友「アパレル店員辞めたい…アドバイスくれ」
僕「とりあえず理由とか悩みとか聞かせてくれ」

ある日、僕の友人が相談してきたんですよ。アパレル店員を辞めるにはどうしたらいいか、転職先はどういう仕事を選べばうまくいくのか…。

その相談をきっかけに、僕は徹底的に「アパレルから転職すること」について分析しました。

そこでわかったことは、「アパレルを辞めて良かった!」と思える転職をするには、「悩みの分析」「経験の分析」が必要不可欠ということ。

アパレルを辞めたい人の悩みを分析してみると…

アパレルを辞めたい人の悩みを、「販売・接客業関連」「将来に関すること」「アパレル特有」とに分けてみました。よくある悩みを分類ごとに紹介するので、「自分の場合はどうだろうか」と考えながら読んでみてくださいね。

接客業ならではの悩み

  • 休日が少ない
  • 土日祝に休めない
  • 残業が多い
  • 給料が安い
  • ボーナスがない
  • 理不尽な顧客の対応

休日や給料に関する悩みは、本当にありがちですよねえ。アパレル以外も、販売業は全体的に給与水準が低い傾向があるし、土日祝は稼ぎ時だから休めません。祝日に休めない結果、休日が少なくなってしまっています。

有休取得が満足にできない会社や、長期休暇を設定していない会社もありますしね。

そこに理不尽な顧客の対応によるストレスを入れたものが、販売・接客業全体で必ず付いて回ることです。

ただ、それ以外は「会社の問題」という面が大きいように感じられます。たとえば、販売員にもボーナスを与える会社は探せばあるし、残業が少ない会社も中にはあるんですよね。

転職のときには、仕事選びはもちろんですが、会社選びにも力を入れないといけません。

アパレルならではの悩み

  • 客層が正直あまりよくないと思うことがある
  • 制服として自腹で服を買わされる
  • 店舗間異動が多い

試着室を荒らされたり、ディスプレイで遊ばれたり、商品に化粧が付いたまま元に戻されたり…店によってはあまりよくない客が目立つことがありますよね。「どういうファッションを好むのか」「価格帯はどれくらいのブランドなのか」などの要素によって客層がある程度固まってくるため、この手のストレスは日常化しやすいのも辛いところ。

また、決して高くはない給料の中から、決して安くはない服を半強制的に買わされるというのは、ファッションが好きな人でもしんどいです。給料くらい、好きに使いたいですよね。

そして、店舗間異動が多いのもアパレル業界の特徴。

異動先で成果を挙げればキャリアアップにもつながる可能性があるとは言っても、あまりに回数が多いとげんなりしてしまいます。一定の場所で働きたいという人には、辛いところです。

以上を踏まえると、「客層をコントロールしやすい業種」「自腹や自爆がない業種」「異動が少ない業種」なら販売や接客の仕事を続けられそうですよね。

将来に関する悩み

アパレル業界自体に将来性が無いということではありませんが、アパレル店員という立場は将来性が高いとは言えないかもしれませんねえ。

まず、キャリアアップが難しいです。販売員としてのキャリアアップというと、副店長・店長・スーパーバイザーといったキャリアが用意されていますが、そのキャリアに進める人は決して多くはありません。

店舗展開が激しい会社ならまだチャンスはあるものの、そうでなければなかなか厳しい。

また、ブランドによっては「年齢」を大事にしています。そのブランドのターゲット層に合わない年齢になると、販売員としての仕事を続けるのは難しいです。勤続年数によりキャリアアップするわけではありませんしね。

以上のような事情からアパレルを辞めたいと思うのなら、将来性がある業界の中で、キャリアアップも可能な仕事に就くというのが理想的な戦略ではないでしょうか。

たとえば、近年将来性が高いと言われているのは、接客業なら「ホテル」ですね。あとは…「IT」「ネット広告」「福祉」「観光業界」も将来性があり、長く続けられると思います。

転職で武器になるアパレル店員の「経験」と「能力」はこれだ!

アパレルからの転職を考えるときには悩みから転職先の選択肢を見出すことも大事ですが、「アパレル店員として得た経験」や「能力」を活かすことを考えるのもまた大事だと思うんです。

経験・能力を活かせば自然と「向いてる仕事」に転職できるし、それが面接でのアピールポイントにもなりますからね。

じゃあ転職で武器になるアパレル店員の経験と能力ってなんだ? というと、たとえば次のようなものではないでしょうか。

  • 観察力
  • 客の潜在的な「需要」を把握する分析力とヒアリング力
  • 臨機応変な対応力
  • チームワークができる

客に商品をオススメするときには、その人が身につけている服の系統やその人の髪形・雰囲気などを観察し、そこから客の潜在的な需要を分析する必要がありますよね。そうでなければ、ファッションアドバイスはできませんから。

実は、その経験と能力は、ビジネスにおいてかなり役立つものなんです。

何事も「分析」と「それに基づく行動」は大事ですから。

また、接客の仕事に求められる臨機応変さとチームワークも、さまざまな業界で役に立ちます。それこそ違うタイプの接客業をやるときには確実に重宝されるし、IT業界のエンジニアにだってそれは必要なんですよ。

