メンタルの容量は人それぞれ。月の残業30時間が辛いと感じる人もいれば、残業50時間でも大丈夫という人もいる。確かに、残業30時間というのは結構よくあることです。

毎日1時間と少しずつ残業したり、たまに長時間残業があったりして累計30時間…。結構、あっという間に過ぎてしまいます。

だからと言って、我慢する必要は無い! 残業30時間の仕事を続けるのが辛い、辞めたいというのなら転職を考え始めましょう。

残業30時間、ありがちな悩み

残業30時間の人にありがちなのが、みなし残業に関する悩みです。

20時間程度の残業時間をみなし残業に含め、残業代を節約しようという会社が案外多いんですよ。だけど、実際には30時間を超えているわけで…みなし残業を超えた分の残業代がちょろまかされるというケースが頻発しています。

最近だと「みなし残業」と「裁量労働」そのものを悪とする風潮も生まれ、危険視する人も多いですよね。それらは、企業にとって非常に都合がいい制度なんです。基本給を下げることにより、みなし残業分は残業代を払っているけれど人件費は節約されているという状況が生まれますから。

30時間という残業時間自体は辛くなくても、残業代10時間分くらい誤魔化されているのが嫌だという人も多いと思います。

また、残業代が出たとしても30時間だと少額だから「仕事が多いのに給料が少ない」という印象になるという悩みもあるでしょうねえ。残業代を基準に考えると、30時間ってめちゃくちゃ中途半端な残業時間ということがわかります。

心身ともに危険が及ぶというほどではないものの、残業30時間にも辛い部分があるということですね。

30時間、実際どうなの?

30時間という残業時間が多いのか少ないのか、ネット上でたまに議論になります。冒頭でよくあると語りましたが、個人的には少ないと断言するにはしんどいかなあというのが本音です。1ヶ月20日から21日程度働くのを平均として、休日出勤無しとして考えましょう。

毎日残業するとしたら1日に1時間半近く残業して、月の累計残業時間30時間になります。

二日に一回残業するとしたら、二日に一回3時間の残業があることに。週に一度なら深夜まで残業、帰れない日があるということになりますよねえ。そう考えると少ないと断言するのは辛いです。

ただ、「残業代うまいわー、お金もっと欲しい」と考えている人にとっては少ないと感じるかもしれません。

だから、30時間という残業時間が少ないか多いかは難しいところです。これを言ってしまえばお終いですが、辛いと感じるなら30時間は多いという結論になります。

僕個人は、多いとも少ないとも言えないよくある残業時間だから、辛いなら我慢することはないという意見です。

そもそも労働時間8時間は下限じゃない

残業に関して考えるとき、多くの人が無意識のうちに「8時間」という1日の労働時間を下限として扱っています。残業が蔓延っているのは、その意識が強いからだと思うんですよ。だけど、法律上、1日の労働時間8時間というのは上限なんです。

それを毎日1時間半ずつ上回っているという現状は、おかしいと思っているのが健全でしょう。

個人的に、残業は1日1時間までがいいなあと思っています。夜7時というか、拘束時間9時間を経過すると一気にしんどくなるんですよねえ。1時間程度なら集中も続きますが、それを超えると明らかに集中できなくなります。

だから、毎日1時間半ずつ残業があるという状況は辛い人には辛いでしょう。

転職したほうが生産性も上がるし、疲れも軽減されるし良いこと尽くしですよ。

残業30時間以下の企業

一時期、「残業30時間以下の企業の株価が上がってる」ということがopenworkによって話題に上げられたことがあります。残業したくない社員が増えたことと、世間の残業に対するヘイトが集まっているという世相が反映されているんでしょうねえ。

その企業に挙げられたのが、日本調剤株式会社や株式会社オリエンタルランド、株式会社良品計画、参天製薬株式会社、株式会社コーセーです。このうちのほとんどが、残業時間が20時間前後となっています。

この残業30時間以下の企業における株価上昇ランキングを見ていると、食品関係・メーカーや専門小売業者・薬品関係が多いなあと感じるんですよね。食品関係はヤクルトや味の素などが挙げられています。ただ、30時間以下と言ってもほとんど30時間ですが。

専門小売業者なら、良品計画は平均月間残業時間22.3時間として3位に挙げられています。

残業30時間以下の会社に転職したいなら、参考にしてみると良いかもしれませんねえ。

残業30時間未満の会社に転職するコツ

残業30時間未満の会社に転職するなら、考えることが二つあります。

ひとつ目は、効果的な転職方法と転職先。二つ目は、転職先でどのように仕事をするかということです。

まず、転職先選びを頑張りましょう。残業30時間くらいだと、個人の努力で減らすことが可能な企業が多いです。ブラックとまではいかないから、比較的まともな企業が多いわけですよ。

だから、残業時間を減らせるような仕事選びが大事になります。

たとえば、今の仕事が向いていないと感じるのなら、向いている仕事を探すことで残業時間を減らすことが出来る可能性が高いです。向いている仕事探しは、今の仕事が向いていないと感じている理由を逆さにし、その特徴に当てはまる仕事を探すことが近道でしょう。

そのために効果的な転職方法が、転職エージェントを利用するという方法。

転職エージェントを利用したら、転職のプロであるキャリアコンサルタントが一緒に向いている仕事を探してくれます。それに、残業時間が少ない企業や個人の努力にゆだねられている企業などを紹介してもらうこともできるんです。

以上が、効果的な転職方法と転職先。

じゃあ、転職先ではどのように仕事をすればいいのかということですが…。

仕事をなるべく早く終わらせられるよう効率化を重視し、「あいつは早く帰ることが多いな」という印象を植え付けるということです。

残業30時間が嫌な人は、効果的に転職をして、転職先で頑張ることによって残業から逃げれる!

残業10~20時間程度になる可能性は非常に高く、もしかしたら残業ほぼゼロになる日も来るかもしれない…。そう考えるとワクワクしますよね。さあ、残業から思い切り逃げてやりましょう!