広報の仕事を辞めたい!経験やスキルを活かせる転職先は?

自社商品やサービスなどを外部にアナウンスする役目を担う広報。

調査してみると、華やかでやりがいのある仕事に見える広報ですが、その実、会社の知りたくない側面を知ったり、労働環境がそれほど良くはなかったりと、イカニモな悩みを抱える人が多いようです。

このページでは、そう思っている人たちの「仕事を辞めたい」という考えがうまくまとまるように、転職成功者の僕なりの考えをまとめてみました。

思考の最初は、「どうして辞めたいと思うのだろう?」というところから。

広報が抱えがちな悩みを紹介しつつ、そこから転職先ついて考えていきます。

広報を辞めたいと思う原因は?

いつまでも裏方作業をやらされて嫌気が差した

広報の仕事は、意思決定や大きな仕事は全部40代・50代がするという会社が多い傾向があります。

少なくとも30代後半くらいになるまでは、大きな仕事はさせてもらえません。20~30代までの若手がすることと言えば、裏方です。

裏方と言うとまだ少し聞こえがいいですが、パシリに近いケースもあります。

島耕作みたいな、若くして国内・海外問わず飛び回るような素敵な広報なんて中々いません。若い広報マンは社内の裏方作業を、言われたとおりにやるだけ。

この裏方作業に嫌気が差して、辞めたいという方が多いです。仕事が好きになれないから、辞めるということですね。一見「逃げ」に思えるかもしれませんが、仕事が好きになれないっていうのは致命的だと思います。

僕は「仕事よりプライベートが重要だ」と言ってますが、なんだかんだ、人生で仕事をしている時間はあまりに長いですからね。これからの時代、定年の定義がもっと延長されていくと予想されていますし、今後もっと長くなるでしょう。

だから、仕事が好きになれないから辞めるというのは、至極真っ当で誠実な理由です。むしろ、これ以上無いほどに誠実な理由だと思います。

頭を下げてばかりで辛い

広報をしていると、頭を下げることが多いですよね。

「自分は常に誰かに詫びを入れているな」と思うことがありませんか?

会社の不祥事が発覚したとき、商品に不良が発覚したとき、客からの苦情や抗議・お叱りの手紙と電話が届いたとき…。頭を下げるシチュエーションを挙げると、本当にキリがありません。重大な事態でなくとも、日常の細々としたことで頭を下げるのが広報です。

自分が悪いわけじゃないし、自分には怒られる理由が無い。

商品に不良があったとして、自分は開発チームじゃないから分からない。苦情や抗議の内容の真偽も定かではないし、会社の不祥事のことなんてもっと知らない。

そんな「ないない」だらけの薄らぼんやりとした状況に身を置かれたとき、「社会ってこんなもんなのか」と思ってしまう人が多いんです。

自分が悪くないのに頭を下げなければならないこと、自分のいる会社の汚い部分、理不尽な客たち、無責任なマスコミ…。

色々な、社会の嫌な部分がなんとなく察せられるんですよね。

それもまた、広報の仕事が好きになれないということに繋がっています。

休日出勤と残業が多い

広報は休日出勤と残業が多い傾向があるようです。

求人票を見ていても、年間休日120日以上と保障してくれる会社はなかなか見つかりません。

情報を盛ることができる求人票でもそうなんだから、実際は年間休日100日前後か、良くても110日前後であることが想像できます。

その分給料は決して悪くはないようですが、それでも休日出勤や残業の多さと給料が若干見合わなかったりして、うまく誤魔化されている感じがしませんか?

広報から転職するならどんな仕事が候補になるのか?

広報の経験やスキルを活かせる転職先候補をいくつか考えてみました。

  • 営業
  • 営業アシスタント
  • 企画
  • マーケティング

一番オススメなのが、営業です。

実際、営業から広報に移る人や、広報から営業に移る人が多いんです。転職してそうなったという人も多いし、異動でそうなったという人も多い。

どちらの仕事も、「自分たちの商品やサービスを広く知らせる」というものです。営業と広報とでは知らせるアプローチ方法と、アプローチ先が違いますが、根本は同じですからね。だから、ハードルが低いんです。

今の会社に不満があるなら転職してもいいし、今の会社に不満が無いなら異動を申し出てみても良いでしょう。それもまた、営業をオススメする理由のひとつです。

その他の、「企画」や「マーケティング」なども広報として培ったスキルをフルに活かせる転職先だと思います。

-仕事の悩み