無職期間、うまく使えば問題なし。

仕事を辞めたいけど、無職になることに対して不安がある人は多いです。なんでもそうですよ。今あるものを手放すということは、不安なものです。引っ越す時も不安だし、物を捨てるときも「後悔しないかな」と不安になります。

だけど、案外捨ててみたら、たいしたことはないんですよね。

不安ながらも物を捨てるとき、捨てていい状況が整っていることが多いから。だから、捨ててみたら考えていたほど喪失感もなく、生活に問題もなく…。引っ越しもそう。引っ越す理由と状況があるから、引っ越した後はさほど後悔しません。

無職期間に対する不安も、状況さえ整えば問題なくなるわけです!

無職になるための準備をしよう

仕事を辞めて無職期間に突入する前に、準備が必要です。

無職期間をゆっくり過ごすために必要になるのは、何? 答えは簡単「金」だ! 仕事を辞めた後、再就職の意思はあるけど「じっくり転職先を選びたい」という人のための制度があります。

そう、失業保険!

自己都合退職だと受給までに3ヶ月待たされますが、会社都合退職やそれに匹敵する特定受給資格者の場合はすぐに失業保険を受給することができます。快適な無職期間を過ごすためには、会社都合または特定受給資格者の方が有利なわけです。

ただ、会社都合退職を会社に認めさせるのは難しい…。

そんな人のためにあるのが「特定受給資格者」という条件です。

これは、次のような「どうしようもない理由」で退職した人に適用されます。

  • 勤務地が遠くなり、通勤が困難になってしまった
  • 入社前に聞いていた話と、実際の労働条件が違う!
  • 給料の支払いが遅れていたり、未払分がある!
  • なんか知らんけど給料減った!
  • 残業多すぎ体もたんわ
  • 仕事内容変わった
  • ハラスメントを受けた

以上のような場合は、会社都合退職と同等の扱いを受ける特定受給資格者になります。特定受給資格者に認定されるタイミングは、ハローワークに相談して失業保険の手続き等を進めるときです。

このとき、会社に非があって辞めたという証明になるものがあった方が良いでしょう。

失業保険をすぐ貰うための準備

残業が多すぎるというのが、一番メジャーな条件だと思います。

このとき「残業が多い」ということを証明しないといけません。この証明になるのは、たとえば「タイムカード」「日報」「社内メール」などです。タイムカードを切らず残業をしていたならタイムカードがそのまま使えるし、切ってから仕事をしていた場合も社内メールの日時が証明になります。

明らかに夜遅い時間帯に社内メールで仕事の指示が飛んでいたら、それはもう動かぬ証拠ですからね。

辞める前に、特定受給資格者の認定を受けるための証拠だけ集めておきましょう。

無職になる準備は整った? あと少し足りません

失業保険をすぐに受け取ることが出来るよう準備し、無職になる準備は既に整った! と言いたいところですが、あとひとつだけ僕から提案があります。

辞める前に、転職エージェントに登録しておきましょう。

転職エージェントは、僕たちの転職活動を手助けしてくれる無料サービスです。質の高い求人の紹介をしてくれたり、求人先企業の残業時間や残業代の有無などの実情を教えてくれたりします。

今の仕事や会社と同じような状態の職場を選ばないようにするために、転職エージェントの助けは必要です。

求人サイトは自分からサイト内検索を駆使して求人を探し回らなければならないし、求人情報の嘘を見抜く労力も必要になります。転職エージェントの場合は自分から探すことも出来るけど、基本的には担当キャリアコンサルタントからのメールを見て検討するだけです。

気になったことがあれば担当者に質問し、求人情報に書かれていない真実を知ることもできます。

失業保険を貰いながらじっくりと転職先を探すのなら、転職エージェントは必須の存在なんです。ゆっくり自分の時間を使いながら、転職活動できますからね。

辞める前に登録しておくことによって、すぐに転職活動を始めることができるというのも良いところ。辞める前から質の高い求人情報が得られるから、辞めた後に急いで求人をあさる必要がなくなります。

これだけ出来たら、無職期間に突入する準備が完了したと言えるでしょう。

ヒャッホー! 晴れて退職!

失業保険を早く受け取るための準備が完了! 転職エージェントに登録して転職活動もゆるりと始動!

退職の手続きを経て…ヒャッホゥ、晴れて退職だ! 昼間のスーパーの熱気に驚き、昼間の公園の自由な雰囲気に癒され、「お疲れさま自分」と圧倒的な解放感に包まれます。準備をしていないなら徐々に焦りに支配されますが、準備万端だとこれが意外と焦りが無い。

失業保険を貰いながら、転職エージェントを使って求人をじっくり探しましょう。

無職期間の不安の種となる金銭面を補強し、転職エージェントの情報を得ながらじっくり納得いくまで転職先を選ぶことが出来る。これが、無職期間をうまく利用して転職を成功させる方法です。

無職の焦りからスピード転職をするよりも、焦らずじっくり選んで転職する方が成功率は上がりますからね。

働いていない状態を楽しみながら、転職成功に向けてじっくりと行動しましょう。