ライバルが多く、応募が多く、離職が多い、それがタクシードライバー。

雑誌の広告やネットの求人広告なんかで「タクシードライバー募集!」という言葉を、よく目にします。

僕は「いつも運ちゃん募集してるな」と思って広告を眺めているんですが、いつも募集を見るということは、退職者が多いということですよね。

タクシードライバーは面白い仕事という話もよく聞きますが、同時に大変な仕事という話もよく聞きます。

仕事の面白さはサービス業だからこその面白さ、仕事の大変さはサービス業だからこその大変さ。

タクシードライバーを辞めたいという人のを分析しつつ、タクシードライバーからの転職先にはどんな選択肢があるのか、転職経験者の僕なりにアレコレ考えてみました。

客商売ならではストレス要因が満載

タクシードライバーは、接客が重要な客商売ですよね。

ただ単純にお客を目的地まで送り届ければいいというわけではありません。荷物ではなくて、人を乗せているんだから、当然のようにコミュニケーションが要求されます。

自分勝手に運転しちゃダメだし、無口もダメ。

運転でムカツクことがあっても、ストレスが溜まっても笑顔で気持ち良い接客をしないといけません。

たとえ、客がどれだけ横柄であったとしても、どれだけ嫌な客だったとしても…。タクシードライバーにとっての嫌な客って、色々ありますよね。

例えば…

  • 「真っ直ぐ行って!」など具体的な行き先を教えてくれない客
  • タクシーセンターの電話番号を登録し、何かにつけて「クレーム入れるぞ」と脅してくる客
  • 理不尽にキレル客
  • 違反を強要する客
  • つり銭詐欺をしてくる客
  • エチケット袋を渡したのに使わず、車内に嘔吐する客
  • 到着後値切り交渉をしてきて、断ると支払いをせず降りようとする客

こんな無茶苦茶をされたとしても、タクシードライバーは泣き寝入りするしかないんですよね。

客との間に生まれる上下関係にうんざり

客と運転手との間には、擬似的な上下関係が発生しているように見えます。しかも、その上下関係は絶対的。

客とドライバーの間に上下関係があるように感じるという理由の一番大きな部分は、「乗車拒否できない」ところだと思います。

無茶苦茶なことを言う客でも、無理難題を要求する客でも、乗車拒否できないようになっているんですよね。

これだから、絶対的上下関係があるように客も運転手も感じてしまうんです。

だから、客はいくらでも横柄になれちゃう。

普段は嫁の尻にしかれていたとしても、普段はどれだけ温厚だとしても、タクシーでは乱暴で横柄なガキ大将になれるんです。「乗車拒否できないんでしょ? お客様でしょ?」ってね。

京都ではとある目的地に向かう客だけ乗車拒否できるとしていますが、そういう地域独自のルールが無い限りは乗車拒否をすると罰則を受けるのがタクシードライバーです。

言わば、運転手と客という一種の契約において、運転手側だけが不利な契約内容になっているんですよね。

お金を取る代わりに、目的地まで送る契約。だが、乗車拒否はできない。

だから、「やっとれんわ!」と辞めたくなるわけです。

仕事自体もハード。給料の割に合わないことも

客のことでストレスを感じる人が多いですが、仕事自体もハードですよね。

運転は神経を使って疲れるのに、接客で余計な気疲れをしなきゃいけない。その二重苦で疲れてしまって、仕事を辞めたいと感じる人も多いです。

拘束時間が長くてプライベートな時間も取りづらく、気が休まることもなかなかありません。

会社によっては厳しいノルマがあって客取り合戦だし、歩合給がほとんどだから生活のためには距離をたくさん稼がないといけない…。

その割に、電車やバスを利用する人に比べると、タクシー利用者は少ないですよね。

だから、なかなか給料も良くならなくて薄給な人が多いです。

仕事は疲れるし拘束時間が長いし、嫌な客でも乗せないといけないし…。辞めたくなるのも無理はないでしょう。無理はないというより、タクシードライバーを辞めたいと思う人は、辞めたほうが良いと思いますよ。

タクシードライバーは人によっては辛いことより面白いことのほうが勝る仕事だと思いますが、辞めたいと何度も思ったり、辞めようと決意したりした人には辛いことばかりです。あなたがこのまま運ちゃんをしていても、メリットはありません。

転職して、天職を見つけましょう!

