コールセンター業務の引き受けや、SEの現場派遣などなどアウトソーシングサービス事業を手広く行うトランスコスモス。

今回は、そのトランスコスモスを辞めたいと考えている人にスポットを当てて転職戦略を考えてみたいと思います。

Vorkersキャリコネカイシャの評判といった企業口コミサイトから退職者の意見として頻繁に見られるものを抜きだし、そこから転職のヒントを紹介しましょう。

退職理由で圧倒的に多いのは待遇面の不満

そもそもの給料が低いだけでなく、年次昇給の額がかなり小さく、給料が上がりにくいという不満がどの企業口コミサイトにも多く投稿されています。退職理由の項目を見ると、他の企業だとさまざまな内容の口コミが寄せられているにもかかわらず、トランスコスモスはほとんどが待遇に関するものでした。

それはどの職種でもそうです。

特に営業に関しては年俸制で残業代が満足に支払われないことが多く、成果を挙げてもそれが正当に評価されないため、年収が低いということなんですよね。

ただ、年俸制で残業代を支払わなくて済むというのは実は間違いなんです。

法定労働時間以上の労働を行った場合、別途残業代を支給しないといけないと労働基準法では決められています。

上司や人事または会社が残業代を支払っていないだけなんですよね。

年俸制の営業以外でも「残業代未払い」はよく聞くので、これはトランスコスコス全体の問題だと思います。

以上のことから「トランスコスモスを辞めたい」と思うなら、躊躇することなく転職しましょう!

じゃあ待遇改善のためにどうするかですが…。

それぞれの職種や部門に特化して転職をするという戦略が考えられます。

たとえば、「SEは平均年収が高い会社の社内SEに転職」「WebディレクターはWeb会社に転職」「事業開発は成長性が高い会社の事業開発部門に転職」などです。

トランスコスモスのようにアウトソーシングサービスとして客先常駐で働くタイプは、給料・仕事環境などさまざまなものが不安定になる傾向があります。

それなら、自社でどっしり腰を据えて働く方が良いのではないかということです。

また、ときには自分の経験を活かして違う職種に転職することが必要になることもあるでしょう。

たとえば、コールセンターの経験を活かして営業、営業の経験を活かしてディレクターやマーケティング職などになるということが考えられます。

一度、自分自身のキャリアをトータルで考え直してみたほうが良いのではないでしょうか。

組織構成が頻繁に変わる

組織改編が毎年のようにあり、役職社員の入れ替わりが激しいということに不満を抱いている人が多いです。その体制に慣れる前に入れ替わるため、人間関係の構築や仕事の進め方の変化などで混乱するんですよね。

また、頻繁に変わるのは「働く場所」もそうです。

じっくりと時間をかけて仕事をしたい人や、変化が苦手な人にはかなりキツイのではないでしょうか。

それならアウトソーシングサービス会社は転職先候補から除外し、自社勤務ができる会社を探すという転職戦略が考えられます。

また、転職活動をするときには「社風」をしっかりチェックすることも大切です。じっくりと時間をかけて仕事に取り組めるような企業価値観を持っているか、自分と合った人間関係が構築されているかなどなど、慎重に求人を吟味しましょう。

契約社員が正社員になれるチャンスが少ない

企業口コミサイトには正社員の意見も多く投稿されていますが、トランスコスモスの場合は比較的「契約社員」の投稿数が多いのが気になりました。その中でも特に多く寄せられていた意見が、契約社員が正社員になれるチャンスが少ないということです。

制度として社員登用は行っているものの、その機会を紹介されることが滅多になく、契約社員として消費されていく一方。しかも給料が低いというのだから、不満は溜まりますよね。

契約社員として現職の経験を積んだのだから、それを武器にして、正社員として働くため転職しましょう。

トランスコスモスは結構ネームバリューがありますし、契約社員として行っていた業務内容をしっかりと求人先企業に伝えることができれば、内定率は高くなると思います。

まずは、あなたがこれまで行ってきた業務内容の棚卸と、そこから得られたスキルや経験などを分析してみると良いでしょう。

転職活動を始めるなら、まずは相談から

これまで「給料」「組織の不安定さ」「正社員登用の機会が少ない」ということに着目して、転職戦略を紹介してきました。

ただ、それを実行するためには「自己分析」「キャリアの見つめ直し」などが必要になります。これから全部ひとりで行うにはかなり大変だし、その後で「こういう求人が欲しい」という条件を見出したとしても、それにぴったりな求人を見つけるのもまた難しいです。

そこで活用したいのが、転職エージェント。

転職エージェントに登録することで、キャリアアドバイザーに自己分析とキャリアの見つめ直しの相談ができるだけでなく、自分の掲げる条件にぴったりな求人をオススメしてもらうこともできます。

トランスコスモスを辞めたいと思うのなら、とりあえず転職エージェントに相談するところから始めてみましょう。