野村総合研究所(NRI)はSIer大手であり、コンサルティングファーム大手であり、最大手シンクタンクでもあるという凄まじい企業ですよねえ。凄まじいのは事業の幅と大きさだけではなく、企業としての魅力が大きいのもそう。

ただ、openworkキャリコネカイシャの評判という企業口コミサイトで調べたところ、たくさんの退職理由・気になる点が挙げられていました。

そこで、野村総合研究所を辞めたい人のために、よくある退職理由をまとめながら、転職の考え方と戦略を掘り下げてみたいと思います。

事業会社でシステムの仕事がしたい

SIerではなく、さまざまな事業会社でシステムの仕事がしたいという口コミが圧倒的に多いです。同時に「SIerの中ではオススメしたい会社」「SIerの中ではかなりのホワイト企業」と会社を褒めている人が多いのが、野村総合研究所の退職理由の特徴と言えます。

いわゆる「情シス」と言われる仕事に転職したいと考える理由は、SIer特有の勤務形態や給料等に関するものではないということです。

じゃあ何かというと、次のような意見が主流でした。

  • 仕事はピラミッド構造で、末端タスクしかしないことが多い
  • ひとりで全てを俯瞰して仕事を進めていきたい
  • もっと総合的な経験を積みたい
  • 保守業務が圧倒的に多く、つまらない(飽きた)

野村総合研究所は、特に大きなプロジェクトだと完全なピラミッド構造になります。役割を徹底的に分担し、上流下流を分け、下流工程の中でもさらに細かく区分けするんですよね。だから、下のほうにいくにつれてどんどん仕事が不明瞭に感じてしまいます。

その中で末端のタスクの仕事ばかりというのでは、確かに面白くありません。折角の大規模プロジェクトなのに勿体ないですよね。

だから、ひとりで全体を俯瞰・把握して仕事を進めたいと思うし、総合的な経験を積みたいと思うのでしょう。

この意見は僕もすごくわかるんですよ。

僕は自分の進めている仕事の流れを全体的に把握しておかないと気が済まない性分で、細分化されていくような仕事には向いてないのかなあと思うことがあります。

だから、僕は転職しても営業を続けているのかもしれません。もちろん、他にもたくさん理由がありますけどね。営業職は自分の仕事の裁量が大きく、全体を把握できますから。

プログラマーならSEに、SEならディレクターや営業職になるというのもアリなのではないかと思います。

SEはプログラマーに比べると全体を把握しやすいです。

ただし、現在SEとして働いていて以上のような悩みがある人が野村総合研究所では多いんですよね。だから、転職してSEになる人や転職後もSEを続けたい人は、情報システム部に転職しないといけないわけです。

情シスが全体把握しやすい理由はさまざま。

まず、SEなど専門的な知識を持つ人間が情報システム部内にしかいないということ。そして、少数精鋭で人材を揃えたがる会社が多いため、ITを専門とするSIerほど大勢SEがいるわけではありません。

大きなプロジェクトも小さなプロジェクトも、業務を徹底的に細分化はできないんです。

だから、総合的な経験を積みやすいし、全体を俯瞰しやすいと言えます。

また、保守業務が多くてつまらないというのは、会社の方針的に仕方がないのかもしれませんね。

企業ごとに「こういう案件が得意」というのはどうしてもありますから。

競合他社や競合していないIT企業などを分析し、自分が好む案件を得意とする会社や幅広い案件を得意とする会社を探し、転職すると解決するのではないでしょうか。

コンサルタントに向いてない

「コンサルタントに向いてない」という退職理由は、コンサルティングファームあるあるですよねえ。

コンサルタントの仕事内容に適性があるかどうかもそうですが、「飽きるかどうか」という向き不向きもあります。コンサルタントの仕事内容と能力とは合致していても、ずっとその仕事をするのがつまらないという人が野村総合研究所の口コミに多いですから。

それなら、自分がどういう仕事を楽しいと感じるのかを徹底的に分析しないといけません。

たとえば、僕の友人のひとりは「人を楽しませるのが楽しい」ということで「イベント会社」に勤務しています。そこで新しい取り組みを発案し、今ではイベント運営とバーチャルYoutuberの企画運営とを両方行っているんです。

自分に合う仕事というのは、能力と「楽しさ・興味」とが一致する仕事なのではないかと、その友人を見ていて僕は思います。

彼は「アイデア力」「折衝能力」などを活かしてイベント会社で働き、見事新しいアイデアを実現させ、飽きることなく働き続けているわけですからね。

その要領で仕事を探して転職すれば、あなたにとっての「天職」に巡り合えるのではないでしょうか。

ただ、能力的に向いている仕事の中から「楽しさ・興味」を抱くことができる仕事を探すのは、一筋縄ではいきません。さまざまな仕事と、その適正を知らないといけませんからね。

そこで、転職エージェントを使うことをオススメします。

転職エージェントにはさまざまな仕事と、その向き不向きのデータがあるんです。あなたの能力的な適性を客観的に判断してもらい、そこからあなたに向いてる仕事を複数オススメしてもらえます。

そのオススメされた仕事の中で、自分の興味や楽しそうという気持ちが一番動いたものを選べば、それが天職というわけです。

出世の限界を感じ、早い段階で離脱しようと考えた

「野村総合研究所では出世に限界がある」と退職理由で語る人が多いです。

「先輩社員を見ていて感じた」という人もいれば、「上がかなり詰まっているように感じた」という人もいます。出世がしにくいのは大企業全体がそうですが、野村総合研究所は特に「上が詰まっている」「保守的な社風」などがそれに拍車をかけているのでしょうね。

また、昇級ペースが5年目以降は落ちるというのも「出世に限界がある」ということを「退職」に結び付けている原因のようです。

なかなか出世しないし、昇給もしにくいとなれば、早いうちに転職してしまった方が良いでしょう。

出世がしたいのなら、大企業よりも中小企業のほうがオススメです。大企業出身者は能力を高く買われて期待されます。そこでしっかりとした実績を残せば、出世できる可能性が高いです。

また、最初から管理職候補として求人に応募することもできると思います。

ネックなのは「大企業の管理職よりは給料が低くなること」ですが、それでも給料が比較的高い中小企業を選べば、大企業の平社員よりは断然良い給料を得ることができますよ。

野村総合研究所で働き続けることに可能性を見出せないのなら、可能性が高い方に賭けたほうが良いのではないでしょうか。