転職することは悪いことだと、言う人は多い。ただ、一方で転職に踏み切る人もまた多い。

そして、転職したいけど、転職することは悪なのかと不安になって踏み切れない人も多い。

結局、転職は悪なのか?

僕は、「悪じゃない」と言いたいです。

ただ、否定をするのなら「転職=悪」と考えている人たちの意見も聞かなきゃいけませんよね。どういう理論で「転職は悪だ」と語っているのか、紹介しながら僕が徹底的に斬ってやりましょう。

おい、転職は悪と語るリア充ども! 老害ども! その考えを人に押し付けるんじゃないよ。

今の仕事や会社を辞めたいと思っているあなた! この記事を読んで『善の転職』に挑戦するための自信をつけましょう。

「会社への裏切りだ」と語る老害

年齢層上の人がよく言うのが、「会社への裏切り行為だ!」「恩は無いのか!」ということです。この言葉を聞く度に、転職は会社に対する裏切り行為なのか? 会社員は会社に対して恩はあるのか? という疑問が僕の頭に浮かびあがります。

会社は利益を追求する組織だから、損害を与えられるのは嫌なものです。ただ、社員一人が転職しただけで損害と感じるような会社は、そもそも基盤が緩いんじゃないでしょうか。人が少ない会社だったり、組織としてまだ未熟だったりするんだと思います。

そうでなければ、人ひとり抜けたくらいで組織は揺らぎません。

また、「裏切り」というのは「自分の所属していた組織や、親しい人などを捨てて寝返る行為」のことを言います。転職がこの「裏切り」の定義に当てはまるかと考えたら、微妙なんですよね。

それよりも、僕は転職をすることは「親元を去る」ようなものだと思っています。「社会人として会社に育てられたひな鳥が、次のステージに進むために巣立つ行為」が転職です。

「裏切りだ」と感じる老害たちは、自分らが「終身雇用」を前提としてきたからでしょう。

今は終身雇用の時代じゃなく、転職によってステップアップする時代です。物事には、時代に合った価値観が必要。今の時代、転職は裏切りではなくて巣立ちと表現するほうが合っていますよね。

だから、恩をあだで返すという考えも否定できます。

親に恩があるから独り立ちしないというようなバカな人は、いませんよね。むしろ、恩があるからこそ独り立ちして安心させるわけです。それと同じですよ。

それに、雇ってもらって給料をいただいている分働いているのだから、その時点で恩は返しています。仮に働いた分の給料も貰えていないのなら、恩なんてありません。恨みしかないですよねえ。

「根性なし」と言われても…

転職するような奴は根性なしだ、と言う人がいます。

年齢層関係なく、この意見を持っている人が一定数いるんですよ。この意見を聞く度に、僕は「はあ?」と顔をしかめたくなります。

転職することが根性なしか、逃げ?甘え? 転職することがどれだけの勇気を必要とすることなのかわかって言ってるのか? とね。

そう、彼らは転職の苦労を知りません。

僕が思うに、「転職するようなやつは根性なし」と言うのは、転職する必要が無い恵まれた会社にいるリア充か、終身雇用前提だった老害かのどちらかです。自分たちが転職の苦労を知らず、同じ環境で仕事をし続けてきたから転職者は堪え性が無いように見えるだけ。

そんな人たちの意見に耳を貸す必要はありません。

転職というのは、ただの逃げではないんだから。

待遇アップやキャリアアップなどの目的意識を持っていれば、転職は逃げではなく「自分の人生をよりよくするための戦い」と言えます。根性がどうとかいう問題ではないんです。むしろ、「辞めたい」と思いながら今の環境で妥協することこそ根性も甲斐性も度胸も無いダメな人と言えます。

「3年は続けよう」←?

3年は続けよう?

何を根拠にそんなことを言っているんでしょうか。誰もが聞いたことのある「入社して3年は我慢して仕事を続けるべき」という言葉、僕は懐疑的です。

僕はこのブログで「1年くらいは続けた方がいい」と言っています。理由は、仕事や職場のことを把握するには1年くらいかかるからです。

だけど、あまりにひどい職場の場合や自分の中でしっかりとした理由がある場合は、1年経たず転職しても良いとも語っています。

耐え難い職場にいて我慢して仕事を続けても、仕事は身に付かないからです。仕事のことを把握し、身に着けるべきものを身に着けるための1年なのだから、身に付かなければ無意味。

酷い職場環境だと、働くことで精一杯で何も学ぶ余裕がありませんからね。

そうやって1年過ごしても、3年過ごしたとしても良いことなんて何もない。

むしろ、「若さ」を失うことで転職に挑むための戦力が少なからず失われます。「3年以上続けよう」というのは、新入社員に辞められたら困る経営側の都合に過ぎません。彼らは「3年以上続けよう」と言い、3年続けた人には「3年続いたんだからこれからも続けられるでしょ」と言うわけです。

そう、3年続けようというのは洗脳工作と同じなんだ!

酷い環境に長い間いさせることで、麻痺させようとしているわけです。

「転職=悪」という風潮自体を、ぶった切る

「転職=悪」と考える人がいるのなら、逆に「転職したことが無い=悪」とする考えもあって良いのでは? もちろん「転職するかどうかは自由」だと僕は思っているので、悪とは言いませんが…。

テスト的に、やってみたいと思います。

「一つの会社に長い間いるべきだ」と語る人。

ひとつの会社しか経験してないということは、ひとつの会社という小さな社会しか経験していないということ。凄く視野が狭いんじゃないかなと感じてしまって、かえって悪印象かもしれません。仮に転職したとしても、「前の方がよかった」とか言って辞めそうですよね。

「転職したいけど、我慢我慢だ。我慢すればきっと良いことがあるんだ」と語る人。

意思決定が出来ない、優柔不断な人なんですね。

「安定を捨てるとは何事か」と語る人。

安定こそが神とするような人は、野心も向上心も無いのでしょう。社会人として金銭を得て働くからには、人より少しくらい多く稼ぎたいとか、出世してみたいとかいう欲があっても良さそうなもの。

同じ畑を耕し続けても限界がある。転職しなければ見えない高みがあるのに、それを目指そうとしないとは何事か。

「転職が良いことである」という前提で、一気に色んな意見を斬ってみました。本心とジョークを交えましたが、結局は転職をポジティブに捉えると「転職しない=悪」に見えるし、転職をネガティブに捉えると「転職=悪」に見えるだけなんです。

転職が悪とは一概に言い切れないし、転職=最善の行動とも一概には言い切れません。それに気づいてもらうため、敢えて転職=善と言い切りましたけどね。もちろん、転職しないことが悪とは言いません。「辞めたい」と思わないのなら、転職しないのも自由です。

彼らは、転職する必要が無いからどうしても「転職=善」と思えないだけなんですよ。だから、ネガティブに転職を捉えている。

だけど、転職を必要とする人たちにとっては「転職=善」なんです。

それを踏まえ、これからどうするか、あなた自身で決めましょう。