契約社員は微妙な立場ですよね。

正社員と同じような仕事をこなすけど、有期契約という地盤がイマイチ安定しない立場。

正社員と同じ仕事をこなすけど、正社員より給料が少ないという労働と賃金がイマイチ見合わない立場。

さらには、アルバイトとの違いも不明瞭と言われる始末。

…辞めたくなりますよね。

今回は、今の仕事や会社を辞めたいと思い始めた契約社員の方に向けて、転職経験者の僕なりに転職に向けた心構えや考え方、転職活動のポイントなどを語りたいと思います。

ぜひ参考にしてみて下さいね!

辞めたいときに辞めれる自由。それが、契約社員の特権

契約社員は正社員と似たような仕事をしているがために「自分も社員の一員だ」と思いがちですが、僕は「社員の一員」というよりも「バイトの仲間」として考えています。

契約「社員」なんて仰々しい名前ですし、バイトと違ってガッチリ雇用契約書を書かされるんですが、非正規雇用という点で同じです。

社員と同じ仕事をしても、責任は社員と同じではありません。

5年更新されれば正社員に登用しなければならないという法改正で少しざわついていた時期もありましたが、結局状況はそれ以前とあまり変わっていないように思います。

契約社員は非正規として優秀な人以外は正社員登用になる前に切る。

そして、労働者側も5年間同じ会社で契約社員をやっていることは少ないですよね。

契約社員だからこそ、辞めたいなら辞めればいい。

そういう意味をこめて、冒頭の言葉を贈りました。辞めたいなら、辞めればいいんです。

ただし、辞めるなら転職についてよく考えないといけませんよ。

次は何者になろう?

契約社員として働いている今の職場を辞めて、次、あなたは何者になりたいですか?

引き続きどこかの会社の契約社員として働きたいのか、同じ職種で正社員になりたいのか、違う職種の正社員になりたいのか…色々な選択肢が考えられますよね。どの選択肢を選ぶのも、自由です。

転職をするなら、まずこれを考えるところからスタートしましょう。

単にフィーリングで決めてもいいんですが、やはり将来のことを考えて選ぶのが一番いいです。

どういう働き方をするのかはそれぞれの自由ですが、僕はこういった働き方をオススメします。一人の他人の意見として、参考にしてやってください。

今と違う職種なら契約社員で経験を積んで、正社員になるのが良いでしょう。今と同じ職種なら、思い切って正社員になるのがオススメです。

未経験の職種で契約社員からいきなり正社員と言うのは、やはりハードルが高いので一度契約社員として二年くらい経験を積むのが良いと思います。

クッションを置くことで、労働者は転職をしやすくなりますし、雇う側も雇いやすくなるでしょう。

そうではなく、今と同じ職種なら、契約社員で経験を積んだということを活かすことができるので、正社員で今より良い待遇を得るほうがいいです。

「契約社員からだと不利じゃないか?」という不安もあるでしょうが、不利なことはありません。

自分がどれほど経験を積んだかをアピールすれば、十分戦えます。

また、契約社員は場合によっては、「正社員と同じ仕事をしているのに、正社員の半分しか給料がもらえない」ということもあるので、やはり金回りのよさでは正社員には勝てません。

このようにして、自分にとってどの選択肢を選ぶのが一番いいのかを考えましょう。

契約社員から正社員になるなら…?

契約社員から正社員へと転職をするなら、職場選びは特に慎重になったほうがいいです。

給料が良いということだけを重視して正社員への転身を図ろうとする人もいますが、それではいけません。確かに契約社員から正社員になる意味って、ハッキリ言ってお金ですよね。

僕もさっき、金回り云々と言いましたし…。

ただ、給料の良さだけを追いかけていると、落とし穴に落ちてしまいます。

その落とし穴とは何か…残業地獄、休みが少ない、プライベートの時間が取れないということです。

契約社員のメリットというのは、比較的プライベートの時間をとることができる点にあります。

場合によっては契約社員にもブラック的な労働時間を課しているところもあるんですが、一般的には契約社員は正社員より残業が少ないもんです。

だから、正社員になるということは残業が増えることとほぼ同義にだってなり得ます。

それどころか、残業&残業そしてまた残業の残業ループ地獄にハマってしまうこともあるんです。

また、休みが少なかったり休日に呼び出されて休日出勤したり…。給料だけを追い求めると、ブラック企業に吸い込まれることが結構あるんですよね。

給料が少ないブラック企業は明らかブラックでわかりやすいんですが、給料「だけ」は良い体面を取り繕っているブラック企業もあるので厄介なんです。

正社員になるなら「給料」と他の自分が優先させたい条件のバランスをとるように心がけましょう。

休みが多いほうがいいなら「年間休日120日」を目安として探し、残業が少ないほうがいいなら自分が限界を感じる一ヶ月の残業時間を目安として探す。

それらの条件を叶えている求人の中から、比較的給料が良いものを選ぶんです。

「簡単に言うけど、難しいよね?」と思われるかもしれません。

難しいですが、簡単にする方法もあります。

契約社員から正社員への転職は人を頼れ

契約社員から正社員への転職のハードルを下げる方法として、「プロを頼る」ということをオススメします。

希望条件を叶えながら給料を今より上げるというのは、一人で求人探しをすると意外と難しいんですよ。

だから、転職エージェントという転職のプロを頼ることで転職を楽にした方がいいんです。

転職エージェントを頼る場合、まず自分の優先する給料以外の希望条件を伝えます。

その後で「給料は現状維持以上で」と伝えると、希望条件を極力満たしながら給料が今と同じかそれより上の求人の紹介を受けることができますよ。

そして何よりも、契約社員から正社員への転職という前提をしっかり踏まえてくれるので、契約社員からの転職が無茶だと考えられるような求人はそもそも紹介されません。

紹介される求人=手が届く求人ということで、安心できます。

僕は「転職するならエージェント使ったほうがいいぜ!」と事ある毎に言っていますが、契約社員の人には特にオススメしたいです。

未経験職種の正社員に転職したいなら

未経験の職種で契約社員から正社員に転職をするなら、ハードルは大きく上がります。不可能ではありませんが、しっかり腰を据えてかからないといけません。

未経験の職種の正社員への転職でアピールすることができるポイントは、契約社員という雇用形態で働いて何を得たかということでしょう。

もちろん、その職種に共通する技術や知識・経験があるならそれをアピールすると選考はスムーズに進みます。

雇う側は「契約社員からの正社員で、しかも未経験」というところに不安を覚えるもんなんですよ。

そこで、「契約社員で何か仕事について学んだ点があって、それをこの仕事でも活かすことができるのではないかと考えている」とアピールすれば、雇う側の不安も少しは和らぎます。

また、少なからずネガティブに捉える人の多い「契約社員」という働き方をポジティぶに捉えているというのも、若干好印象です。

これは契約社員の人全体に言えることかもしれませんが、僕は契約社員が転職において不利というのは、契約社員として仕事をしてきた労働者が、どこかで「契約社員」という肩書きや経歴を悲観的に考えているからだと思っています。

自分自身がそれを誇り、認めることができなければ、他人がその経歴を認めてくれるわけがありません。

契約社員で今の仕事を辞めたい人へ…真っ先にやるべき作業は、認めることだ。だって、あなたは立派に仕事をしてきたんだから。それだけで十分、誇れることです。