SE(システムエンジニア)は未経験の転職者を積極的に受け入れる仕事ではありますが、何も知らない人が飛び込んでも門前払いを食らいます。

SEとは具体的にどういう人なのか? どんな人が向いているのか? どんなことをこれから学ばなければならないのかなどなど、これから知るべきことがたくさんあるんです。

少しでもSEの転職に興味がある未経験者の人に、元IT業界勤めの僕から転職するための知識と知恵と勇気を与えましょう!

まずは、SEの仕事の流れ、プログラマーとの違いを知ろう!

SEというのは、プログラマーとは異なる仕事をします。意外と知らない人も多いんですが、実際にプログラミングまでSEが行うことは稀です。じゃあSEは何をするの? というとプログラミングの前後の作業ですね。

まず、どういうシステムが必要なのかをクライアントと打ち合わせます。これは営業職が担うこともありますし、営業職とSEとが力を合わせて行うこともある仕事です。

その後はSEが要件定義として打ち合わせ内容をまとめます。あとは「データをどこから持ってくるのか」「どのように組み合わせるのか」「何を出力するのか」を基本設計としてまとめ、プログラミングをするための設計をさらに細かく行うんです。

設計が終わればプログラミングに「お願いします!」と仕事を渡します。

プログラミングが終わったらSEに仕事がかえってきて、今度は動作テストを行うんです。ここまでがSEが担っている仕事ということになります。

言わば設計者(SE)と制作者(プログラマー)の違いというわけですね。

SE未経験者が知っておくべきことをQ&A形式でまとめてみた

SEの仕事内容とプログラマーとの違いはなんとなくわかったかと思いますが、SE未経験者が転職するときには他にも知っておくべきことがたくさんあります。それをQ&A形式で簡単にまとめてみました。

Q1:SEになるには文系でも大丈夫?

文系でも問題ありません!

確かに理系の人だと論理的思考力が培われていると考えられるため、有利かもしれません。情報系の人はITの知識があるだろうし、工学系はプログラミングできるだろうし…。

ただ、文系には文系の武器があるんです。

それが…多数の文献を読みレポートを書いて培った読解力・理解力・伝達力だ!

まず、顧客がどのようなものを求めているのかを理解しなければなりません。その仕事には、クライアントや自社の営業が作成した資料を読み解く力が求められますし、クライアントや営業の話を理解する力が求められます。

次にそれをプログラマーに伝えなければならないんです。SEの設計・仕様書がわかりにくいとプログラマーは労力数倍マシマシです。そうならないためには、伝達力が必要だ!

こうして考えてみると、SEは文系向きな気さえしてきませんか? 僕はします。

Q2:SEに向いてる人の条件は?

  • 好奇心が強い
  • 機転がきく
  • 楽天的な人
  • コミュニケーション能力がある

論理的思考力・読解力・理解力・伝達力のほかに、上記の特徴・条件があります。全部備わっている必要はなく、なるべく多く当てはまっていれば問題ありません。順番から説明しましょう。

好奇心が強い人は、新しいことを学ぶことが苦になりません。未経験のSEという仕事に挑戦するときには勉強しなければならないことが山積みです。ITの基礎・プログラミング・システム設計の方法などなど…貪欲に知識を食らっていく好奇心が必要になります。

機転がきくというのも、トラブルが多いシステム開発の現場には必要な適正です。

日常茶飯事的に突発的なトラブルが発生する中、どのようにそれに対処するのか、対応に追われた分のスケジュールはどう埋めるのかなどなど…臨機応変にトラブルを乗り越えないといけません。

楽天的な人がSEに向いているというのは、「サーバーダウン」「誤作動が起きた」などの不測の事態において、「何とかなるさ」と前向きに考えながら行動できる人が強いということです。

何とかなるさ精神を持てないと、不測の事態が多いシステム現場で働くのは心がもちませんからねえ…。

最後に、営業や顧客・プログラマーなど様々な人と協力しなければならないSEには、必ずコミュ力が必要なんです。システム系の仕事は人と向き合わないと勘違いする人も多いので、そこはしっかり意識しておいてくださいね。

システムが人のためにある以上、それを設計するSEは人と向き合う仕事なんです。

Q3:スキルはどうやって学べばいいの?

未経験者がSEに転職するときに必要なのは、まず「ITに関する基礎知識」と「プログラミングに関する知識」の二つです。

SEの仕事となるシステム設計に関しては会社で教えてくれますし、その二つを理解していれば自ずと見えてきます。

ただ、その二つの知識が無ければ書類選考で門前払いを食らう可能性があるんです。

じゃあどのように学ぶかですが…。

ITの基礎知識は、ITパスポート取得を経て学ぶというのが良いと思います。

ITパスポートというのはIT系国家資格の最も基礎となるもので、「ITを利活用する人が備えるべきITに関する基礎知識の証明」のための資格試験です。これを取得していれば、IT関係の知識は備わっていると企業に見なされます。

これを取得するための勉強をすることで、ITの知識を学びましょう。

次はプログラムに関してですが、まずは何を学ぶかを決めてください。おさえておくべきと言われているのは「MySQL、SQLServer」などや「Java」などです。Javaは特に「つぶしがきく言語」と言われていますし、プログラミングのさまざまな知識・スキルを得るのに最適。

そういったものを習得することによりプログラミングで何が可能か不可能かを判断したり、設計の考え方に役立てることがSEには必要なんです。

ただ、意外とITパスポートだけでも転職自体はできます。

プログラミングを習得するのは「スムーズに仕事をするため」「転職市場価値をあげて、より良い職場に転職するため」と考えましょう。

ブラック企業のSEは真の地獄! 地獄を回避する方法を伝授します

SEは、平均年収が500~600万円と言われています。給料自体は決して悪くはないのに、世間ではSEの仕事をボロクソに言う人も多い…。それは何故かと言うと、ブラック企業の残業時間が尋常ではないからなんです。

月々の残業が80時間を超えれば過労死ラインの中、100・200・300時間残業している企業もあります。そんな会社で働けばデスマーチという言葉に表されるように、まさにSEは死の行軍と化しますよ。

大切なのは、ブラック企業を回避すること!

そのために転職エージェントを使って非公開求人を集め、残業時間の実態を探りながら自分の許容範囲内におさめることが大事です。

あとは…社内研修が充実しているかどうかも見てみてください。未経験がSEに転職するときには、大切なことです。

僕がここで説明した内容を踏まえて転職エージェントを使い、自分にとって良い求人を得ること! それが未経験がSEに転職して人生を好転させるための一番の近道です。