生保レディの仕事は辛い。

訪問先で暴言を吐かれたり、契約が取れずに収入がダウンしてしまったり、特有の悩みがたくさんあります。生保レディを辞めたいなあと考えてしまうことも少なくはないと思います。

今回は、生保レディを辞めたいと考えている人にために、生保レディの悩みを改善する方法と、生保レディからの転職先としてオススメの仕事を紹介します。

この記事を読んで悩み解決の糸口を見つけてもらえたら嬉しいです。

よくある【生保レディの退職理由】まとめ

  • 嫌われている
  • 客の都合で休日返上しなければならない
  • 稼げない
  • 経費がきつい
  • 成績が悪いと肩身が狭い
  • 家族・親戚・友人知人を犠牲にしている感じが辛い

以上がよくネットで挙げられている生保レディの退職理由です。

生保レディは会社専属の個人事業主。

最低数万円の報酬は保証されていますが、「稼ぐためには契約を取りまくる必要がある」のが生保レディという働き方ですよね。

ただ、生保レディは嫌われ者。生命保険の話だとわかった途端に電話を切られたり心無い罵詈雑言を浴びせられたりすることがあるでしょう。

だからなかなか契約が取れませんよねえ。

休日返上で働いたとしても契約が取れなければ10万円にも満たない報酬しか得られません。

その上、活動経費がかかります。個人事業主だからもちろん自分で計上しなければなりません。

そして、チーム制の会社の場合は成績が悪いと肩身が狭くなり、人間関係がこじれる原因にもなります。

また、成績が悪ければ家族や友人たちに営業をかけることを勧められるのが辛いですよね。場合によっては友人と疎遠になってしまうこともあるでしょう。

以上のような悩みを抱えながら働き続けるのは、危険です。

「時間の融通がきくけど頑張りによっては稼げる」というのが生保レディのメリットだ、とネット上では語られています。

だけど、実際は休日返上で働くことがあるから意外と時間の融通がききません。

契約を取るのに必死になれば労働時間を増やさなければならないわけです。稼ぎたいと思っていても、結果が最低保証額だけというのはあまりにも辛い…。

生保レディのメリットをことごとく潰されている状況です。

このまま生保レディを続ける理由はありますか?

このまま状況が改善しないなら、転職すべきではないでしょうか。

契約を取れる生保レディになるためのポイント

生保レディの悩みは契約が取れないことに原因があるものが多いですよね。そこで、契約を取るコツを現役営業マンが伝授します。

1.客の選択を認めた上で質問を続ける

生命保険という言葉を聞くと、警戒する客が多いです。

警戒する客に対して「契約を取りたい」という願望をむき出しにするかのようにドンドン営業文句をぶつけていくと、どうなるでしょうか。

さらに警戒されて断られてしまいます。

まずは警戒している客を安心させなければなりません。

そのためには、相手の話を聞いて認めてあげることが大切です。

人には承認欲求があります。その欲求を満たすことが安心に繋がるんです。

たとえば「もう既に他の保険会社の保険に加入している」という客の場合。

その会社の保険に加入した理由を聞きましょう。

客が説明した理由に対し、相手の意志を尊重し認めるような返しをしてください。

「親戚から加入した」という客には「信用できる人から加入するのが一番ですよねえ」などと返すのが効果的です。

ただ、ここで質問を止めると何にもなりません。「何年前に入りましたか?」「再検討ってしました?」など次の質問に移りましょう。

「再検討していない」と言われたなら、「もしも今より良い条件のものがあればどうしますか?」と問います。

このようにして客の意思を認めた上で軽い質問を繰り返すことで、自社の保険を提案するきっかけを自然につくることができるんです。

2.商品と商品ターゲットを分析する

商品には必ずターゲットがあります。

提案する商品がどのようなターゲットを想定しているのかということをしっかり考えなければ、適切な商品を適切な人に提案することができません。提案する保険商品のミスマッチが発生すれば、客はその商品に魅力を感じず、契約が取れないんです。

