SE1年目、期待やる気に燃えていた。SE2年目、なんだか結構しんどくなった。SE3年目、仕事を辞めたい…。

SE3年目で「辞めたいなあ」「転職しようかなあ」と思っている人、安心してください。「辞めたらあかん」なんていうことは、ありません。「転職したら後悔する」という可能性は、それほど高くはないです。

よく頑張りましたね。

SE3年目、辞めたい・転職したいと考えている人は、本格的に転職を考え始めましょう。

3年目はむしろ長い

SEは、「また一人消えたか…」ということがよくある仕事です。新卒入社した人が、自然とどんどん消えていくんですよね。だから、システムエンジニアは万年人手不足と言われています。僕は営業だけど、IT企業に勤務しているからSEの話を聞くことも多いです。

また、ネットで調べることも多い。

だから、「3年目まで続けるのは、むしろ長いなあ」と感じるんですよ。「SEを辞めたいです」と言う前に辞めている人が多いから。「辞めたいなあ」と悩んでいる人は、凄く真面目なんだなあと思います。

「3年目だけど辞めて大丈夫かな?」という心配はありません。

「まだ続けるべきかな?」全然、そんなことはないでしょう。

新卒入社3年目なら、チャンス!

もし、あなたが今新卒入社してから3年目なら、まだ第二新卒として扱われますよ。

第二新卒は新卒の次に、採用市場価値が高いと言われています。第二新卒というのは、企業にとって非常に都合がいいんです。新卒と違って社会人としての基本は備わっているものの、前の企業に染まり切っていないフレッシュさを兼ね備えています。

また、若いから吸収力があるというのも武器になりますね。

企業によっては「3年目で辞めた」というのは、「自分に合う・合わないということをハッキリ判断することが出来、素早く見切る判断力がある」と前向きに判断することもあります。第二新卒の採用に積極的な企業は、大抵そういう評価になるようです。

ただ、第二新卒として扱われるのは3年目の今まで。

今がギリギリの時期! 辞めたいなと思いながら、これ以上グダグダとしたら? 転職が今よりは難しくなるわけです。

辞めるなら、今でしょ!

3年目は向き不向きがハッキリする時期

入社時は知識も技術も無かった人がSEになったとき、3年目は向き不向きがハッキリする時期のようです。入社1年目は知識と技術を叩きこむのに必死だから向き不向きはわからず、入社2年目はガムシャラに制作を頑張っているからこれも気づけず…。

3年目になって自分の技術やSEの仕事の理解度が客観的に判断できるようになり、自分は向いていないと悟る人が多いです。

中には3年目に、今までわからなかったことが一気にわかるようになるという人も大勢います。「神が舞い降りた!」とか言っている人が、うちの会社にもいましたしねえ。

神が舞い降りた人は、そこから何年も続けられるんだと思います。ただ、3年目になってもまだ神が舞い降りない人はSEの仕事に向いていないんでしょう。だから、このまま続けても成功はないと思います。

だから、向いていないのだと割り切って転職しましょう。

異動で解決する可能性は?

会社がどうこうというよりも「SEなんてもう嫌だ!」という人は、異動をすることで解決する可能性もあります。

たとえば、SEから営業に異動という人も案外多いんですよ。実際営業部にいると、元SEという人がそれなりに目立ちます。営業からSEは難しいんですけどね。専門知識や技術が無いとキツイから。

だけど、SEから営業なら「制作経験」があるため、むしろ強みになるんです。

人事異動を申し出て営業職になるというのも、良いかもしれません。ただ、人事異動は全体的なバランスを考えてGOサインが出るものなので、営業部が人を欲していない場合は成立しないのが辛いところです。

まあ、そのときは転職に切り替えたら良いだけの話。

一度は、異動を申し出るのも良いかもしれませんよ。

SEから転職が狙える、オススメの職種は?

一番は、IT企業の営業職。

IT営業はブラックな職場も多いけど、転職エージェントを使うなどして職場選びを徹底すればホワイトな職場に転職可能です。営業職は、ホワイトな職場だと結構いい仕事ですよ。それなりに稼げて、それなりにサボれて、それなりに休みも取れます。

SEからIT営業なら、専門知識を活かして他の営業マンと差を付けることもできるでしょう。

もし、SEに向いていなくても営業なら向いているかもしれませんしね。

ただ、中にはIT企業はこりごりという人もいると思います。SEから転職が狙えて、他にオススメと言えば、たとえばこういう業界・職種がありますねえ。

  • メーカー
  • WEB関係
  • 事務職

メーカーはどの職種もいいですね。法人営業だとメーカーはルート営業が多いから、残業が少なくマイペースに仕事が出来る点がオススメです。営業未経験からでもしっかり勉強できますからね。

WEB関係は、実際SEから転職する人が多い業界です。

実際、時代的にはSEよりもWEBの方が将来性もあるでしょうからね。ただし、SEに向いていないと自覚している人がWEB関係に転職する場合は、結構ギャンブルです。特に制作系の部門だと似ている部分が多いため、WEBも向いていないということもあり得ます。

ただ、WEBはSEよりも創造的な部分が多く、SEはダメでもWEBはOKという人もいるんですよね。

難しいところですが、WEB制作に興味があるならチャレンジするのも良いでしょう。

あとは、未経験からの転職が比較的簡単な仕事の王道として事務を入れています。他にも選択肢はたくさんあるかもしれませんが、僕からオススメするのは上記三つのどれかです。とにかく、SEを辞めるなら早い方が良いでしょう。

このまま、辞めたい辞めたいと思いながらグダグダ働いていても身になりません。

SEから営業部に異動願いを出して異動してきた人がいますが、彼は今イキイキと働いています。彼が言うには「SEにいたときは生きるしかばねだった」ようだけど、今は生気に溢れて金曜日に行きつけのバーに飲みに行くのが楽しみの様子。

仕事を変えるだけで、人生は変わる。

SE3年目、転職のチャンスを逃すな。