後輩「今の仕事、アレルギー持ちには辛いんですが…辞めるべきなんでしょうか」

ある日、大学の後輩から相談を受けました。

後輩「仕事辞めたいんですけど、アレルギー持ちは普通に働けないんですかねえ…向いてる仕事とかあればいいけど」

僕には、アレルギーの症状を我慢しながら仕事を続けていた友人がいて相談に乗ったことがあります。さらに後輩にも相談され、私生活だけでなく仕事にも悩んでいるアレルギー持ちの人は多いと気付きました。

そこで、アレルギー持ちの人が普通に働き続けるにはどうしたらいいのかということを、転職を軸に考えてみたんです。

アレルギーで辛い状況を我慢して働き続けた友人の「仕事」との戦い

僕の友人に、気管支喘息とアレルギー性鼻炎とを併発している人がいます。ダニ・ハウスダストなどのアレルゲンが特に多い場所だと、結膜炎も出るんです。症状は、服薬することでなんとか抑えられているかなという程度。

アレルギーに悩んでいた当時、彼の仕事は大型トラックのドライバーだった。

建設資材を建築現場に運ぶのが主な仕事。粉じんが舞う現場に行くことによりアレルギーの症状が酷くなり、咳込みながら働いていました。

そんな彼に、ある日相談をされたんです。

友「もう本当に無理なんだけど…」
僕「どうしたんだよ」
友「アレルギーが辛い…」
僕「仕事柄もあると思うから、転職したら?」
友「そうは言うけど、ハウスダストとか逃げられないだろ」

友人はその問題をとりあえず置いておき、「アレルゲンが多い場所に行かない」「環境を整えやすい」「マスク可能」という仕事や職場を探すことにしました。

僕「今の仕事にアレルギー以外のストレスはある?」
友「んー…正直トラックの運転自体きつい」
僕「まじか」
友「車の運転好きだから始めたけど、普通車と中型大型は違うね」
僕「じゃあタクシーなら?」

結果、友人はタクシー運転手として見事転職を果たしました。

僕「その後どうよ?」
友「喘息も鼻炎もマシ」
僕「よかったなあ…」
友「車内環境整えてマスクしたら余裕で…今時長距離走行もほぼないしな」
僕「転職してよかった?」
友「あのまま働き続けていたら気管支が狭くなって喘息が悪化しただろうから…よかった」

このときの経験が、仕事を辞めたいアレルギー持ちに転職を強くオススメしたい理由です。

友人の話から導き出される「アレルギー持ち」の転職活動5つのポイント

1.マスク着用可であること

あまりにアレルゲンが多い場所に行かなければならない仕事や会社を避けるのは当然として、そのうえでマスク着用可の仕事や会社を選ぶことで、喘息・鼻炎・結膜炎などの症状の予防と緩和ができます。

マスク着用可の仕事は、アレルギー持ちに向いてる仕事の代表と言えるでしょう。

具体的には、事務職・企画職・SE・プログラマーなどがその例です。

また、接客業は全体的にマスク着用不可の場合が多いものの、タクシー運転手など「業務における接客の比重が軽い」「接客はするものの対面はしない」ような職種ならマスク着用可の場合が多いですよ。

2.ストレスを減らすことができること

ストレスを受けると、免疫バランスが崩壊します。

免疫バランスの崩壊により、体はわずかなアレルゲンにも過剰反応してしまうようになり、アレルギーが悪化するんです。仕事や職場に潜むストレスを減らすことが、アレルギー改善のためには大切と言えます。そこで、よくあるストレス要因を紹介しましょう。

  • 人間関係
  • ハラスメント
  • 頻発する残業
  • 休日出勤
  • 有休がとりづらい
  • 性格的・能力的に合わない

以上のようなストレスを自分も感じていないかを振り返り、それを解消できる仕事や会社に転職しましょう。

たとえば、残業が多いことがストレスになっている場合は、残業が少ない「事務職」「品質管理」「ホテルフロント」などの仕事を選ぶといいですよ。

あとは、自分の性格や能力を分析したり、求人先企業の調査と分析をしっかり行ったりすれば、ストレス要因を解消できるような仕事や会社を見つけることができます。

3.規則的な生活が送れること

まず、日勤夜勤交代制の仕事を避けた上で、残業が少なくて通勤時間が短く済む仕事や会社を探して、睡眠時間と朝食や夕食を作る時間を確保しましょう。お昼ご飯の外食やコンビニご飯は仕方がないとしても、朝食と夕食くらいは栄養を考えて摂らないといけませんよ。

規則正しい生活はストレスを減らすことにもなり、免疫バランスを整えることにもなり、一石二鳥です。

4.皮膚に刺激を与えないこと

アレルギーによるアトピー性皮膚炎を患っている人は、皮膚の刺激に気を配る必要があります。

たとえば、美容部員・アパレル・美容師など、メイクや染毛を半強制的に行わなければならない仕事は避けたほうがいいです。ほかにも、土木・建築作業員・交通誘導警備・営業職など紫外線にさらされる時間が長い仕事も向いていないと思います。

また、スーツの繊維質に弱い体質がある場合は、服装自由な職場を選ぶといいでしょう。

5.転職エージェントを使うこと

アレルギーが原因で仕事が辛いと感じたときには、アレルゲンを遠ざけられる仕事を選びながらストレスを減らせる仕事やマスク着用可能な仕事などを選べばいい。あとは、通院して薬物療法や減感作療法などを受ければアレルギーを抑えたり治したりできるでしょう。

しかし、その仕事選びが難しいんじゃないかという懸念があります。

その懸念を吹き飛ばしてくれるのが、転職エージェント。

転職エージェントを使えば、「こういうアレルギーがある」「こういう仕事や会社は避けたい」ということを担当者に伝えるだけで、それに沿った求人が得られます。

また、「ポイント1~4」の内容をもとにしながら自分がどういう仕事を選ぶべきかを考えるときにも、担当者にアドバイスしてもらえるんですよ。

無理せずに働けるような仕事や職場に、転職エージェントを使って楽に転職することが、僕と僕の友人が提案する「アレルギー持ちの転職活動の掟」ということです。