鉄道が好きな人も、そうでない人も、誰もが知っている鉄道会社がJR。

JRには、総合職と現業職(プロフェッショナル職・プロフェッショナル採用)の二パターンの採用コースがありますよね。その現業職を選んだ人の中で、仕事を辞めたいと考えている人は多いと思います。現場で働く仕事だからこその苦悩は、計り知れないものがあるでしょうしね。

そんな、JR現業職を辞めたい人が今後とるべき行動と、選ぶべき選択肢などを紹介したいと思います。

JR各社の現業職の呼び方の違いについて

一般的には、車掌や運転手などの乗務員や駅員・技術職が、現業職と呼ばれています。ただ、JRだと現業職と言う言葉を使わないことが多いんですよね。プロフェッショナル採用だとか、プロフェッショナル職だとか呼ぶのが定番です。

JR東海・JR東日本・JR西日本・JR四国がプロフェッショナル職・プロフェッショナル採用という呼称を採用しています。

ただ、JR九州は専門職と呼んでいるんです。JR北海道は、鉄道フィード職と呼んでいます。

要は、基本的に「プロフェッショナル職」と呼ぶものの、JR九州とJR北海道だけは独自の呼称を用いているということですねえ。

少しややこしいため、ここでは現業職という呼称に統一するとしましょうか。

JRの現業職はかなり過酷?

個人的に気になっていることがあります。

駅員さん、大体いつも同じ人説。駅員さんを注意深く見る人は少ないと思いますが、少し見てみると「あれ、いつも同じ人じゃない?」と気づくことがあるんですよね。朝見た人と夜見た人が同じだとか、毎日同じ人を見るとか…。

JRの現業の人、いつ休んでいるんだろう?

ネットには「24時間365日拘束」というコンビニみたいな文言もありますが、あながち大げさな話じゃあないのかもしれません。もちろん、24時間365日拘束は多少盛ってるでしょうが、そうでなくても拘束時間に関してはかなり過酷な現状があるんだろうと想像がつきます。

特にJRをこきおろそうとは思いませんが、他の仕事よりも忙しいことは事実。

辞めたいと感じたら、この理由だけで十分すぎるほど辞める理由になる! 辞めたほうが、いいでしょうねえ。

JRでは現業職から総合職への転向は難しい

現業職から総合職に転向を考える人もいると思いますが、難しいですよね。それが難しいということは、JRの内部にいるあなた方が一番よくわかっていると思います。

総合職は一流大学卒ばかりを雇う傾向があり、中途採用だと他社の総合職経験者・他業種で実績豊かな人を雇う傾向があるはずです。

現業職をわざわざ総合職として雇うメリットはJR側には乏しいと思います。

もちろん、別の鉄道会社の総合職として転職するという方法はありますよ。

鉄道会社にこだわりたくて、なおかつ総合職に就きたいという方は、JRじゃなくて違う鉄道会社を狙いましょう。私鉄なら、JRよりは転職のハードルが下がります。大きな会社はどうしても、一流大卒者や経験者で固めたいと思うものだから。ローカルな鉄道会社を狙いましょう。

個人的には鉄道会社から離れるのがオススメ

大手と中小とでは特徴が異なることが多いけれど、JRというのは鉄道会社最大手です。

最大手というのはどこの業界も、その業界の特徴をギュッと濃縮還元したかのような特徴を持つことが多い。そこでダメだったなら、中小鉄道会社でもダメという可能性はどうしても高くなります。

また、現業職を続ける限りは不規則な勤務形態や拘束時間の長さから逃れることはできないし、総合職をするなら別の業界のほうがハードルは低いです。

鉄道会社にとって、総合職はエリートコースですからね。

だったら、鉄道会社にこだわらずに、違う業界を狙うのが良いと僕は思います。

鉄道が好きな人が多いと思うけど、僕は「好きなことほど仕事にすべきじゃない」と思うんです。仕事にすると、拘束時間の問題とか給料の問題とかあらゆる問題が出てきます。植物にたとえると、好きなことは意図して育てているもので、労働問題は雑草。

好きなことを仕事にすると雑草が増えすぎて、本来育てている植物の成長を妨げてしまう。

好きなことを最大限好きになるために、最大限楽しむために、雑草を抜かないといけなくなるわけです。だけど、雑草は強く地面に根を張っています。土の奥深くから掘り起こす必要があるんだ! だから、好きなことを好きでいるために転職をしましょう。

今度は、自分が「仕事として興味を持てる業界」に飛び込めばいい。

鉄道は趣味として好きなまま、仕事は仕事として別に興味を持ちましょう。最初から「仕事」という意識を持てて、なおかつ嫌いじゃない仕事を探すこと。それが、JR現業職を辞めたい人が選ぶべき選択肢だ!

そういう仕事を探すために、自分の性格と能力を分析し、たくさんの業界・仕事を知りましょう。性格・能力と合わない仕事を避けながら、少しでも興味を持つことができる仕事があったのなら、それがあなたにとっての天職だと僕は思います。

たくさんの業界や仕事を知るために必要だと感じたら、転職エージェントを使いましょう。

世の中にたくさんある業界・仕事の中から、あなたに合うものを一緒に考えてくれますよ。

現業職をしているくらいだから鉄道が好きで好きでたまらない人が多いと思うけど、鉄道会社から離れるのが最善。総合職に転職したいなら、なおさらです。未経験業界で未経験の総合職をするのは怖いと思いますが、案外転職先は見つかります。

だから、恐れずに飛び込もう!