1週間のシャチク。

今の職場に、契約社員として入社して早1週間。非常識かもしれないとはわかっているものの、もう辞めたい! だけど、本当に辞めていいのか迷うし、職歴に傷が付いたりしないのだろうかと不安に思っている人は多いでしょう。

契約社員が1週間で辞められるのか、色々問題はないのか?

全く問題なくはないけど、どうしても辞めたいのなら1週間で辞めるのもアリ!

契約社員は、中途退職不可能?

正社員だったら、雇用期間に定めがないから「いつ退職してもOK」なんですよ。ただ、契約社員は「契約期間1年」など、明確に雇用期間を定めています。だから、やむを得ない理由や事情が無い限り、原則「契約の途中解除は不可能」とされているんです。

クーリングオフがきかない契約というわけですよ。

逆に言えば「雇用している側も特別な理由が無い限り途中解約できない」わけですが…。

「それなら辞められなくない?」と思うでしょう。はい、原則は「辞められない」とされています。ただ、原則無理というだけで退職が絶対不可能ではありませんし、会社側の契約違反があれば途中解除が可能です。

会社側の契約違反というのは、たとえば「採用時に示された労働条件と、実際の条件が違う場合」が当てはまります。だから、「給料が最初言ってたより安いじゃないか!」「仕事内容が違うぞ!」といいう人は、1週間だろうと問題なく辞められるわけです。

契約不履行は、即時契約破棄すべし!

1週間で辞めたい、原則不可能だけど、実際は?

1週間だと、流石に雇用者にゴネられる可能性があります。問題なのは、契約社員の都合上雇用者が「無理」と言ったら途中で辞められないというところですね。双方合意の上なら問題ないんですが、合意が取れない場合は…。

強行突破もアリかもしれませんが、色々な不都合が考えられます。

たとえば、1週間分の給料が貰えなかったり、損害賠償請求されたり…。強行突破して辞めるというときには、非はこちらにありますからねえ。そういう扱いを受けても仕方がないわけです。

強行突破は理想的ではありませんね。

根気強く説得し続けましょう。

1週間、職歴に傷はつかない?

法的な取り決めはありませんが、一般的には「3ヶ月未満は職歴に入りませーん」という風潮があります。これは労働者側というよりも、雇用側が求人応募者を評価するときの方便のようなものです。

ただ、それを逆手に取って「1週間で辞めた職場を職歴経歴書・履歴書に書かない」というのも問題ないのではないでしょうか。

法的な取り決めがない以上は、当人の判断によって「これは書くけど、これは書かない」ということが認められるということでしょうからねえ。バレたらマズイけど、バレなきゃ問題なしです。

そこは、あなたの判断にお任せします。

雇用保険にまだ入ってないのなら、バレる可能性は低いですけどね。

1週間で辞めたい人、ここだけはちゃんと考えて欲しい

僕からしてみれば、職歴に傷が付く・付かないとか、法的に辞められるかどうかとか、そういうものより大事なものがあるんですよ。

辞めたい理由は、はっきりしていますか? それは転職しないと解消できないものですか?

人間関係がしんどいから辞めたいとか、思っていたより残業が多いから辞めたいとか、理由は各人色々あると思います。ただ、短期間で退職を考える人には漠然とした「辞めたい」という気持ちしかなく、明確な理由を挙げられない人も案外多いんです。

そういう人が転職をしたとしても、明確な目的が得られず失敗してしまいます。

転職に成功するのは、明確に「ここを変えたい」「こういう職場は嫌、こういう職場がいい」という目的意識を持っている人です。別にネガティブな目的でもいいんですよ。目的が無いことだけが問題なんです。

また、その退職理由は転職しないと解決できないかということも考えてみてください。

転職しなくても解決できるのなら、辞める必要はありませんよね。

人間関係に注意

辞めたい理由が人間関係の人は、今辞めるのは早計だと思います。

1週間で人間関係はわからない! たった1週間今の職場にいただけでは、その職場の人間関係が本当はどういうものなのか判断できなくないですか? 1週間はまだ表面しか見えていない状態だと思うので、少なくとも1ヶ月はその人間関係に触れて表も裏も知らないと本当に人間関係が合わないかなんてわからないと思います。

「馴染めない」というのも、1週間なら当然です。

1週間で「今すぐ辞めていい」と僕が推すのは、ただこれだけ

会社が契約内容をしっかり履行していない場合だけ。

1週間で合法的に辞めるのは非常に難しく、契約社員の方には「今すぐ自由に辞めちまえ」とは言えないところがあります。正社員なら辞めるタイミングはこちらに裁量があるからいいんですが、契約社員は契約してしまった以上、それを自分から破るのはリスクが大きいです。

だからこそ相談をして合意を求めるわけですが、1週間しか働いていない人に快く退職を合意する雇用者は少ないと思います。

今すぐ辞めていいと推すのは、会社が契約不履行しているケースだけです。労働条件が契約と異なっている場合は、今すぐ辞めてしまおう。契約を果たさない会社は、信用できませんから。

しかし!

それ以外の人の中にも、「辞めたい」という気持ちが抜けない人は多いと思います。

そういう人は、とりあえず今すぐ辞めるのではなくて、転職準備だけでもしてみたらどうでしょうか?

転職エージェントに登録だけしておくとか、転職エージェントに今の職場を辞めたいと相談してみるとか…。転職のプロが味方に付いているという事実があるだけで心強いですし、プロのアドバイスを得てなんとか雇用者の合意を得ることもできると思います。

双方合意を得られれば問題ないわけだから、一人よりプロと二人で戦いましょう。

あとは、「こういう職場は嫌だから、こういうところがいい」という目的意識!