まだ試用期間だけど、この仕事(会社)辞めたい…

でも、試用期間に辞めたいなんてなかなか言えないし、試用期間中に辞めたら転職活動が不利になるかもしれない…

そんな状況で悩んでいるあなたに、転職経験者の僕なりの意見やアドバイスを送りたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

試用期間に辞めて転職するメリットとデメリット。どちらが大きいのか?

試用期間中に転職するメリット

  • 早く見切りをつけることができる
  • その仕事が合わない可能性から逃れ、合う仕事を見つけることができる
  • 早期転職により、限られた時間を節約できる

試用期間中に辞めるデメリット

  • イメージが悪い
  • 上司にめちゃくちゃ説教と嫌味を言われる
  • 職歴が汚れ、転職に不利になることがある
  • 狭い業界の場合、業界内で自分の評判が悪くなる

メリットは、総じて「早く転職できること、時間を無駄にしなくて済むこと」と時間に関係するものです。デメリットは、世間体やイメージに関係するものが多いですねえ。

このメリットデメリットどちらが大きいかというのが問題になってくるわけです。

狭い業界で働いているなら、試用期間中に辞めることでその業界で働けなくなる可能性があります。これは大きなデメリットですが、「そもそもこの業界自体クソ、離れたい」という人にはノーダメージですよね。

上司に嫌味と説教を言われるのは「辞めたいと言えない理由」だけど、それは一過性のことだし…一番のデメリットは「転職が不利になる可能性がある」ことでしょう。

一方メリットは、時間に関することばかりです。

時間というのは、本来お金に換えられません。金というのは努力で増やせるけど、時間はどれだけ努力しても限りがあります。その本来何物にも代えがたい時間を金に換えるのが、働くということなんです。

もし、今の仕事が本当に合わないのなら、遅かれ早かれ辞めることになります。

そのとき、「あの時やめてりゃ良かったわ」と後悔する可能性があるんです。その後悔する可能性を潰し、自分に合う仕事や職場に転職するというメリットはとてもとても大きいと思います。

だから、「今の仕事・職場が自分に合わないと確信が持てたなら、辞めてもいい」というのが僕の意見です。

例えば、今の仕事の特徴や求められる素質と能力を調べ、それを自分の性格や能力と当てはめてみてください。そうしたら、今の仕事に自分が合うかどうかを客観的に判断することができます。

自分は経験していないかもしれないけど、誰かの経験を自分の経験に置き換えることで、その判断は真実味を帯びてくるというわけです。

また、仕事内容じゃなくて「今の職場が合わないのかもしれない」と感じている人も多いと思います。

そういうときも、今の職場の不満と特徴を書き出し、そういう職場にどんな人が合うか、どんな人が合わないかを考えてみてください。ネットを使って、同じような職場で悩んでいる人の意見を見るのもアリです。

とにかく、試用期間で辞めたいと思ったなら、転職する前に合う合わないを客観的に判断してみよう! それで確信が持てたら、転職だ!

試用期間中に円満退職するための退職理由の作り方

試用期間で辞めるとなると、退職理由をどう伝えていいか困りますよね。

どうにかして納得感のある退職理由を考えないといけないんですが、普通それだけ早く辞めたいと思うような理由は、ネガティブなものばかり。

そのまま伝えたら円満退職とはいかないですし、上手く丸め込まれて引き止められてしまう可能性もあります。

そこで、効果的なのがネガティブな理由をポジティブな理由に変換するという方法です。

「残業が多すぎた」は「もっと効率の良い会社で自分を磨きたい」と言い換えられます。

ポジティブな理由だと、退職理由としても面接官に語る転職理由としても、納得してもらいやすいです。

また、納得させやすい退職理由を作るにはポジティブ変換以外にも方法があります。

人は「反省」に弱いです。

反省している人と反省していない人だったら、絶対人は反省している人に同情し、力を貸したくなるものです。上司に怒られて謝ったときに、「反省してくれればいい」とか「わかってくれればいい」とか言われることがあるのも、そのためだと思います。

だからまずは、試用期間に辞めたくなる状況を作ったのは「会社選びに失敗した自分」の責任だと、反省する態度が必要なんです。

その反省により説得力を持たせるために、試用期間に辞めることが悪印象になるということを理解しているということを示しましょう。

「〇〇という理由で辞めたいです。もちろん試用期間に辞めるというのが悪印象になることはわかっています。しかし、私が□□という努力をしても将来的に改善が見込めないと判断しました。」

極めつけに、「今度は〇〇(ポジティブな言葉)を実現できるよう、全力を尽くしたいんです!」と締めれば納得は得られやすいと思います。

人は反省にも弱いが、改善しようとする姿勢にはもっと弱い。

失敗した自分を改善する姿勢、そして転職によって今度は自分の望むことを実現できるように努力する姿勢。

それを見せることが、試用期間に退職することを納得してもらうため、そしてその後の転職活動を不利にしないための退職理由・転職理由の作り方のコツです。

悩むなら 始めておこう 転職活動

最後に、試用期間中に辞めたいモード突入してしまった全ての人に言いたい。

本来、「お互い、あなたがこの仕事・職場に向いている人間かどうか適性を見ましょうね」というのが試用期間なんです。それが、どうしてか「企業が一方的に適性を見る」というイメージが定着しているだけなんですよ。

「青汁お試しパック」とか「有料アプリお試し期間」とか、合わないと感じたら辞められますよね。

青汁と違って人生のことだから難しく考えてしまうけれど、深刻に考えすぎず、転職を前向きに考えてもいいんじゃないでしょうか。