司法書士補助者を辞めたい人へ。転職の考え方や転職先候補を掘り下げてみました。

司法書士補助者を辞めたい…

そう考えている人は少なくないようです。

調べてみると、「専門性の高さに見合わない低待遇」が1番の要因になっているようです。

このページでは、司法書士補助者の悩みや現状を踏まえつつ、転職先について掘り下げていきたいと思います。

転職活動を始めるきっかけにしてもらえたら嬉しいです。

司法書士補助者は責任が重い仕事なのに待遇が悪い

司法書士補助者の仕事は、司法書士の補助的な仕事をして、登記制作とか裁判所提出書類を作るとか、裁判所などに出向いて手続きをするとか…。とにかく責任重大な仕事なんです。しかも、業務量が多くて幅が広いです。

特に外回りのプレッシャーは相当なものがあると思います。登記書類を法務局に提出するときなんかは、いろいろな人から権利書や印鑑証明などという重要書類を預かり、さまざまな場所を回らなければならない。考えただけで胃が痛くなりそうです。

営業職の外回りとは、「外回り」という言葉の重みが違いますね。

朝一番に事務所を出ても全部提出し終わる頃には日が暮れてしまうこともザラ。

当然、仕事は登記書類の作成と提出だけじゃないから、事務所に帰ってからまた仕事をすることもあり、残業が多くなるんですよね。

しかも、みなし残業を導入する事務所も近年は増えているようで、みなし残業時間を越えた分の支払いをしないというトラブルも多発しているようです。

また、「ボーナスあるよー」と言って募集していたのに、実際はボーナスなんて貰えなかったというトラブルも多いようです。司法書士という法に関する仕事をしているにも関わらず、雇用関係のトラブルが多いというのも司法書士事務所の特徴かもしれません。

司法書士補助者は責任が重い割には、事務所内の立場は良くありません。当然、給料も高くはなく、普通の事務員と同等くらいの待遇で、知識がある人をいいように使い倒しているという印象ですね。

司法書士候補から一般事務への転職

司法書士補助者の仕事の辛い部分を調べていて個人的に思ったのが、これは事務のほうが良いのではないかということです。

司法書士補助者を辞めたいと思っている人はわかっていると思いますが、その待遇は事務員並みなんですよね。

ボーナスが貰えなかったりみなし残業があったりする分、司法書士補助者は、一般企業の一般事務より待遇が悪いと思います。

これはもう、一般事務に転職したほうが幸せになれる可能性が高いので、転職先候補に入れるべきです。

一般事務は業務内容の専門性は低いですが、給料は特別高くなければ低くもなく、バランスが取れているんです。残業もほとんどありませんし、ボーナスは普通に出ます。

営業などに比べるとボーナスも低めではありますけどね。

専門性の高い仕事がしたいというわけじゃないのなら、一般事務は転職先としてかなりオススメです。

有資格の補助者が別の司法書士事務所に転職するなら…

司法書士補助者の中には、司法書士登録をしてもらいたいと思っている有資格者もいると思います。

だけど、事務所トップの司法書士はなかなか補助者を司法書士登録しようとしません。

また、司法書士事務所は開業者のトップが優位に立って運営しているところが多い印象があります。ワンマン経営みたいな運営方法が違和感なく行われているようです。「個人事務所」の多くがそうなりがちなんですけどね。

そういった諸々の事情を踏まえると、司法書士の資格を持っていて司法書士登録をしてもらいたい人は、決済件数が多い事務所を狙って転職するのがいいと思います。

決済件数が多いところは司法書士の人数を増やす必要があるため、司法書士登録させてもらえる可能性が高いです。それに、司法書士の人数が多くなればなるほどワンマン的な傾向も薄れていきます。開業者と同等に近い権限を持つ司法書士の人数が多いことで抑止力が働くんです。

司法書士補助者からの転職先としておすすめの仕事

前半の章では、司法書士補助者からのおすすめ転職先として「一般事務」を紹介しましたが、他にもいくつかおすすめしたい仕事があります。

  • 営業事務
  • 総務
  • 法務(有資格者ならなお良い)

司法書士補助者の「補助者」という側面に注目し、その経験を活かせる転職先を考えたところ、営業事務と総務が浮かびました。

営業事務の仕事は、営業職の補助です。営業に必要な書類の整理をしたり、時には作成をしたり、電話応対などをします。書類仕事が落ち着いているときにはテレアポをすることもありますが、そこは会社によりけりです。テレアポを営業事務にさせない会社もあります。

司法書士補助者として、司法書士のサポートをしてきた経験が活きると思います。

営業職が気持ちよく働けるように、時には考えを先回りしながら仕事をするというのは、未経験からだと最初はなかなか難しいものです。司法書士の補助を経験した人なら、「営業」という仕事のことがわかってきたと同時に先回りができるようになると思います。たぶん、司法書士よりも営業職のほうが考えを読みやすいと思います。

総務の仕事は、「みんなのサポート」みたいな感じです。総務は、社内の全部の部署とかかわりを持ちます。そこには会社の舵取りをしている経営陣も含まれます。社内全体を客観的に見渡す「会社の目」としての役割が総務に求められています。

必要な適正は「他部署の目線に立つこと」と、「部署間をうまくつなげること」と、「サポート役としての公正な視点」の3つです。これは、司法書士補助者として「司法書士やクライアントの目線に立って」「さまざまな役所をつなげて」「サポート役に徹してきた」人には、ぴったりな仕事ではないでしょうか?

また、資格を活かして法務の仕事という選択肢もあります。

必ず資格が必要なわけではなく、補助者の経験があれば優遇される可能性があります。資格があれば確実に優遇され、転職活動も比較的楽になると思います。

-仕事の悩み