僕らが過ごしたロングレールライフの中で、一度でも鉄道業界の仕事に興味を持ったことがあるという人は多いはずです。

その中には「現在進行形で、鉄道業界に転職してみたいと考えている」という人も、また多いと思います。

レールは続くよどこまでも。死なない限りは続く僕らの人生を走り抜けることにおいて、興味のある業界や仕事に飛び込むことは必要なことです。ただ、未経験がすんなり転職できるような業界ではありません。

鉄道の仕事とは? 鉄道業界に転職するには何を考えればいいの? それを一緒に見ていこう。

鉄道業界を辞めてしまう人の理由は?→鉄道会社を辞めたい!鉄道会社から転職を成功させるための考え方・立ち回り方を考察

鉄道業界の仕事いろいろ。あなたが就きたいのは?

  • 整備
  • 現業職
  • 運行管理・運転計画
  • システム・情報通信
  • 機械設備
  • 建築
  • 事務

鉄道業界の主な仕事をまとめてみました。

整備は技術職と呼ばれるタイプの人たちです。車両の保守点検検査から、線路・土木関係の保守点検検査を行います。技術分野は車両整備・施設管理・電気関係が必要となる、鉄道技術のスペシャリストです。

現業職「駅員」「車掌」「運転士」など、僕らが日常的に関わっている人たちの総称。これに関してはかなりイメージしやすいと思います。

駅員は改札業務・ホームの案内だけでなく、不審物や忘れ物の対応、券売機の売上管理など「駅」の中において客と関わる部分を担う仕事と言えるのではないでしょうか。僕らが電車に乗る前と降りた後に、最も関わることが多い職種ですね。

車掌はホームのドアを開け閉めしたり、電車の発着時の安全確認や車内アナウンスなどを行います。僕らが電車に乗ったあとに一番関わる職種ですね。

運転士はその名の通り、電車を運転する仕事。

運行管理は、指令室・CTセンターと呼ばれるところで働く「列車の運行全体を管理する仕事」です。具体的にはダイヤ通りに列車が走っているかを確認・管理し、遅れなどを把握したうえでダイヤの修正をしたりしています。

ダイヤを作る仕事は、運転計画員と呼ばれる職種です。

システム・情報通信の仕事は、運行の安全性と正確性を高めるためのシステムを開発する仕事。信号のシステム更新や保守、電光掲示板のシステム更新や保守などを担うと言えばわかりやすいのではないでしょうか。

機械設備は、駅の改札・ホームドア・エレベーターなど駅の機会設備の開発や工事計画・管理などを行う仕事です。

建築はその名の通り、駅の建て替え・新設計画・バリアフリー工事の実施・施工管理など駅に関する建築分野の仕事全般を担います。

鉄道事務・技術事務・事業用地管理・鉄道事業計画など、事務職の種類も豊富です。

ほかにも「周辺地域の不動産に関する仕事」「駅ビルに関する仕事」など、各鉄道会社によってさまざまな職種が用意されています。

もし本当に鉄道業界に未経験転職するのなら、自分が興味あるのはどの職種か、自分に合うのはどの職種かを徹底的に考える必要があるでしょう。

なお、鉄道関係の仕事の給料に関しては各職種ごとに大きく異なる場合があります。各鉄道会社の平均年収を総合すると、鉄道関係の仕事の給料は年収700万円前後が平均的です。

中でも阪急阪神HDは平均年収が約920万円と特に高くなっています。

鉄道業界に転職してみたい未経験者が知らないと危ない2つのポイント

鉄道業界の仕事を広く浅く紹介しましたが、実際に鉄道会社への転職をするか考えるときにはそれは前提知識でしかありません。これから紹介するのは、あと一歩踏み込んで転職を考えるための知識です。

ポイント1.レールは続くのどこまでも? 鉄道業界の現状と今後の話

鉄道業界には、JRと私鉄がいます。

国が運営していたけど民営化された業界のドンであるJR、国からの支援とは無縁の民間鉄道会社である私鉄。その二つの異なる勢力があるということを改めて認識してから、鉄道業界の現状と今後の話をしたいと思います。

現在の鉄道業界全体の課題は、本業である鉄道事業の収益が上がらないことです。

鉄道事業は莫大な金がかかるうえに、地方にある赤字路線の維持などの負担がかかり、純粋な利益はかなり低くなっています。人が多い地域においても「駅と街が遠い」「違う会社に客が持って行かれている」などの理由で経営難に悩む会社は多いです。

また、道路整備が昔に比べて格段に進んでいるため、鉄道離れを起こしている地域も多数あります。

以上のような理由から、鉄道事業だけで十分な収益を出すのが難しくなっている。

そのため、昨今は鉄道業界の鉄道事業以外の注力が進んでいるんです。

たとえば、不動産事業・商業施設や百貨店などの流通事業・ホテルやリゾートの運営などレジャー事業などが挙げられます。

もっと鉄道事業に近いところだと、観光列車の企画に力を入れるところも多くなってきました。

これからは鉄道会社の非鉄道事業に関する「経験者採用」「社会人採用」が盛んになっていくでしょう。

鉄道業界の中で長く生き続けるために、「鉄道に関する仕事」以外の職種への転職も検討したほうが良いのかもしれません。

ポイント2.鉄道業界に求められている人材5個の特徴とは

  • 時間厳守の人
  • チームワークが得意な人
  • 清潔感のある人
  • 新しい領域への挑戦に積極的な人

鉄道業界ほど時間に厳しい業界はなかなかないため、時間厳守を徹底している人というのは絶対の前提条件となります。特に鉄道事業に関する仕事に就きたいのなら、必須です。

また、鉄道の仕事はどれをとってもチームワークが大切と言えます。車掌は運転士と共に電車に乗るわけだし、整備の仕事もチームで行うわけだし…。チームワークを大切にできなければ、鉄道業界では働けません。

乗客に見られる仕事は清潔感も大事。

鉄道事業以外に手を広げる鉄道会社が増えてきたため、新しいことに積極的に挑戦したいという人の需要は高いです。

まずは相談だけでもしてみようぜ

鉄道業界への転職に興味があるのなら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

転職をするときには適性検査や試験があり、その対策をしないといけません。もちろん面接対策も必要になりますし、そもそも鉄道業界の求人はかなりのレア求人です。

また、職種が豊富にあり鉄道事業以外の仕事も増えてきている中で、自分にどんな仕事が合うのかを判断するのが難しくなっています。向き不向きも職種ごとに異なる面もあるため、これまた判断が難しい…。

本当に転職するのかどうかを判断するためにも、転職時のアドバイスを得るためにも、鉄道業界に転職する未経験者にとって、転職エージェントは必須!

どこまでも続くレールに乗るために、相談からはじめてみましょう。