仕事のせい?心から笑えなくなった… 根本的な原因と対処法は?

心から笑えない、笑う気力も沸かない。

そもそも…どうやって笑うんだっけ?

仕事が忙しすぎて愛想笑いばかりになると、心から笑えなくなることがあります。特に、仕事に大きなストレスを感じていたり辞めたいと考えていたりする場合には、そういうことが多いです。

一度笑えなくなると、「自然に笑っていた時の自分」を思い出せなくなることもありますよね。そうなると流石に危機感が沸いてきたのではないでしょうか。どうして笑えないのか、また笑えるようになるには?

心から笑えなくなってしまう原因は?

自然に笑うという行為は、人間が最初からすることのできる素の行動です。赤ちゃんはよく笑いよく泣きますが、笑うとか泣くとかいう行為は感情を素直に発散させる行為。それがストレスの発散にもなるわけです。

ただ、普段から自分の感情が抑圧されていると、笑えなくなることがあります。

毎日仕事ばかりで自分が楽しいと思うことをする時間が無く、本当は遊びたいけど遊べないような状態が続いていたんじゃないでしょうか。自分の素直な感情や欲求が抑圧されて、「やりたいこと」「楽しいこと」「笑えること」を犠牲にしてまで仕事をしている。

だから、笑えなくなってしまった。

「心から笑える状況にない」という状態から、笑えないという症状はスタートしているわけです。

日本人は、感情を抑制して「やりたいこと」を犠牲にしてまで仕事をすることが立派な大人だと考えている節があります。

ただ、大人というものがそういうものなんだったら、大人にはならないほうがいいんじゃないかと思うんです。

大人というのは、言わば強固な鎧と仮面。ガチガチな鎧に身を固めて、仮面をつけて素顔を隠した状態では心から笑うことなんてできません。楽しい・面白いなどの感情も、外には出せないでしょう。

でも、子どものように素直な感情表現も必要だと思います。

休みの日には思い切り自分の好きなことをして楽しみましょう。「そんな趣味は子供っぽい」と言われるかもしれないと、抑圧していた趣味があるなら開放しよう。「良い年した大人が」なんて言ってくる人がいたら、「そんなことを言う君の人生は楽しいのかい?」と煽ればいい。

自分自身を開放することが、心の底から笑って楽しい人生を送るための一番の近道です。

仕事が原因で笑えなくなった人は転職を検討するべき

自分の本当に好きなことや自分自身を思い切り開放するには、自分だけの時間が必要です。

ただ、仕事が忙しいとそういう時間を持てませんよね。玩具集めが趣味だったけど抑圧していたという人を例にとると、玩具を集めても遊んだり眺めたりする時間がなければ楽しさは半減します。

まずは、自分を開放することのできる状況をつくらないといけません。

つまり、今の仕事を辞めるということです。

転職を検討しましょう。

仕事を辞めない限り心からの笑いや楽しさを取り戻すことができないかもしれません。このまま笑えない人生を送っていけば、その先で待っているのは「孤独」や「精神病」かもしれません。

心から笑えるようになるために必要なのは「行動」

「大人としてわきまえる」ために趣味や楽しみを封印してしまったり、他人の目なんて不確かなものに神経質になって己を出さず社会に溶け込もうしたり。

そんな状況や考え方があなたからどんどん笑顔を奪ってしまいます。

「大人としてわきまえる」ために何かを捨ててはいけません。趣味や楽しみは絶対に死守するべきです。

他人の目も気にする必要はありません。誰もあなたに興味が無いし、たとえ「奇妙な人だ」と思われたとしても明日には忘れ去られています。

まずは、状況や考え方を変えるために行動を起こしてみましょう。

昔の友達に電話してみるのもよし、封印していた趣味を復活させてみるのもよし、仕事や職場を変えるために転職活動を始めてみるのもよし。

なにか行動を起こすことで、ヒントや解決の道が見えてくると思いますよ!

-仕事の悩み