入社して2年目だけど、仕事を辞めたいなんていうことはとてもよくあることです。入社3年で3割以上は退職すると言われている世の中、1年目で仕事を辞める人も多く2年目もまた多い…。

2年目に突入すると、1年目には感じなかったものも沢山感じるようになりますからね。1年目は余裕が無かったけど、2年目は余裕がありますから。「仕事を辞めたい」のは、ある意味で仕事に慣れてきたという証とも言えるかもしれません。

もちろん、逆に仕事に慣れていない場合もなくはないですが…。

2年目で仕事を辞めたくなるのは余裕があるから? 他に理由は無いのか、辞めるとしたらどういう心構えをすればいいのかなど、数々の疑問がわいてくると思います。その疑問に、僕なりの答えを提示してみましょう。

一番大きな理由は、やっぱり慣れ?

仕事を辞めたくなる「原因」は個々人いろいろあるでしょう。給料が低いとか、残業が多すぎるとか他の会社に比べて自分の会社はなんだかおかしいだとか、仕事内容自体が…その他諸々かくかくしかじか。

そんな不平不満に気づいたからこそ、辞めたいと思ったんだと思います。どうして2年目になって気付いてしまうのか? その理由はやっぱり「慣れ」です。

慣れこそが、仕事を辞めたくなる一番大きな理由と言えます。

2年目になると仕事も覚え始めて、自分なりにどう動けば効率が良いのかもわかるようになるでしょう。そうなると、改めて職場全体を見渡すだけの余裕が生まれるんです。同時に、自分自身のことを見つめなおす余裕も生じます。

すると、アレコレ考えちゃうんですよね。

「俺はこの仕事に向いてないのでは?」「この会社ダメなのでは?」

そして、「辞めたい」と思い始めるようになります。思うこと自体は誰にでもあるんですが、ネットで検索するほど強い想いとなると誰にでもあるとは言えません。続けられる人は、調べたりする前に自分自身で決着をつけて、「頑張ろうかな」と思える人です。

そう思えないのであれば、辞めてしまっても構わないでしょう。

2年目で辞める人にありがちな原因

2年目で辞める人は多く、皆さんある程度は原因が共通しているんです。中でも特にありがちなのが、次の四パターン。

  • お先真っ暗、将来が全く見えない
  • 今の仕事に向いていないと気付いた
  • 他の会社に就職した友人に比べて、待遇が低いと知った
  • 職場環境に合わない

上記四パターンを見て、どう思いました? 「僕と同じじゃないか!」と思った人もいれば、「ほえー、そうなんすねえ」と半ば他人事のように思った人もいると思います。前者のような反応を示した人は、迷わず辞めても良いでしょう。

なんでって?

辞める原因を「自覚」しているからです。

後者のような反応を示した人の中で、「僕は違う、これが原因だ」と思った人も迷わず辞めて良いと思います。ただ、完全に他人事で、自分自身が辞めたいと思っている原因を自覚していない場合は辞めるのを少し待ちましょう。

自覚してから、辞めてください。

もう一度職場や仕事と、そして自分自身と向き合ってみましょう。

2年目で辞めるときのメリット・デメリット

2年目で辞める人が多いけど、2年目の転職って実はとても中途半端なんですよ。仕事は3年続けてこそ一人前になれると言われているんですが、2年目だと企業側としては微妙な評価になります。良い評価と悪い評価が同じくらいあるんですよね。

まず、良い評価…。

  • 「前の仕事や職場が短いため、新しい仕事や職場環境に馴染みやすいだろう」
  • 「社会人としての基礎は出来ているだろうから、研修は仕事内容だけで十分」
  • 「フレッシュで覚えが早くて助かる」

次に、悪い評価…。

  • 「忍耐力に乏しい可能性があるなあ」
  • 「中途半端に社会経験があって面倒」
  • 「経験に乏しい」

2年目で辞めるなら第二新卒扱いになりますが、そのメリットが企業側から上記の良い評価を得られるということ。デメリットは、上記の悪い評価を受けてしまうということです。

第二新卒は企業側から人気と言えば人気なんですが、会社とタイミングによります。新卒が入ってくる時期に第二新卒を求める会社は少なく、新卒が入って数ヶ月してから第二新卒を求める会社は多くなるんです。

うまくタイミングを掴めた場合、上記のデメリットを帳消しにするくらい第二新卒の需要は大きくなります。「経験に乏しい」という評価に関しては、第二新卒にターゲットを絞っている求人には関係のないことですからね。

メリットを最大限享受するには、第二新卒をターゲットとした求人を効率よく手に入れることが重要というわけです。

逆に、そういった求人を見つける努力をしないと第二新卒の転職は困難になります。

中途採用だと「経験あり」を求められるんですが、同じ職種で転職するとしても2年目では「経験があるうちには入らない」ですからね。

2年目の転職を成功させる具体的な方法

僕から言えることは、二つです。

「辞める原因を自覚して、次の仕事・職場の希望を見出すこと」
「第二新卒をターゲットにした求人を探すこと」

自分の「仕事を辞めたい」という想いの原因がわかっていれば、そこから次の仕事や職場に対する希望も自然と見つかります。要は辞めたい原因の逆ですからね。今の仕事は残業が多いなら、残業の少ない仕事や職場を探せば良いというだけのこと。

ただ、原因を正しく自覚するという作業が一番面倒なんです。

自分自身のことを正しく把握できている人間は、そう多くはありませんから。他人のほうがかえって自分のことを理解してくれることも多いですよね。だから、自分だけで考えると行き詰ってしまいかねません。

転職エージェントを使ってキャリアコンサルタントに相談したり、友人や恋人・家族に相談したりして辞めたい原因を正確に判断しましょう。転職エージェントは「第二新卒をターゲットにした求人を見つける」のにも役立つので、オススメです。

2年目の転職はなかなか楽ではありませんが、僕が語った二つの方法さえ守れていれば難しいものではありません。

転職して天職や適した職場を見つけましょう!