以上のような経験や能力を活かすことも考えて、転職先の候補を決めていきましょう。

転職先の選択肢はたくさんある!いつくか例を紹介してみます。

アパレルへの興味が強く、接客にストレスを感じるならアパレル業界の他の職種という選択肢があります。逆に「アパレルは嫌なんだけど、接客の経験は活かしたい」というなら他の接客業が良いでしょう。

そして、経験を活かすより悩みの解消に全力で取り組みたいなら、異業種の仕事を接客以外で探す必要があります。それぞれに合った転職先の例を、見ていきましょう。

1.販売員以外のアパレル業界の仕事

  • マーチャンダイザー(MD)
  • バイヤー
  • 広報
  • 営業

マーチャンダイザーは、市場のトレンドを分析したり、店舗ごとの予算管理や売上分析をしたりする仕事。

商品企画にも携わり、販売計画や価格設定なども行います。販売員として培った分析力を活かせる仕事と言えるのではないでしょうか。

分析力を活かせるというところで言うと、バイヤーもその傾向があります。

バイヤーはMDのディレクションを基にして商品の買い付けをして納期管理をしたり、店舗ごとの販売計画を立てたりしますよね。

適切に商品を振り分けて販売計画を立てるには、店舗の売上分析などを行う必要があるため、分析力を活かせます。

また、対応力・コミュニケーション能力などを活かすなら広報や営業という道もありますし、デザインが出来るならデザイナーに挑戦してみるという道もあるのではないでしょうか。

アパレルに強い興味があるなら、アパレルの仕事自体を諦める必要はありませんよ。

2.アパレル以外の販売・サービス・接客業

  • ホテルフロント
  • ツアーコンダクター
  • キャビンアテンダント
  • 旅行代理店のカウンターセールス
  • 教育サービス
  • アミューズメント業界

旅行産業とそれに付随する業界の将来性が高いと言われているため、ホテルフロント・ツアーコンダクター・キャビンアテンダントは将来性を理由にアパレルを辞めたいと考えている人に特にオススメです。

特にホテルのフロントは、「ホテル選びで客層がある程度固まる」「残業が少ない」「自腹も異動もない」と、アパレル店員の悩みの多くを解消できますよ。

ほかにも、教育サービスは常に一定の需要があるし、アミューズメント業界は海外からの観光客を増やそうという動きと共に需要が高まるだろうし、狙い目ですよ。

3.異業種&接客以外の仕事

  • 企画職
  • 事務職
  • 生産管理
  • 品質管理
  • インターネット広告の営業
  • 芸能マネージャー
  • youtuberのマネージャー

悩みを解消することに全振りして異業種の接客以外の仕事を探すと言っても、上記の仕事のほとんどは、「分析力」を活かすことができるため、能力を活かすことを諦める必要はありません。能力を活かさなくていいから人と関わる仕事すらしたくないということなら、事務をオススメします。

ただ、上記の仕事の中で特にオススメしたい仕事は、生産管理・品質管理、インターネット広告の仕事あたりです。

生産管理の仕事は、工場の作業設備や作業量・効率などを分析して生産計画・資材調達計画を立てたり、効率改善のためのアドバイスをしたりすることです。

そして、品質管理は生産された製品をチェックして不良品を弾いたり、安定して品質を高めるために生産工程自体の分析と見直しをしたりする仕事。

この二つをオススメする理由はそういう仕事だから「分析力を活かせる」ということもあるんですが、もうひとつ「残業が少ない」「販売・サービス業よりは休日が多い」ということもあるんですよ。

「じゃあインターネット広告の仕事は?」というと、「顧客の潜在的な要望を分析・ヒアリングする経験をそのまま活かせる」ことと、「今伸びている業界」ということとがオススメの理由です。

アパレルからの転職活動には転職エージェントが必須

アパレル店員が転職活動をするときには、次の内定を得るまで退職をしないということが大事になると思います。給料の水準が高いとは言えない中、自腹で制服を買うということにより貯金に余裕が無い人も多いでしょう。

業種選びに仕事選び、会社選びと考えることが多いのに、金銭的な余裕が無いということで焦って妥協し、転職が失敗してしまいかねません。

また、業種や仕事は僕が紹介したものを参考にしながら自分ひとりだけでも考えられるかもしれませんが、会社選びが難しいんですよね。

そこで活用したいのが、転職エージェント。

転職エージェントを使えば、「こういう会社が良い」ということを伝えるだけで、それに沿った求人をオススメしてもらうことができます。

そして、求人はメールで送られてくるので、利用者は仕事の合間にそれをチェックするだけで求人が得られるんです。そのうえ、面接の日程調整を代行してくれるから、忙しい合間を縫って複数の面接を受けることもできます。

僕も、転職エージェントを使って、ブラック企業で働きながら転職を成功させました。

転職エージェントを使い、働きながらじっくりと転職活動に取り組み、業種・仕事・会社選びに妥協しないことこそが、アパレル店員から転職するときの理想の立ち回り方と言えるのではないでしょうか。