土日出勤の仕事をすると、土日祝に休めることがどれだけ幸せなことなのかを知りますよねえ。

土日の仕事は嫌だ! 辛いですよ。世間は休みだからSNSを見れば休日を謳歌する人の写真を嫌でも見ます。「浮かれぽんちきか!」と思いながら仕事をすることによる、心的ストレスが尋常ではありません。

そんな土日出勤の仕事が辛い! 祝日も休みたい! という願望のある人に、アドバイスしたいことがあるんです。

土日(祝日)出勤は辛い! そんな仕事を辞めるメリット3選

土日出勤が辛いという人が、今の仕事を辞めることにはたくさんのメリットがあります。別に土日出勤の仕事もそれはそれで良いことがあるでしょうが、嫌だと辛いと思っているあなたは辞めた方が絶対に幸せだ!

それを実感するために、メリットをひたすら語らせてください。

1.友達と時間が合う! イベントに行きやすい!

友達と時間が合う幸せ。

土日祝出勤の仕事をしている人とは今でも時間が合いますが、平日出勤の仕事をしている人とはまるっきり時間が合いませんよねえ。土日出勤をすると、親友や離れたくない人たちとも会う頻度が減り、プライベートの充実度が下がります。

また、趣味関係のイベントは大抵土日祝日に行いますよね。

ライブ・コンサート・アニメイベント・特撮イベント・テーマパークのイベントなどなど、行きたくても行けない悔しさと悲しさと切なさは半端ではありません。僕の友達も「ウルトラマンフェスティバルに行けない」と涙ながらに拳を握っていましたよ。

なんだかんだ、人間は友達付き合いや趣味が大事ということです。

それを大事にできる仕事をすることによる、QOLの向上は土日出勤の仕事を辞める大きな大きなメリットだと僕は思います。

2.季節感に浸れる充実感

今の仕事を辞めることで、正月・ゴールデンウィーク・お盆・クリスマス・年末などなど…季節感あふれるイベントに休めるという贅沢を味わうことができます。

土日出勤の仕事にありがちなのが、ゴールデンウィークや年末年始休暇などの長期休暇を無視したシフトになることですよね。下手をしたら大晦日にも仕事をすることになるし、元日すらも仕事をすることにもなる。

クリスマス? 仕事だよ! と笑いながら言えるとしても、そのことで受けるストレスは意外と大きいものです。

毎年決まりきった時期に、決まりきったことをするというだけなんですが…年中行事を行える充実感は僕らが思っているよりもずっと大きいものとなっています。

3.年間休日日数が増えるケースが多い

土日祝出勤だと、祝日休めない分休日日数が少ないケースが多いです。

代休が貰える会社だとそうでもないのかもしれませんが、代休が貰えない場合は年間休日日数が100日を切ることもありますよね。年間120日休むのがひとつの基準となっていますが、その日数は長期休暇込みです。

ゴールデンウィークも年末年始も仕事だよ! という人は、それだけで年間休日日数大幅ダウンになってしまいます。

土日出勤の仕事を辞めて、土日祝日休める仕事に就けば年間休日日数は増える! 僕が思うに、これが一番大きなメリットではないでしょうか。

土日出勤の仕事から、土日祝休みの仕事に転職するときのポイント

土日出勤の仕事を続けるからと言って大それたことになるということは、あまりないのかもしれません。ただ、辞めるメリットは精神的なものが多いけどとてもとても大きいものです。

土日祝日休めない仕事なんて辞めてやる! と意気込む人に、転職する際のポイントを紹介します。

1.ホワイト企業に入らないと台無し

ホワイト企業に入らなければ、全てが台無しになります。

残業が多くなれば友達と時間を合わせて金曜に飲み会をすることもできなくなるし、休日出勤があればイベントにも行けない! 季節感にも浸れなくなるし、休日日数はかえって減ることになります。

ブラック企業を避け、ホワイト企業に入らなければ…!

まず、年間休日日数120日を基準にし、有給休暇の取得率を調べましょう。そのうえ残業時間・残業代・給料や労働時間に関する制度・福利厚生などなどにも目を向け、徹底的に求人を精査してください。

給料や労働時間に関する制度は、たとえば「裁量労働制を避ける」ということです。

裁量労働制の会社はそれを悪用してサービス残業を増やすケースがあります。ほかにも似たようなケースとして「みなし残業」「歩合制」は避けた方が、休日は増えやすいですよ。

歩合制を避けるのは「ノルマ未達となった場合の残業増加・休日出勤の増加を防ぐため」です。

2.BtoB企業がキーワード

BtoB…企業間取引を行う企業。

勘のいい人は詳しく語らなくとも、それがキーワードとなる理由がわかると思います。企業間取引をメインに据えている企業ということは、「取引先が土日祝日休み」ということです。

取引先が休みであるため営業活動を行うことができませんし、納品物に関して質問等があっても反応を得ることができません。そのため、土日祝日は休みになり休日出勤が少ない傾向があります。

3.転職エージェントを使うとスムーズに進む

BtoB企業をキーワードとし、ホワイト企業の求人を集めることが土日出勤の仕事を辞めたい人のミッションとなります。

そのために、転職エージェントを使うのがおすすめです。

転職エージェントを使うことにより、有給取得率・残業時間などの「実態」がわかります。求人内容を見るだけだとどうしても「どれだけ盛られているかがわからない」んですよね。求人ではよく見えるけど、実際はブラックということは多いです。

それを避けるには転職エージェントに登録し、非公開求人を得て、質問することで実態の情報を得るしかありません。

BtoB企業という前提条件を伝えておけば、BtoC企業の求人がおすすめから除外されます。

欲しい求人だけ効率よく得て、精査することができるわけです。

転職エージェントを使って、土日祝日をしっかり休める仕事に就き、QOLを向上させましょう!