商社の事務職を辞めたい人に向いている転職先を考察

「商社の事務を辞めたい!」

そう思っている人も多いのではないでしょうか。

調べてみると、営業事務としての大変さや商社ならではの大変さがあるようです。

この記事では、商社の事務職の悩みを調査しつつ、おすすめの転職先を考えていきたいと思います。

商社の事務はここが大変!

商社の事務の仕事というのは、営業事務としての役割をこなしたり、注文を受けて各種手配をして売上を記録したり、受注した顧客データを社内システムに入力したり、大変な作業が多いですよね。

その仕事の一本化が難しいという悩みがあります。

事務仕事のいいところは「作業が一本化されること」と語る人は多いし、僕もそうだと思っています。

マニュアル通りに仕事していれば問題ないというのが魅力だし、だからこそ事務は比較的楽な仕事として人気があるわけです。でも、商社の事務はそうじゃない。

また、輸入物を扱う会社だと、輸入関係書類に不備が多いというのも悩みの種になりがちです。

品目の訂正や追加で欠品分を取り寄せるなどの余計な作業が増え、ただでさえ忙しい仕事がさらに忙しくなる。不確定要素に振り回される毎日に辟易している人も多いと思います。

商社の事務に向いてない人の特徴

「自分は商社の事務に向いてない」と感じるなら、絶対に辞めたほうがいいです。

商社の事務に向いているのは、「細かい作業が得意な人」「少しの理不尽を許せる人」「臨機応変な対応が出来る人」です。

事務仕事だから当然細かい作業が多くなります。輸入関係を扱うなら細やかな確認作業の数も多いし、相手の間違いで自分が怒られるというちょっとした理不尽なことも多いですよね。その理不尽を「しょうがないか」と許せないと、この仕事はしんどすぎます。

あとは、事務仕事と言っても一本化されないため、臨機応変にいろいろ対応できないとキツイです。

ただ、この3つはあくまでも基本的な適正に過ぎません。

本当に向いているのは、この上に「コミュニケーション能力」が加わった人だと思います。

営業とコミュニケーションを取らないといけないし、顧客と連携することも多い仕事です。信頼関係を築けるようなコミュニケーション能力が必要となるため、コミュ力に乏しい人は絶対に続けられません。

以上に当てはまる数が少なければ少ないほど、あなたは辞めたほうがいい人ということになります。

商社の営業事務から一般事務に転職!その違いと転職メリットは?

商社の事務というのは、基本的に営業事務に分類されます。

営業事務から一般事務に転職する人は結構多いですが、その違いと転職メリットを解説します。

営業事務と一般事務の大きな違いは、一般事務は特定のだれかの補助をすることが無いということです。一般事務の仕事は事務作業全般、書類の作成と整理、小口伝票の整理や簡単な計算、データ入力などとなります。

営業職などの第三者に左右されることもありませんし、営業まがいの仕事をさせられることもありません。

ほとんどPCの前に張り付いている仕事です。

営業事務から一般事務に転職するメリットはこんな感じです。

  • ストレスが減る
  • 残業が減る
  • 仕事の幅が狭くなる

まず、対人ストレスが減ります。事務職同士の人間関係は発生するものの、営業職など違う職種との人間関係は発生しません。職種が違うとお互いに見下しあったりいがみ合ったりしがちだし、なにかと辛いんですよね。

また、営業サポートが無い分仕事の幅が狭くなり、残業も減ります。

商社の事務から他業種の一般事務に転職するメリットはとても大きいと思いますよ!

商社事務の経験を活かして転職!転職先の例を紹介

商社の事務が転職に活かせるスキルは、「コミュニケーション能力」「事務処理能力」の2つだと思います。

その2つを活かすことができる事務仕事…

例えば、学校事務です。

学校事務は学生と関わることもあるためコミュニケーション能力が求められますが、基本的には事務仕事です。残業も少ない傾向があり、商社の事務から転職すると今の悩みの多くは解消されると思います。

商社だと顧客と関わることがあったでしょうが、学校にとって学生は顧客。

悩みを解消しながら、似た感覚で仕事ができるかもしれませんよ。

あとは、営業事務としての経験を活かして営業に転職してみるのもアリだと思います。

メーカー営業なら残業も少ないし、給料も上がって自分の仕事に集中できて一石二鳥です。

また、サービス業なんかもコミュ力を活かせるためオススメです。

商社の事務を辞めたい人には、いろいろな転職先の選択肢があります。自分に合った仕事をじっくり探していきましょう!

-仕事の悩み
-