仕事をしない・やる気がないクソ上司にうんざりしている人がやるべきこと

仕事をしない上司、常にやる気がない上司。

仕事を部下に押し付けるとか、仕事しないくせに偉そうだったりとか、そんなクソな上司に悩まされている人も多いのではないでしょうか。

そういうクソ上司のクソなメンタリズムは、職場全体に伝播していきます。

自分自身を腐らせないために、やれることをやりましょう!

仕事をしない上司・やる気がない上司の対処法

上司の上司に直訴

本人に「仕事をしてください」と言っても、どうしようもありませんからねえ。文句は、本人じゃなくてもっと偉い人に言うほうが効果的です。会社組織というのは所詮上下関係の連なりだから、上の人に言われたら上司も仕事をせざるを得なくなります。

最悪の場合、上司が降ろされることもありますからね。

効果的なのは、上司が仕事をしないということを間接的に伝えることです。たとえば、上司の上司に「仕事のチェックお願いします」と、頼みごとをしてみるんですよ。そうすると、「直属の上司くんはどうしたんだ? チェックしないのか?」と疑問を投げてきます。

そのとき、「ご自分の仕事で忙しいみたいで」と困っているアピールをさりげなくするんです。

こうすれば、上司の上司が注意してくれるようになります。そして、上司の上司が直属の上司をよく見張るようになるため、彼はもう仕事をせざるを得なくなるわけです。それでも仕事しないとか、パワハラするとかいうことがあれば、彼はもう上司ではいられないかもしれません。

徹底的に無視する

仕事しない害悪な上司を、徹底的に無視してやるという方法があります。

自分自身が同僚と部下を牽引して、上司を無視しても仕事が回るようにするんです。結構、よくあることなんですよ? 上司を戦力外通告するというのは。上司を完全戦力外通告することで、期待しなくなりイライラすることも減り、仕事も回るようになるということです。

事実上、自分自身が上司になるという感じですね。

その任を負わせられる先輩がいたら、その人と相談して先輩を事実上上司に擁立するのもアリです。とにかく、先輩に相談なしで同僚と後輩・部下を取り込むと厄介なことになるため、どの道先輩に相談してから上司を戦力外通告する作戦を立てましょう。

具体的には、上司には職場管理だけをしてもらうということです。

チェック業務はどうしても、やってもらわないといけませんからね。

そのために、適度に上司のプライドを撫でてやりましょう。 逆撫でじゃなく。パワハラをしたり、仕事を押し付けたりするような上司というのは、プライドがとても高い人が多いです。

そのプライドの高さにつけこみ、チェックを頼むたびに上司を持ち上げるんです。 全力でヨイショしましょう。持ち上げるだけで仕事が円滑に回るなら、どんどん持ち上げるべき。

ほかの仕事はなるべく自分たちで率先してやるようにし、上司に押し付けられる前に自分たちからやります。そうすることで、上司は気圧されてしまってチェック業務とか管理業務くらいはするようになるんです。

やる気ない上司がいる職場は、もうダメかも。転職活動を始めておこう。

やる気というのは、人に伝わります。

人のやる気を見れば、誰かがやる気を出してくれる。逆に、誰かのやる気ない姿を見れば、誰かもやる気をなくします。特に上司が仕事をしないと、部下もだんだん仕事をしなくなるんですよね。よく、「下に示しがつかない」と言いますが、そういうことなんです。

だから、上司が仕事をしないでいると、職場全体が腐っていきます。

そして、そんな上司を放置している企業の将来性も怪しいです。体力がない中小企業の場合、経営難からのリストラも十分にあり得ます。

実際に転職するかしないかは一旦置いておいて、念のため転職活動を始めておくことをおすすめします。

-仕事の悩み
-