仕事を辞める勇気と、続ける勇気。

新卒、入社1年目で仕事を辞めるとき、「辞めたい」と思ってもなかなか動けませんよね。中には何も考えずに知らないうちに仕事を辞めている同期もいるけど、一度考え始めると何も考えずにというわけにはいきません。特に、「新卒で」辞めるという部分がなんだか引っかかってしまうんですよねえ。

ただ、僕は勇気というのは計画・分析で裏付けることによって沸くものだと思っています。「これでイケる!」と判断したとき勇気が沸いてきて、その裏づけの足りない部分を勇気が補ってくれる。

元社畜の僕が勇気を出す方法をお教えしましょう。

新卒で転職するメリットとデメリット

まずはメリットを見てみよう!

  • 若さゆえの選択肢の豊富さ
  • 第二新卒という特殊な需要がある
  • 中小企業からの需要が高い
  • 辞めることのしがらみが少ない
  • 体力と気力に余裕がある人が多く、空白期間をあけなくて済む

次にデメリットだ!

  • 大手に転職するのはかなりムズイ
  • 入社1年目で辞めたことの理由説明が難しく、「すぐ辞めた」というレッテルを貼られる

「若さは無敵」という言葉がありますが、転職するときの選択肢の豊富さも若さの魅力です。新卒の今なら、キャリアを一からやり直すことができますからね。業界を変えるのも自由、職種を変えるのも自由です。今と同じ職種だからといって特別転職に有利になることは新卒だとありませんし、逆に違う職種だからといって特別不利になるようなこともありませんからねえ。

新卒に毛が生えて「ビジネスマナーが身についた」程度というのが、第二新卒の一般的な評価です。

だから、どこを選んでも転職難易度はその職種に転職する難易度に由来しています。そのため、選択肢が豊富になるんです。

ただ、大手に転職するのは厳しい! 大手は「新卒最高! 中途採用なんていうのは経験者しか要らないよ」という考え方のところが多く、第二新卒を必要としていないんですよ。

逆に、中小企業は「新卒の数少なかったしなあ、第二新卒入れたいなあ」とか「経験者よりも新しい人材を増やして、幹部候補として育てたいなあ」と考えるから、転職しやすいです。

また、入社1年目から仕事を辞めたということで「この人はすぐ辞めたんだ」というレッテルを貼られてしまいます。これは避けられないことで、僕たち転職者はそれを納得させるような理由を考えないといけないんです。これがムズイ! だって、仕事を辞めた理由なんて「今の会社がクソだった」とかそういうネガティブなものが多いじゃないですか。特に新卒から辞めるくらいですからねえ。

まあ…そこは嘘でも「ほかにやりたいことができた」とか前向きな理由を作るしかありません。

メリットもデメリットもいろいろあるけど、メリットのほうが多いと僕は思うんですよ。

新卒は「自分しかできない仕事」がないから引継ぎも楽でしがらみが少ないし、第二新卒という新卒入社して経歴が浅い人にしかない需要もあるし、体力と気力に余裕がある人が多いから在職中の転職活動も比較的楽だし…。

我慢して続けるよりも、豊富な選択肢の中新しい道を探すほうが有意義だと僕は思います。

新卒で仕事を辞める人はたくさんいる!

平成29年9月に発表された、「新規学卒者の在職期間別離職率の推移」という厚生労働省のデータがあります。この大学卒の項目を見ると、結構面白いんですよ。昭和62年から平成28年までのデータが掲載されていて、表とグラフで推移がわかるようになっています。

新卒1年目で辞める人の割合は、一番高いとき(平成12年)で15.2%となっているんです。そこから徐々に下がってきているものの、平成28年には11.3%の人が新卒1年で辞めています。

1年目から3年目まで全部のデータがある直近の年、26年のデータも見てみましょうか。

平成26年、新卒入社1年目で辞めた人は12.3%、2年目になると10.6%3年目になると9.4%となっています。合計すると32.2%ということで、新卒3年以内に3割辞めると一般的に言われているとおりになるんですよねえ。

これを見るとわかるのは、「新卒3年以内で考えると、1年目で辞める人が一番多い」ということです。

3年以内に3割は辞めていくという現状を考えて、あなたはずっと今の仕事を続けていける自信はありますか? 3年経過して「新卒」の看板がはがれ、転職しても違和感がなくなるまで続けていられると言い切れますか?

たぶん、NOの人が多いと思います。

どのみち転職するとしたら、早いうちに転職したほうがキャリアのやり直しもきいて良いんだ!

僕はそう言いたい。

このまま働いたとして、辞めたい気持ちが改善する余地があるのかを考えよう

メリットデメリットとかデータとか、客観的な裏づけを提案したところで僕の話をさせてください。僕の意見としてはね、こうなんですよ。

今の仕事をし続けて、今の職場で働き続けて、辞めたい理由が改善する可能性はあるのかを考えてほしい。

考えた結果、それが改善する可能性がないと判断できるようなことに気づいたとしたら、新卒とか何年目とか関係なく辞めたほうがいいです。

たとえば、「今の仕事に向いてないと気づいてしまった」とか、「この会社ブラック企業やんけ!」と感じたとか、「他にやりたいことができた」とか…。

辞めないとどうしようもない状況にあると気づいた人は、思い切って辞めてしまいましょう。辞める勇気も大きなものだけれど、これからずっと仕事を続けていく勇気に比べたら、たいしたことはないと思いますよ。

とりあえずアクションを起こそう。行動の中で得られることもあるから

今は、勇気が出ないかもしれません。これからじっくりと、今の仕事・職場を辞めないとどうしようもない状況にあるかどうかを見極め、それから勇気を出していくんだと思います。

だから、最終的に辞める辞めないは一旦置いておくとして、簡単な形でもいいので転職活動を始めてみることをおすすめします。始めるだけタダですから。

おすすめは転職エージェント。

転職エージェントに登録すると、辞めるべきかの相談を転職のプロにすることができます。それに、新着求人をメールでチェックできる。

転職エージェントと一緒に、今よりいい仕事があるか・今よりいい職場があるかを探求することもできます。辞める勇気を出すためにも、転職活動をするためにも転職エージェントは役にたってくれますよ。

行動を起こすことで見えてくるものがある。勇気は後からついてくるさ。