悪魔的な言葉、繁忙期…!

精神的にも体力的にもすり減る、人類には早すぎるほどのクソ忙しいこの時期には仕事を辞めたいと思う人が増えます。

大抵は乗り切った後にその考えは消えているんだけど、問題はどう乗り切るかなんですよね。

ただただすり減らすだけだと、あまりに辛い。

今回は、僕が実践している繁忙期を精神的・体力的にも多少なりとも楽に乗り切る方法を紹介します。

繁忙期の間、プライベートは大人しくしよう

繁忙期を乗り切るための絶対条件、プライベートは大人しくしておくこと。

仕事が忙しいと帰ったあと、寝る前にお酒でも飲んでテレビを見てガハハと笑いたくなります。疲れたときほどビールというのは旨いもので、これがもうどうしたらいいことか…。疲れは最高のスパイスだけど、あまり飲むと翌日かえって辛くなります。

繁忙期にお酒を飲むというのは、仕事終わりにだけ体力が回復する行為です。

そのあとは体力が逆に失われるという、呪われし飲料になります。

間違っても、仕事終わりに飲みに行ったり遊びに行ったりすることが無いように! そういうのは後の楽しみに取っておくからこそ、繁忙期を乗り切れるというものです。精神的・体力的にもマイナスなことはしたらいけませんよ。

こまめに些細なご褒美を買う

衣食住に関する些細なご褒美を、こまめに買うと心が癒されます。

僕は衣食住だと最も食を重視しているので、食べ物をご褒美にすることが多いですねえ。たとえば、「今日は特に頑張った」という日にはアイスをグレードアップして、スーパーカップからハーゲンダッツにします。

仕事終わりがスーパーが開いていない時間になったとしても、コンビニにありますからね。

ご褒美にするのは、衣食住の中で自分が特に重視しているもの。衣を重視するなら安い小物を買ったり、繁忙期を乗り越えたら好きな服を一着買うと決めて頑張ったりする。住を重視したいなら、安いインテリア小物を買う…。

食は最も安く済むから頻度を高くできるけど、食を重視しない人にはあまり癒しになりません。

自分が重視することだからこそ、癒されるんです!

仕事の優先順位を視覚化しよう

仕事の繁忙期の乗り切り方を、仕事以外のところからアプローチしてきたけど、仕事自体も大事です。

繁忙期には優先順位が曖昧になったり、優先順位をハチャメチャに考えてしまったりして、てんやわんやになることがあります。どれだけ気を付けていたとしても、人間の頭は同時に複数のことをそんな正確に考えることはできません。

てんやわんやになるとミスも増えるし、ストレスも増大するし、それだけ辛くなります。

少しでもそれを減らすために、仕事の優先順位は常に可視化するようにしてください。パソコンに付箋を貼っておくとか、スケジュール帳に書いて常に携帯し、迷ったら開くとか…。見やすいところに見やすいように記しておくことで、てんやわんやを防げます。

常にそれを更新できるよう、手帳・ペン・付箋の三つは携帯しておきましょう。

何よりも睡眠を優先し、質を高めよう

繁忙期に大事なのは、まず何よりも「しっかりとした睡眠をとること」です。

しっかりとした睡眠というのは、何も「長時間寝ること」ではありません。短時間だとしても睡眠の質が高ければ、人間の体力というのは意外と回復します。もっと言えば、眠れなかったとしてもずっと目をとじて体を休めているだけでも、活動に支障が無いくらいは回復するものです。

意外と人間は丈夫。

ただ、効率的に休めなければガタがきてしまう。

睡眠の長さよりも「効率」「質」を重視しよう!

そのためには、「寝る前にお酒を飲まないこと」「寝る直前に湯船につからないこと」「寝る前にストレッチすること」などが重要です。あとは、自分に合う寝具を使うこともめちゃくちゃ大事!

繁忙期の前には、枕が自分に合っているかを確認しましょう。

睡眠は、最大の癒しだ。

繁忙期が終わったら、パーッと発散しよう

繁忙期が終わったら遊ぶ予定があれば、なんだかんだ繁忙期も乗り切れますよね。繁忙期が終わったら、パーッと遊んで心のストレスを発散させましょう。このときは、体よりも心を休めることを重視して自分のやりたいことを思いきりやってください。

最大の、自分へのご褒美です。

僕の場合は、「繁忙期の後、土曜日に昼から飲み歩きをし、そのままカプセルホテルに泊まる」というご褒美を自分に与えています。

飲み歩きが好きだし、カプセルホテルは大浴場も付いていて案外快適なんですよね。何よりもあの狭いワクワク感が好き…!

また、遊ぶ予定じゃなくても「繁忙期が終わったらこれを買う」と決めておくのも良い。オモチャオタクの友達は、繁忙期が終わるころに発売されるおもちゃを必ず予約してから仕事に臨んでいます。

本人いわく、「予約商品が届くワクワク感は、通常の買い物の3倍くらいある。通常の仕事の倍以上忙しい繁忙期の褒美としては、十分すぎるほど」らしいです。

繁忙期の間は体を休めることでストレスをため込まないようにし、こまめに発散させてやることで辛さを解消することが大事。

繁忙期が終わったらパーッと楽しんで、自分自身のペースをしっかり取り戻しましょう。

それがこれからの仕事の活力になるんだ!