生産管理の仕事を辞めたい!生産管理からの転職に向いている転職先を考察

工場や倉庫など「職場作り」にかかわる生産管理は、「天職」という人もいれば「辛い」という人も大勢います。その両極端になりがちな特殊な仕事です。

このページでは、生産管理から転職するときの考え方や転職先候補などを深掘りしていきたいと思います。

生産管理を辞めたいと思っている人は、参考にしてみてください。

生産管理はキャリアアップしやすいが…

生産管理は、開発から流通までものづくりの全過程にかかわる仕事です。

企業でキャリアアップするための条件というか出世のための鍵というのは、「社内のあらゆる業務にかかわること」と言われることがあります。生産管理の仕事は、まさにそれで、社内のあらゆる業務にかかわりまくっています。

メーカーだと、生産管理は出世コースなんですよね。

経営者的には、未来の工場長・役員幹部候補を育てるため生産管理を採用するということもあります。

仕事内容に不満がなく、社員への配慮が行き届いた会社であれば一生働ける仕事とも言えるかもしれませんね。

また、キャリアアップしやすいと言っても転職を通じて上のキャリアに…というのはあまり望めません。生産管理はキャリアアップしやすい分、社内人事で出世させるのが基本です。生産管理自体も、新卒採用がほとんどですよね。

だから、転職するときは「違う会社の生産管理に転職」というのもなかなか厳しいです。

将来の工場長・幹部候補を育てるという意図があるから、新卒で採ったり社内人事で出世させたりするのは当然。

生産管理から転職するなら、転職先は違う仕事を狙ったほうがベターです。

生産管理の経験を活かして製造業・メーカーに転職

生産管理の仕事は、実は転職に有利です。製造業・メーカーに転職する場合はもちろんですが、それ以外の業界でも使えるような業務経験を生産管理は積んでいます。

経営・開発・量産・販売のすべてを経験しているということと、「人や工程を管理する仕事」ということからさまざまな転職先が考えられます。

普通、これだけたくさんの現場を知る人はなかなかいません。広い視野を持って人と工程を管理するという経験も、普通はなかなか得られるものではありません。管理系の仕事の中でも特に高度な経験を持っていると言っていいでしょう。

生産管理から転職するとき、あらゆるところに有利ですが、特に有利なのが――。

開発部門と販売部門。

開発部門の中に「どのようにして量産するか」という量産体制を考える仕事があります。これまで開発しかしていない人には、量産化の計画を練るのが苦手。通常、試作品を作ってから量産化までには結構時間がかかります。

生産管理経験者はここをスピーディにこなせるため、かなり重宝されるんです。

開発の仕事も覚えてしまったら、その開発部門の中で唯一無二の存在になれるのではないでしょうか。

また、販売部門への転職でも生産管理経験者は有利です。

生産管理の仕事は開発から流通・販売のことまでを考えて工場全体をつくることだから、その経験を存分に活かせると思います。販売担当にとって大事なのは、全体を見通した上での販売量の目測です。この目測というのは、熟練しないと誤ってしまうものなんですよね。

ただ、生産管理経験者は「全体を見通す力」があります。それを用いて販売量の目測を行い、工場の稼動を健全化し、過不足の無い販売計画を立てられるようになります。販売部門にとって、こういう人材はとても貴重です。

メーカー・製造業以外でおすすめの転職先

メーカー・製造業の仕事ばかりを紹介してきましたが、実は生産管理から転職するときに有利なのは製造業だけではないんです。生産管理というのは管理業務の中でも特に高度な経験を積んでいると語りましたが、その経験を総合的にアピールすることで、さまざまな転職先を候補に入れられるようになります。

たとえば、WEBディレクターなどにも向いていると思います。

WEBディレクターの仕事というのは、制作工程全体を見渡して人と工程・スケジュールを管理することです。プロジェクトメンバーを選ぶところから、コンテンツの品質を管理するところまでをディレクターが管理しています。

生産管理の仕事と似ている部分がありますね。

業界が異なるためWEBの知識を学ぶことは必要になりますが、ディレクターとして働きながら学べる会社も案外あるんです。WEBという業界自体がまだまだ新しいもので、「経験者は少ない」というスタンスで人材募集をするところが多いんだと思います。

WEB経験は無いけど管理業務の経験がある人、または管理業務の経験が無いけどWEBの経験がある人のどちらかなら十分面接を戦えます。

-仕事の悩み