まずは、会社が用意している保険商品の内容を分析しましょう。内容をしっかり分析することでターゲットが見えてきますよ。

あとはもう一歩踏み込んで「そのターゲットはどんなことを考えているのか」「どんな気持ちなのか」を想像してみてください。

ターゲットの潜在的な欲求や感情を理解することができれば、そのターゲットに対する適切な売り込み方がわかります。

つまり、契約が取れる可能性が上がるわけです。

3.ノウハウ本を読む

生保レディは個人事業主という雇用形態の営業職のようなものですよね。

営業ノウハウ本を読むことで成績向上に繋がる知識などが得られるのではないでしょうか。そこで、現役営業マンの僕がおすすめの営業ノウハウ本をいくつか紹介したいと思います。

凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

営業コンサルタントとして豊富な実績を持つ著者が、コンサルタント経験を活かして営業に使えるノウハウを紹介している本です。内容は「顧客の60の欲求」「世界最強のクロージングトーク」などさまざま。

この本に書かれているテクニックはどれも簡単なものですが、どれもが恐ろしいほどに効果を発揮してくれます。僕も何度も読んでいる本です。

営業の魔法

半年間売上ゼロのダメ営業マン小笠原がスーパー営業マンと出会い、さまざまな営業レクチャーを受けて成功を目指すサクセスストーリーです。さまざまな営業テクニックをストーリー形式で読むことができます。この本の魅力「テクニック」だけにとどまらず、「営業を行う者としてのあり方」まで語っている点です。

生保レディにも通ずる部分は大きいでしょう。

以上二冊が僕が超厳選したおすすめの営業ノウハウ本です。他にも良書はたくさんあります。自分に合うノウハウ本を探して読み、実践しましょう。

生保レディを辞めたい人におすすめの転職先候補

どうしても悩みが改善しないなら転職するしかありません。転職するときには「どんな悩みを解決したいのか」「どんな経験を活かしたいのか」を軸に仕事選びをしましょう。その参考までに、生保レディにおすすめの転職先候補を紹介します。

1.事務職

生保レディを辞めたい人には事務職がおすすめです。

生保レディと事務職には通ずる部分があります。

生保レディはパソコンを使って顧客データの管理をしたり、書類を用意したりすることがありますよね。さらに、納期管理や時間管理などさまざまな物事を細かく管理して仕事をしなければなりません。

事務もパソコンを使ってデータを管理したり書類を作ったり、さまざまな物事を細かく管理する仕事なんです。

そのため、生保レディは事務職に向いている可能性が高いのではないでしょうか。

また、事務職は残業が少なく休日が多いんです。時間的融通をきかせたい人でも安心の仕事と言えます。営業職や販売職ではないからノルマもありませんし、稼げなくなるということもありません。

生保レディの悩みの多くを解消できる仕事でもあるんです。

2.生保コールセンター

生保レディとして培った商品知識とコミュニケーション能力を活かせば、生保コールセンターのオペレーターの仕事ができるのではないでしょうか。

コールセンターには商品に関する説明やマニュアルなどが膨大にあります。それを覚える段階でつまずく人が多いんですが、既に生命保険に関する基礎知識がある状態なら商品知識の吸収も他の人より早いでしょう。

さらに、生保レディとして「商品の説明をしてきた」経験はコールセンターでも活きます。コールセンターもまた商品説明をする機会が多いですから。

3.保険代理店のカウンターセールス

生保レディの経験をフル活用したいと思うのなら、カウンターセールスをおすすめします。

カウンターセールスは「店舗に来た客に対して商品を売る」という営業手法です。生保レディと違って自分からアポイントを取ったり飛び込みをしたりする必要がありません。

さらに、来客のみを相手にする手法のためノルマも緩い傾向があります。

生保レディの悩みをしっかり解消できるんです。

その上、営業経験やコミュニケーション能力、生命保険に関する基礎知識などを活かせます。

生保レディの経験をフル活用したい人にとっては最適な転職先だと言えるのではないでしょうか。