異業種に転職してタクシードライバーならではの悩みを解消!

タクシードライバーを辞め、転職をするにあたって、一番叶えたい願いはなんですか?

  • 給料が良い仕事がしたい
  • やりたい仕事に就きたい
  • 客商売から離れたい
  • ノルマも歩合も無い仕事がしたい
  • プライベートな時間を確保したい

どれかひとつ、一番大切な願いを思い浮かべてみてください。

その願いが、転職先を見つける一番の手がかりになります。客商売から離れたいなら、接客を必要としない仕事を探しましょう。

その中から興味を持ったものを選ぶなり、二番目に大切にしたい願いを叶えられる仕事や職場を選ぶなりすれば、あなたにとって良い転職先を見つけることができます。

異業種転職で一番大事なのは、大枠で攻めることです。

一番叶えたい願いを基準にして職種を探すと、思っているよりもたくさんの職種が出てきます。

たとえばノルマや歩合が無いという職種で探すと、パッと僕が思いつくものでも、これだけありますからね。

  • 事務
  • 企画
  • 経理
  • マーケティング
  • 製造
  • 品質管理
  • 警備
  • 清掃やハウスキープ
  • ビルメンテナンスや施設管理

細かく挙げるとまだまだまだまだ、たくさんあります。こうやって大枠で攻めると、自分の一番の願いを叶えながら複数の選択肢を持つことができるんです。そして、一番の願いを叶えることは一番の不満を解消することでもあります。

仕事で一番大きな不満を解消できるという大前提があれば、他に細かい不満があっても我慢できるものです。

また、一度大枠で攻めて選択肢を洗い出しすれば、第二希望や第三希望を付け足して細かく絞って転職活動をしてうまくいかなくても、すぐに違う選択肢を選びなおすことができます

だから、大枠から攻めることが大事なんです。

タクシードライバー経験者に向いている転職先って?

仕事の不満解消のために大枠で選択肢をたくさん確保して攻めるということを語りましたが、そうは言ってもタクシードライバーから転職できるのかどうかが、知りたいところですよね。

向いている仕事があるのか、ドライバーの経験を活かせる仕事はあるのか?

それを知れば、不満解消のための選択肢と照らし合わせて、自分にとって転職しやすく不満解消もできる仕事を見つけることができますよね。

僕はタクシードライバーではありませんが、転職成功者としての目線から、タクシードライバーが転職しやすいんじゃないかという仕事を、僕なりに考えてみました。

  • トラックドライバー
  • 営業
  • 販売員
  • 旅行会社の事務、カウンター

トラックドライバーは少し安直な感じがしますが、運転が嫌いではなくて免許を取る気力があるなら向いている仕事です。

タクシードライバーをしていたからには、運転は嫌いではないでしょう。ただ、客とのトラブルなんかで疲れてしまっているだけだと思います。

トラックドライバーは、客とのトラブルはありません。

拘束時間は長く、給料が良いとは決して言えませんが、タクシードライバーより稼げると感じている人が多いようです。

実際タクシードライバーからトラックドライバーになるという人も多いですよ。その逆は、あまり見ないんですけどね。

また、タクシードライバーのコミュニケーション能力や営業力を活かせば、営業や販売・旅行会社のカウンターなんかも向いていると言えるんじゃないでしょうか。

考えてみれば、案外向いている仕事は多いと思います。

向いている仕事と、不満解消できる仕事。

二つを組み合わせて、天職をみつけちゃいましょう! 仮にそれが天職でなくても、運ちゃんをしている今よりは、輝けるはずですよ。