「4年目で仕事を辞めてもいいのでしょうか?」

何を言うか! 4年目は辞めるのに適したタイミングなんだよ! それを端的に伝えるために、5・7・5の川柳を作ってみました。

辞めるとき、可能性多い、4年目は。

新卒で入社した会社で4年目に突入した場合、第二新卒から外れます。「新人」「新卒」という肩書が取れ、一人前の社会人として見なされるわけです。

仕事や会社にも慣れてきて、会社全体や自分自身の働きぶりなどを俯瞰することもできるようになっているのではないでしょうか。

そんな4年目は、これまでよりも転職の可能性が広がるんです。

4年目の可能性、とは?

今の仕事を続けて4年目となると、もうその仕事では一人前と呼べる程度に成長しているはずです。4年目にして向いていないことに気づいてしまったという人でも、4年も続けていれば「出来ること」や「学んだこと」があるでしょう。

だから、転職の際に「現職で年収アップ」が可能です。

今の仕事内容は気に入っているけど、待遇と職場環境が気に入らないという人は多いと思います。これまでは「新人や第二新卒」といった肩書のため、転職をしても待遇アップはなかなか望めませんでした。

「リスクが大きい」と思って、辞めたい気持ちをスルーした人も多いんじゃないでしょうか。

4年目なら「アピールポイント」さえしっかり把握していれば、年収アップしたり職場環境を改善したりすることも可能になります。ノーリスクとは言わないまでも、これまでより大幅にリスクは少ないですよ。

また、今の職業から離れたいという場合、前職の実績や学んだことなどを面接の際にアピールできます。未経験の職種にチャレンジするポジティブな動機も作りやすく、未経験転職がしやすいです。

4年目は可能性が増えるというのは、こういうこと。4年目が転職に適している時期というのも、そういうこと。

ただ、それを成功させられるかどうかは自分次第です。

転職で何を成したいのかを考えよう!

転職を成功させるために必要なのは、何のために転職をするのかをハッキリさせることです。特に4年目からは可能性も増えてくるので、自分の目的を明確にしていないと自分の意図していない方向に流される恐れがあります。

転職活動をするうちに方向性が良く分からなくなってくることは、よくあるんですよ。

転職活動とかけまして、ヴィンテージカメラと解きます。その心は…とにかくブレやすい。手ブレ補正が無くしっかりとした技術という「芯」が無いと写真がブレてしまうように、自分の中に一本芯を通していないと転職活動の方向性もすぐにブレてしまいます。

結果、「こんなはずじゃなかった」と失敗するわけです。

転職活動で、あなたは何がしたい?

「キャリアアップがしたい」「未経験の職種に挑戦したい」「同じ仕事で待遇改善を図りたい」

さあ、どれなんだ!?

キャリアアップを目指す場合

3年以上同じ仕事を経験しているのであれば、その先にある仕事にキャリアアップすることも考えられます。ただ、キャリアアップの場合は出来ればもう少し長く経験があったほうが確実性が高いです。「不可能ではない」というレベルですね。

2年しか経験が無かった3年目だと「2年でキャリアアップ? 無理でしょ」と一蹴されていたものが、4年目だと「んー…チャレンジ精神旺盛だからいけるか?」と熟考される程度にまではなっていると考えればわかりやすいでしょうか。

4年目でキャリアアップを目指す場合、大事になるのは積極性とチャレンジ精神をアピールすることです。4年目で次のキャリアに進むのは、大きなチャレンジ。新人という看板を外したままの勢いで、殴り込みをかけるようなものなので積極性が何より大事になります。

それらをアピールできていれば、あとは実績と経験次第。自分がこれまで何をしてきたのかをよく振り返り、アピールしましょう。

未経験の職種にチャレンジしたい場合

未経験の仕事に転職するのなら、現職での実績や経験・現職で学んだことなどをしっかり伝えることが大事です。ただ、それだけではダメ。企業が未経験者に期待する態度というものがあり、それがなっていないと成功率は下がります。

「若くてやる気があって素直である」

新卒で4年目なのであれば「若さ」はクリアしていますね。未経験職種に対する「やる気」は、人によるでしょう。アウトなのは、今の仕事が嫌だから違う仕事に転職したいというネガティブな動機です。

その動機で転職を志したとしても、次の職種は自分の興味が惹かれるものを選んだ方が賢明。その方が「やる気」という態度が表に出やすくなります。よほど演技派でなければ、ネガティブな動機だけの転職でやる気を伝えることは、とても困難ですからね。

素直さというのは面接中の態度や受け答えから、相手に伝えるしかありません。まとめると「フレッシュな気持ちで挑戦しよう」ということです。

待遇・環境改善を図りたい場合

転職活動をする動機の中で一番ネガティブで、一番ありがちなのが「待遇や職場環境を改善したい」というものです。僕の転職理由もこれでした。「サービス残業ばかりで死にそう…転職してやろう」と思ってブラック企業から抜け出し、今に至るわけです。

ただ、こういう理由は隠すに限る。

「残業が多いのが嫌」という理由は「効率よく生産性の高い職場で自分を磨きたい」と言い換え、「給料に不満がある」という理由は「正当な評価を受けメリハリを持って真剣に仕事に取り組みたい」と言い換えるんです。

過去の不満を未来の希望にしてやる。

面接時の印象は、それだけでも大きく変わりますよ。

いずれにしても言いたいことは同じ

転職目的のケースごとにアドバイスしてきましたが、結局言いたいことは同じなんですよ。どんなケースでも、大前提として大事になる姿勢というものがあります。

転職は、後ろ向きの気持ちでは失敗する可能性がとても大きいです。後ろ向きの考えをする人より、前向きの考えをする人のほうが圧倒的に魅力的だから。普段の人間関係に置き換えてもそうですよね。面接もまた人間同士のコミュニケーションだから、普段の人間関係と同じ現象が起こるんです。

前向きな姿勢が、どんな場合でも大前提。結局言いたいことは、こういうこと。

目的をハッキリさせて、ブレることなく前向きに転職しよう!