仕事のリーダーを辞めたいと思っている人の打開策

職場の役職の中でも特に中途半端なのが、リーダーポジションですよね。課長や部長という明確な役職があるわけではなく、プロジェクトのリーダーやチームリーダーなど曖昧な肩書きしかありません。

同じ職場内に部下もいるし、上司もいる。

良い部下を持って、上司が有能ならこれほど楽しくてやりがいに満ちたポジションもないでしょうが、どちらかがダメダメだと地獄です。

このページでは、仕事のリーダーを辞めたいと思っている人の打開策を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

仕事のリーダーを辞めたいと思っている人がギブアップする前に試したいこと

「NO」を言うようにする

リーダーは言わば中間管理職ですが、中間管理職はダメな上司や部下に「NO」と言うことも仕事のうちです。上司が言ったことを全て「はい!」と受け止めていては、いけません。時には意見をすることが大事です。

上司の言ったことに「それはダメだろ」「無理だろ」と思いながら飲み込むようなことを続けていると、次から次に辛い状況が生まれてしまいます。

また、ダメな部下にはしっかり怒りましょう。

頭ごなしに怒鳴るのではなく、相手に自分のダメなところを自覚させるように叱りましょう。

ダメ上司はどうしようもできませんが、ダメな部下はある程度改善させることができます。リーダーという立場を利用して、部下を少しでも扱いやすくしましょう。

これを心がけるだけで自分の負担が格段に減ると思いますよ。

問題児は敢えて使う

部下の中に問題児はいませんか?

どんな職場にも「言うことをきかない問題児」がいるもんです。そして、リーダーはそんな問題児を避けがちです。

「あいつは言うことをきかないから」「扱いづらいから」と諦めて、避けることで仕事を円滑に進めようとするのが普通でしょう。

しかし、避ければ避けるほどに、問題児化は進みませんか? そして、自分自身も辛くなっていきます。自分の能力不足を実感することもあるでしょう。

結構、あるあるなケースだと思います。

そこで、問題児は敢えて積極的に使ってやりましょう。

彼らは人には理解し難い行動をしますが、それ故に人には理解され難いほどの大きなエネルギーを持っています。そのエネルギーを使わずに放っておくことで、彼らは自らの力と意欲を持て余し、狂犬と化すんです。

敢えて積極的に重要なポジションに置いてやるなどして使ってやることで、狂犬化を抑えることができます。

加えて、問題児が大きな役割を担うことによって他の部下に良い刺激を与えて、部下たちを活性化させることもできるかもしれませんよ。

指示の仕方に気をつける

部下に指示を出すとき、「あれをやれ」「これをやれ」と、することを指示していませんか? 同時にいくつもの指示を出す人もいますが、それは最悪のパターンです。

やることを指示することは大事ですが、それと同時に「しなくていいこと」も指示すると効果的です。

やるべきことばかりを指示されたのでは、部下は自分のエネルギーを散弾銃のごとく色んな場所に向けなきゃいけなくなります。

しなくていいことに関しても、エネルギーを向けてしまう。結果的に余計なことをして、やるべきことの成果がイマイチになってしまうんです。

部下にして欲しいことがあるなら、それと同時に「これはやらなくていいからな」と言ってやりましょう。

しなくていいことを知ることで、部下のエネルギーは一点集中されます。今までダメな部下だと思っていた人でも、一点集中することによって今までとはまるで違う成果を出すこともあるんです。

散弾銃ではなく、一箇所にエネルギーを集中させた貫通弾を放てるようにしてやることで、リーダーの仕事も楽になりますよ。

部下にやらなくていいことを指示して負担を減らすことは、リーダーの負担を減らすことにもなるんです。

-仕事の悩み
-