こんな上司には、ついていけない!

嫌な上司、いますよねえ。人格的に問題があるのと違うかと思う人もいるし、人格的には良くても仕事は良くない人もいるし、人間は十人十色なんだと感じさせられます。だけど、そんなのんきなことは言っていられないわけですよ!

上司についていけない! 辞めたい! そんな人に僕からの全力の共感と、全力のアドバイスを贈りたいと思います。

発表! 「こんな上司は嫌だ」ランキング

「こんな上司は嫌だ」と言うと、鉄拳のネタみたいですね。鉄拳と違って絵を出しながらというわけにはいきませんが、「こんな上司は嫌だランキング」を箇条書きで発表したいと思います! ※独断と偏見アリ。

  • 1位:保身に必死だ
  • 2位:仕事を部下に押し付ける
  • 3位:失敗を押し付けてくるのに手柄は盗る
  • 4位:部下の話を聞かない
  • 5位:人によって態度が天地の差だ
  • 6位:定時で帰る意識が皆無だ
  • 7位:何かと「男なのに」「女なのに」と言う
  • 8位:オレ様系だ
  • 9位:プライド高いのに覇気がない
  • 10位:かまってちゃんだ

堂々の1位にランクインしたのは、「保身に必死なこと」だ!

保身に必死な上司は何だってするからねえ。3位の「失敗を部下に押し付け、部下の手柄を盗む」ということもするし、自分の仕事を部下に押し付けることもする。ありとあらゆる「こんな上司は嫌だ」という特徴を詰め込んだ存在、それが保身しか頭にない上司ということだ!

4位の「話を聞かない」というのも厄介ですよねえ。

部下の意見は全部消されるということだし、そんなんじゃ仕事していても楽しくありません。上司が何かダメなことをしても、上司自信が気づかないと修正できないからチーム仕事の場合は本当に大変です。

5位以下も、「ついていけない」と思ってしまうのも無理がないことばかり。

定時で帰る意識が無いとか、何かと性別のことを言ってくるとか、オレ様系のワンマン上司とか本当に害悪ですよね。9位の「プライド高いのに覇気がない」というのは一見面白いけど、そんな人は尊敬できませんし、部下はついていけないと思ってしまいます。

かまってちゃんは、単にうざい。

あと、ランク外だけど、こういうのもあります。

  • 私生活の遊びと、職場の人間との遊びの違いがわからない
  • 横文字ばかり使いたがる上司
  • 上司のやり方についていけない

休日を使ってバーベキューとか、休日を使って職場旅行とか、そういうことを企画してしまう上司いますよね。良かれと思って開いているんですが、部下としては気を遣うしプライベートの遊びとは程遠いほど楽しくないわけで…。はた迷惑…!

また、横文字ばかり使いたがるというのはウザイですよねえ。アジェンダ、プライオリティとかそれ日本語で良くないですかと。意味わかってますかと。

上司のやり方についていけないというのは、仕事をする上で根本だ。

以上、「こんな上司は、もう無理!」ついていけない上司ランキングでした。

もう何人も退職している職場は要注意! 上司に潰されるぞ

「この上司にはついていけない」というのは、あなただけが思っているわけではありません。特にランキングに入っているような上司だと、職場の何人もが同じく「こんな上司は嫌だ」と感じているものです。

既に、もう部下が何人も退職しているというケースもあると思います。

このケースに当てはまる人、要注意です。

どうして何人も退職しているのか? それは「上司についていけない、もう無理」と感じたからです。あなたと同じく「こんな上司はもう嫌だ、辞めたい」と思ったから退職したというわけで、言い方を変えれば上司に潰されたということなんですよ。


このまま働き続けると、あなたも上司に潰されるかもしれません。

悪意の有無に限らず、「ついていけない人」の下で働くというのは大変なことです。

転職することを、強くオススメします。

ついていきたくないなら、辞めたほうがいい

ついていけない人に無理をしてついていくことは、あなたの心に悪影響しか与えません。

人格的に問題があると思う場合は特に、そのストレスで大変なことになる可能性がありますよ。自律神経が乱れたり、うつ病などの精神的な病になったり、仕事に集中できなくなったりしてデメリットばかりです。

無理をして上司についていったとしても、破綻しかありません。

どうしても、人間だから、自分に合う上司と合わない上司がいるんですよ。その人が客観的に見て良い人だったとしても、「仕事の都合上で合わない人」はいるし、良い人でも「性格上合わないこともある」んです。

上司についていけないから辞めるというのは、当たり前の話だと思います。

親と上司は選べないというけど、僕は上司は選べると思っているんですよ。

新卒のときはどの部署に配属されるかわからず、とにかくガムシャラで少し「ん?」と思っても受け入れてしまうから、上司は選べないし選ぶ余裕もないんです。

ただ、転職のときは「どの部署配属かがわかる」し、精神的にも就活時と比べて余裕があります。職場の雰囲気・人間関係などから、上司を選ぶことは可能です。

だから、仮に上司の他人からの評価が高かったとしても、上司を選ぶために転職することを僕は強く推奨します!

もう上司についていく必要は、無い!