30代にもなると、転職して年収が下がるかもしれないということに大きな躊躇いが生まれますよね。

今更20代の頃のような生活レベルにまで落とすことはできないだろうし、経験を重ねれば重ねるほどに、趣味にも食にもお金がかかるようになってきますから。ある程度の年収というのは、30代が幸せに生きていくために大切なものだと思います。

そこで、30代が転職して年収が下がるケースを紹介したうえで、対策などを考えてみましょう。

転職に踏み切れるように――。

30代が転職して年収が下がるケースを3パターンまとめてみた

30代が転職により年収が下がるケースは大きく分けて3パターンあります。そのパターンに当てはまる人は年収が下がる可能性が高いし、当てはまらないようにすることができるなら年収が下がる可能性は下がるわけです。それでは、そのケース3パターンを紹介しましょう。

ケース1.未経験の仕事

未経験の仕事に挑戦するとなると、必ずと言って良いほど年収が下がります。これで下がらない人がいるなら、それはその人の会社が超絶ブラックだとしか言いようがありませんね。元々の給料水準があまりに低い人でしかこのケースで年収が上がることはありません。

給料というのは、その人の実績・経験・能力・会社への貢献度などによって決まるものですからね。

ただ、完全に新卒と同じ程度の給料水準まで落ちることはありません。会社ごとに30代の最低給料ベースというのがあります。平均年収よりは下がるものの、20代よりは微妙に高い給料となるでしょうね。

ケース2.今の会社の水準が高かった

転職先の水準が特別低いわけではないけど、今の会社の水準が高いから転職で年収が下がるというケースが30代には多いです。20代の頃は積み上げたものがあまりなく水準が高くなることはあまりありませんが、30代ともなると「その会社で積み上げ続けた」と言えますよね。

新卒から同じ会社で積み上げた人ほど、給料は高くなります。

経験・実績により年収が上がった分と、勤続年数により上がった分とがありますから。転職をすることにより、後者の分が若干リセットされます。そのために、転職すると年収が下がることがあるわけです。

しかし、勤続により再び給料が上がることも考えられます。

また、企業によっては勤続年数のような年功序列的な要素を全く気にしないことあるんです。そういうところは、同じ仕事を続ける限りは実績や経験・能力を高く買ってくれ、年収が下がらないこともあります。

実力の伴わない人は年齢の要素が排除されることにより、余計に年収が下がることもありますけどね。

ケース3.適切な転職活動を行わなかった

適切な転職活動を行わなかったというのは、次の二つであることが多いです。

退職後に転職活動を行い、焦り妥協したケース。
自分の市場価値を低く考えすぎたケース。

30代ともなると貯金も十分貯まっているということから、退職後に転職活動を行おうと考える人が多いです。ただ、これまで通りの生活を続けていると案外早く貯金が尽きてしまうんですよね。

20代の転職と比べて転職活動が長引くこともあるし、余裕があると思ったのに結局焦ってしまい、妥協してしまうことがあります。その結果、年収が下がるわけです。

また、30代の転職は難しいというイメージが先行するあまり自分の転職市場価値を低く見積もり過ぎる人もいます。要は自ら不用意に年収をダウンさせてしまったということ。後悔してもしきれませんね…。

転職で年収が下がるのを最小限に抑えるための対策3選

転職で年収が下がるのを最小限に抑えるための対策方法は、単純にして明快です。30代の転職で年収が下がるケースを把握していれば、そう難しい話ではありません。その対策方法を3つ紹介しましょう。

対策1.自分の市場価値を正しく把握しよう

30代の転職市場価値は意外とそう低くはありませんよ!

自分自身の転職市場価値を低く見積もることが理由で、年収が下がるケースが本当に多いんです。20代のうちは年齢によるアドバンテージもあるなどという理由からむしろ高く見積もる人も多い。社会経験豊富になると自信が無くなるのはどうしてだろうか…。

同じ業界の同じ仕事に転職するなら、年収が上がることも少なくはありません。

同じ業界の異なる仕事をするとしても、今の仕事の経験が全部無駄になるわけではないですよね。完全リセットとはならないため、年収の下がり幅も小さく抑えることができます。

また、全く異なる業界に転職する完全未経験だとしても、あなたがその仕事に向いてることをアピールするなどすれば年収が大きく下がるのを抑えられるんです。企業が抱える「年齢による年収ベース」はあまり崩したくないものですから。

年齢を気にする企業の場合は、そう大きく下がることはありませんよ。

以上、転職市場価値が案外低くはないということを語りましたが…。

自分の転職市場価値を客観的に把握するには、転職エージェントを使うのが一番だと僕は思います。あなたの経歴・経験・実績・能力・資格・適性などから、希望する仕事での年収の目安を教えてくれるでしょう。

対策2.未経験の仕事に挑戦するなら資格を取得しておく

未経験の仕事に転職するなら、ある程度年収が下がることはどうしても避けられないことです。

ただし、その仕事に関わる資格や検定を取得しておけば年収が大幅ダウンするのを防げます。資格が必須という仕事はそんなにありませんが、どんな仕事にも役立つ資格というのはあるものですよね。

たとえばITの仕事に挑戦するときには、ITパスポート・基本情報技術者・情報セキュリティスペシャリストなどの資格が役立ちます。

自分が挑戦したいと思っている業界・職種に関する資格や検定試験があるかどうかを調べ、余裕があるなら取得しておきましょう。その手間をかけることにより、転職後の年収も将来的な年収も変わりますよ。

対策3.福利厚生が充実している会社に転職する

基本給が下がるとしても、住宅補助や家族手当などが充実している会社に転職すれば生活に与える影響を最小限に抑えることができますよね。手当関係以外にも、社食が安いとか割引施設の利用頻度が高いとか見るところはたくさんあると思います。

また、手当を重視するということなら、残業手当がしっかり支給される職場かどうかというのも大事です。基本給+手当+残業代が給料になるので、残業代が支給されるかどうかによって年収は大幅に変わります。

転職エージェントを使うことで、残業時間や残業代の実態がわかりますよ。

ここまで紹介した対策方法をしっかり踏まえて転職活動を行えば、30代の転職で年収が大幅に下がることはありません。

後悔しない転職をするため、しっかり覚えておきましょう。

30代は、年収が下がるリスクを取って自分の人生をトータルで豊かにすることができる最後の年代と言えると思います。今転職しておかないと後悔する!

年収も転職も、どちらも必要なんだ…!