SEの求人を見て、僕は戦慄とした!

近年、SEの残業が問題視されているためか、「定時で帰れる」ことをプッシュする求人が割と出てきています。

冷静に考えると、おかしな話ですよね。「定時で帰れる」なんて、当たり前のことなのにアピールするほど、SEは残業が当たり前になっているわけです。

ただ、その企業が本当に定時で帰れるかどうかは置いておくとして、残業時間を短く記載する求人が結構台頭してきたことは良いことだ。

SEだけど、定時で帰りたい! という人は多いでしょうから。

定時で帰れる職場に転職したいSEのみなさん、そんな職場に転職するにはどうしたらいいか、一緒に考えてみませんか?

SE業界の悪習を考える

僕はSEじゃありませんが、IT企業に勤務しています。当然、SEの話を聞くことも多いし、SEの仕事に関してネットで調べることも多いです。その中で感じたのが、SE界隈やIT業界には悪習があるということ。

その悪習とは何か? 「人を手伝う」ということ。

助け合いと言えば美しいかもしれませんが、自分の仕事を早く終わらせた後、他人の仕事を手伝うことを強要されるというのは考えてみれば「はあ?」と言いたくなる話です。忙しい業界だから残業になる人もいるでしょうが、定時で仕事を終わらせた人が残業をしてまで、手伝いをするのはおかしい。

この忙しい業界、定時で帰る人は定時の間、色々な時間を削って仕事を早く終わらせようとしています。そんな人に「手伝え」と強要するこの業界の悪習は、あまりに酷! 仮に、定時の間人一倍仕事をしていても、残業を強要する。

忙しい仕事ということに胡坐をかき、本来無くすべき残業を是とするのは、怠慢だ! だけど、それを個人の力で無くすのは無理な話…。

結局、SEが定時で帰るには、職場選びも肝心だけど、個人の強い意志も大事になるんです。

僕は絶対定時で帰ってやるぞ、という意志を貫きましょう。

こんな会社は定時で帰れないから、避けよう

定時で帰る意志を持ち、貫くことを覚悟したら、今度は職場選び。

まず、「こんな会社は避けたい」という特徴を紹介しましょう。それは――。

『受託開発』

僕から企業名は出しませんが、IT系企業の中で「ブラック企業」と言われている有名企業を頭の中で浮かべてみてください。SEとして仕事をしていても、していなくてもニュースなどでそういう情報が入ってくると思います。浮かべましたか?

その会社、多くが受託開発なんです。

というのも、受託開発というのは稼ぐことに際限がありません。

企業は、どこもたくさん稼ぎたいと考えています。たくさん稼ぐには、たくさん受注するしかありません。たくさん受注するには、「発注しやすい会社」と思われることが大事です。だから、無茶な要求も呑むようになります。

納期短縮、急な要件変更・追加、色々な理不尽が降りかかる。

その上、際限なく受注される。

割を食うのは誰か? SEですよね。たくさんの仕事を、無茶ぶりにも耐えながらこなさなければなりません。自分の仕事が終わったとしても、また次の仕事を言い渡されて残業を余儀なくされることがあります。

人一倍仕事して定時で帰る意志を貫くと、上司からの評価が下がる理不尽もある。

ここが、生き地獄です。

だから、まず受託開発だけは避けましょう。

SEが定時で帰りやすい職場

受託開発の逆、自社開発を行う企業または、IT企業以外の情報システム部門が比較的定時で帰りやすいです。理由は、受託開発が定時で帰れない理由の逆を考えればわかります。

自社開発だから納期は多少自社都合で融通がきくし、そもそも無茶な納期を設定しないことが多い。受託開発のように客からの要求を断ることができないとか、際限なく仕事が舞い込んでくるということもありません。

自分の仕事を終わらせれば、後は定時で帰る意志を貫くことで定時で帰れるわけです。

上司も「常に定時で帰るなあ」とは思うかもしれませんが、残業を強要することはないでしょう。少し「手伝っていかんか」と注意される可能性はなくもないけど、それは業界全体の風潮なので仕方が無いと割り切るしかありません。

それでも、自分の意志と仕事ぶりによって残業を断固として避けられるだけ、受託開発より幾分か恵まれていますよねえ。

また、IT企業以外の情報システム部門の社内SEとして働くのも、選択肢に含めましょう。

これも自社開発と同じ理由で、定時で帰りやすいですよ。

冒頭で語った「定時で帰れる!」求人は真実か

最近は求人で「定時で帰れる」アピールする企業が増えたと語りましたが、それが真実かと問われると僕にはなんとも断言できません。ただ、残業時間を長めに書いている企業よりは、安全でしょうね。

多少下方修正しているかもしれませんが、たとえば「残業時間30時間」と書いている求人よりも「残業時間10時間」と書いている求人の方が残業時間が短いのは明らかだと思います。

残業時間30時間と書いているなら、少なくとも40時間以上はあるんじゃないでしょうかね。

下方修正はどうしても企業として「良く見せたい」思いがあるために避けられませんが、派手にやりすぎると後が怖いため、まともな会社は下方修正をするにしても10時間程度だと僕は思います。

訴えられたらたまったもんじゃないですからね。

ただ、あまり求人内容を真に受けない方が良いということは、「定時で帰れる」アピールをしている求人にも言えることです。

定時で帰れる職場に転職する方法

結局、狙うべきは「自社開発SE、社内SE」がベスト。

求人内容は真に受けすぎず、少し下方修正されている前提で求人を探しましょう。ただ、転職エージェントを利用して非公開求人を見ることによって、本当に定時で帰れる求人を手に入れることができます。

自分で探して地雷を引くより、転職エージェントの紹介された求人を狙う方が確実じゃないでしょうか。

紹介された求人に関して、「実際残業時間どれくらいなんですか?」と聞けば、下方修正されていない残業時間を知ることができます。そうやって地雷求人を避けるように努力しながら、定時で帰れる自社開発SE、または社内SEの求人を探しましょう!

受託開発は地獄絵図、定時で帰れる可能性は極めて低い。

だから、自社開発・社内SEになって、定時で帰る意志を貫き通そう!

職場選びをしても、最終的に重要なのは自分の意志ということを忘れずに。