求人を効率よく探したいあなたへ

飲食業界のホワイト求人を見分けるための方法を紹介したわけですが、実際には「求人だけだとわからない」ことが多いんですよね。面接で確認しようにも、誤魔化されてしまえばそれだけで真偽が迷宮入りして「働かないとわからない」状態になります。

ホワイト求人をもっと効率よく探したい!

それなら転職エージェントがオススメです。

「ホワイトな飲食求人が欲しい」と言えば、その通りの求人をオススメしてくれます。飲食業界に転職するべきかの決意を後押ししてくれたり、逆に「合わないからやめておこう」という冷静な判断を後押ししてくれることも魅力的です。

飲食業界に未経験から転職するのなら、転職エージェントでホワイト求人を得るのは必須ではないでしょうか。