転職するときに気になるのが無職期間。

確かに無職期間が長いと不利になるという側面はあるものの、転職ができなくなるということは全くありません。

辞めてから転職するまでの空白期間が採用にどのような影響を与えるのか、転職時に気を付けるポイントはあるのか…。

無職期間が長い人も安心して転職できるような情報を、転職経験者の僕が紹介しましょう。

無職期間の長さごとに採用への影響を考えてみた

空白期間が転職に与える影響というのは、期間がどれくらい長いかにもよって変わってきます。無職期間3ヶ月・6か月・1年・2年以上とに分けて、その影響を考えてみたので、一緒に見ていきましょう。

無職期間3ヶ月程度の人

3ヶ月程度は、適正な空白期間です。

転職活動というのは、大体3ヶ月はかかると言われています。働きながら転職活動をしたという人以外、ほとんどの人が3ヶ月くらい空白期間があるんです。何をしていたのと言われても、普通に転職活動をしていましたと答えれば問題ありません。

転職の無職期間というか、転職活動期間の平均が3ヶ月程度。

無職期間6カ月以上の人

半年以内であれば、特に大きな問題になることはありません。そもそも失業手当は自己都合退職の場合3ヶ月の待期期間があり、最初の受給があるのは約3か月後なんです。手続きがスムーズに進まなかった場合、4か月後・5か月後になることもあります。

失業手当のスケジュール的には、辞めてから半年というのはまだ普通に給付を受けている期間です。

これは国が「半年くらいは空白期間あってもおかしくないでしょう」と言っているようなものなのではないでしょうか。

ただ、半年を超えてくると面接官の印象が少し変わります。

無職期間が6か月を超えると、面接官を納得させる理由が必要です。ただし、そこまでハードルは高くなく「転職活動が迷走していたが、ここ最近やっと自分がやりたい仕事・働きたい会社が見えてきた」というもので、納得してもらえます。

無職期間が1年くらいある人

転職前の無職期間が1年を超えると、普通に転職に不利になります。

立派にニートと呼ばれてもおかしくなくなってくるくらいの長さだということを、自覚しておきましょう。ただそんなに悲観することはないと思うんです。1年くらいは計画的に空白期間を求める人、結構いますよ。

面接で納得してもらいやすい理由付けも、1年程度ならたくさんあります。

これから動き始めれば、不利を覆すことも可能です。

無職期間が2年を超えた人

無職期間が2年を超えると、世間から見ると完全にニートです。

働く意欲が無いと判断されてしまいます。働く意欲があるのなら、休むのはそこそこに転職して1年もあれば普通に働きに出ているだろうと思われるんです。2年ということはあまり働きたくない人なのではないだろうか? と。

さらには、2年もブランクがあると職務能力に不安があります。

以上の理由から採用担当は、2年以上のブランクを嫌うんです。

無職期間が1年程度なら対策も案外簡単だけど、2年以上からは少し特殊な対策が必要になります。

「この空白期間は何をしていましたか?」に備えよう

無職期間があると、その長さにかかわらず「この空白期間に何をしていましたか?」という質問をされます。つまんねえこと聞くなよ! と僕も思うけど、採用担当としてはポジティブな理由を期待してこういう質問をするんです。じゃあ期待される答えを面接官に差し上げようじゃないか。

仕事に対する意欲があるというアピールをしよう

企業の採用担当が求める「ポジティブな答え」というと、「仕事に対する意欲がある」というアピールが挙げられます。働く意欲が無いと判断されると転職に不利になるのなら、働く意欲があると判断されれば良い!

そのための答えの例は、「転職先をじっくり探すため、バイトをしながら転職活動を進めていました」などが自然ですね。

半年から1年くらいならこの理由で全く不自然さはありません。

空白期間が1年以上空いていたなら、「休みながらも勉強を欠かさなかった」など意欲はあったが敢えて長い空白期間を設けていたというアピールをしましょう。

計画的な空白期間だとアピールしよう

空白期間が無計画なものだと、採用担当は眉をひそめます。

1年程度の空白期間なら、計画的に設ける人が多いです。計画的に空白期間を設けていたとアピールしたとしても、不自然ではありません。ただ、どうして空白期間を転職計画に含めていたのかという理由付けはしっかりしましょう。

たとえば…。

「前の会社の空気ややり方を持ち込まないため」
「再転職を繰り返さないために、自分自身を振り返り、慎重に転職を進めるため」

僕ならそういう感じで理由を作ります。

ポイントは「心身ともに疲弊していたため」など、ネガティブな理由を付けないことです。なるべくポジティブなニュアンスになるようにしたほうが、面接では好印象ですよ。

2年以上のブランクがあるなら、正直に答えよう

空白期間が2年を超えると、もっともらしい理由を付けるのが難しくなります。何をどう言っても言い訳チックになるため、正直に答えたほうが良いです。ここで難易度の高い嘘をつくと面接の受け答え全体に矛盾が生じ、そこを突かれる可能性が出てきます。

わざわざ嘘をついて評価が悪くなるくらいなら、正直に生きよう。

正直な人だと、良い評価を得る可能性も無いわけではないですからね。

無職期間が2年以上の人は、小企業や零細企業を狙え

無職期間が2年以上になってしまった人は、小企業・零細企業をターゲットにすると良いと思います。

小企業・零細企業は、人を雇うときに社長一人の判断が重視されることが多いです。そもそも人事部なんていうのもありませんから、面接も基本的に社長が自ら行います。社長と社長に信頼されている人間で選考を行うため、社長に気に入られることができれば転職可能です。

また、中規模以上の企業よりも人柄を見て選考を行う傾向もあるため、採用確率は上がります。

小さな会社だと待遇などが心配と思うかもしれませんが、好待遇な大企業を目指したとしてもいきなりは無理です。

むしろ社員が少ない分、ブランクを早く回復することができるし多くの経験をさせてもらえるため、未経験だとしても大手よりスキルが付きやすくなります。そこから段階を経て中規模以上の企業・大企業を目指すほうが、将来的には待遇が高くなりますよ。

転職で空白期間が長くても大丈夫! 転職はできますよ

辞めてから転職するまでの無職期間があったとしても、大丈夫! 1年程度までなら理由付けだけでなんとかなるし、2年以上あったとしても段階を経ることで望む転職を果たすことができます。

転職エージェントをまだ使ってないなら、アドバイスも得られるので早めに使っておくとよいですよ。

対策すれば、無職期間なんて怖くないさ!