レンタカーの仕事を続ける道も、経験を活かして違う仕事をする道も、あなたの目の前には開かれています。

レンタカーの仕事は、大変ですよね。仕事の量が多く、忙しくなりがち。そのうえ、事故など深刻なトラブルが発生する可能性があります。レンタカー会社を辞めたいと思うのも、仕方がないのかもしれません。

そこで、レンタカー会社を辞めたい人にオススメな転職先などを紹介しましょう。

レンタカーの仕事は激務! このままだと体を壊すかも

レンタカー会社は残業が多いですよね。

「閑散期でも毎月50時間以上の残業がある」と語る人が多いです。レジャーシーズンの繁忙期になると、月の残業時間は80~100時間にもなります。

そもそも、レンタカー会社の仕事はやる事が多いんですよね。

お客様からの電話対応、予約データの処理。出発対応、返却対応、洗車、回送業務、トラブル対応などなど…。

これだけの業務をこなさないといけないのだから、閑散期でも残業が多くなるのは当然と言えるでしょう。ただ、これだけ残業ばかりだと、身も心も休まる暇がありませんね。

レジャーシーズンが繁忙期だから長期休暇も取りにくいでしょう。世間と休日感覚がどんどんずれていく。それも辛いのではないかと思います。

こんな生活を続けていると、体を壊してしまいかねません。

日常生活で自分の時間をしっかり持てる。身も心も休める。そんな会社や仕事に転職したほうが良いのではないでしょうか。

レンタカーの仕事を続けながら激務を解消することはできる?

レンタカーの仕事を続けながら、激務をある程度解消することはできます。

ただし、レンタカー会社が激務になる原因である「仕事量の多さ」は解消できません。どのレンタカー会社でも付いて回る業務ばかりですからね。

それでも、残業を減らすことができるんです。

交代制勤務の営業所は、残業が少ない傾向があります。

残業をしようにも、次の時間帯の人が来ますからね。次の人に引継ぎを行えば、もう帰ることができるんです。残業が発生するとしたら、引継ぎに時間がかかったとか、どうしてもやらないといけない作業が残っているときくらい。

レンタカー会社は営業所ごとに営業時間が異なる。中には24時間営業のところもあります。そのため、交代制勤務の営業所は探せば見つかるでしょう。

そして、中途採用の場合は営業所ごとに採用を行うのが一般的です。交代制の営業所を選ぶことができます。

交代制の営業所を探して転職すれば、激務を解消することができるのではないでしょうか。

レンタカー会社を辞めたい人にオススメの転職先

1.タクシー運転手

タクシー運転手は、レンタカー会社に比べてプライベートの時間を作りやすいんです。

タクシー運転手の働き方には「日勤」「夜勤」「隔日勤務」の3種類があります。その中で、主流となっているのが隔日勤務です。

隔日勤務では出勤日に14~15時間程度働くことになります。その分、勤務が終わったその日は終日休みの明番となるんです。

つまり、出勤・明番・出勤・明番と繰り返してくわけです。

そして、週に1日は丸々1日休日の公休があります。

出勤日は月に12時間程度しかありません。

だから、プライベートの時間を重視する人にはタクシー運転手への転職をオススメします。

2.レンタルカートのスタッフ

レンタルカートのスタッフは、レンタカーの仕事の経験を活かせる仕事です。そのうえ、レンタカー業務の面倒な部分を排除できます。

レンタルカートの仕事は、レンタカーの仕事と似ているんです。

レンタルカートという言葉自体、レンタカーと二文字違いで似てますしね。

冗談はさておき。

レンタルカートの仕事は、予約電話対応、来店客の受付対応、カートの説明、走行中の監視、洗車などの簡単なメンテナンスなどです。

ね、似ているでしょう?

ただ、レンタカーとは決定的に違う部分があります。

レンタカーは客が会社の車をある程度好きに乗り回すことができますよね。そのため、さまざまなトラブルが発生します。たとえば、盗難や衝突事故による怪我や死亡など、深刻なトラブルが起きる可能性もありますよね。

さらに、レンタカーは違う営業所の車を貸し出すことがあります。そのため、回送業務が発生するわけです。

一方、レンタルカートは店の敷地にあるサーキット内で走らせる程度。トラブルはあるものの、レンタカーに比べて深刻なものは少ないです。日常的に起こるのは、スピンした際に砂地に後輪がハマって動けなくなったとかその程度。

クラッシュはよくあるけど、それで打撲やむち打ちなどの怪我をすることはありません。安全対策をしっかりしていますからね。

そして、違う店舗のカートを貸し出すこともないんです。

だから、レンタルカートはレンタカーの業務経験を活かしながら、面倒な部分は排除できる「良いとこどり」の仕事と言えるのではないでしょうか。

3.カーディーラー

車が好きでレンタカー会社に入社した人や、接客が好きな人には、カーディーラーがオススメです。

カーディーラーには、営業と整備の二種類の仕事があります。

営業の仕事は、お客様がどんな車を欲しているのかを聞き、お客様の要望に適した車をオススメすることです。ときには、アフターサービスのために、お客様のところに訪問することがあります。

車もそうだけど、人と深く関わる仕事です。

整備の仕事は、販売している車のメンテナンスや、お客様の車の一般整備・定期点検などを行うこと。

レンタカーの仕事をしていて「お客様対応をするのが楽しい」と感じた人には、営業がオススメです。

「洗車が楽しい」と感じた人には、整備をオススメします。

どちらも、車やお客さんと深く向き合う仕事。車が好きな人や接客が好きな人は、レンタカー会社の仕事よりも、大きなやりがいを感じることができるのではないでしょうか。

4.事務職

激務な仕事も、客商売も、体を動かす仕事も辛い。向いてない。そう感じている人には、事務職がオススメです。

まず、事務職は残業がほとんどありません。無茶なスケジュールの仕事はほとんどありませんからね。

もちろん客商売ではないし、体を動かす場面もかなり少ないです。

そして、レンタカー会社でも事務作業をしていたでしょう。その能力と経験を活かせる仕事でもあると言えます。

だから、レンタカー会社を辞めたい人には、とてもオススメな仕事ですよ。