別に問題がある人じゃないけど、上司と合わないというのはよくありますよねえ。

人間関係だから仕方がないことなんだと割り切る人もいれば、「辞めたい」と思うほどストレスに感じる人もいます。合わない人よりも合う人と仕事をするほうが良いということは、当たり前すぎること。

ただ、今一度「合わない人と仕事をすること」「合う人と仕事をすること」について考えてみましょう。

合わない上司との接し方を考えてみる

合わない上司はストレスになるけど、「どうにかしてストレスを減らして、うまく付き合えないだろうか」と考える人も多いと思います。上司がいい人なら、上手く付き合うことができれば、今の会社を辞める必要もなくなるでしょうしね。

そこで、僕が頭をフル回転させて、合わない上司との上手い付き合い方を考えてみました!

  • ヨイショ作戦
  • コミュニケーションを最低限にとどめる(距離を置く)
  • 転職する

フル回転させても三つしか無いんかい…! それだけ、合わない上司との接し方は難しいんです。そんな三つしか思い浮かばなかった貴重な接し方、一つ一つ説明したいと思います。

説明しよう、ヨイショ作戦とは…上司をただひたすら褒める作戦である! 褒めて気持ち良くさせて、上司の良いところばかりを引き出そうじゃないかということです。合わない人でも、相手がいい人なら「合わないながらもストレスフリーな付き合い」が出来ると思います。

それは、相手の良いところばかりが見える付き合いです。

だけど、自分から意図して「相手の良いところだけ見るようにする」のは難易度が高すぎる…。じゃあ、相手のほうから「この人合わないなあ、嫌だなあ」と思うところを封印させるよう、仕向けたらいいんだ!

そんな、作戦、どうでしょう。

次!

コミュニケーションを最低限にとどめ、距離を置く方法。

合わない上司との接し方を語るとき、多くの人は「相手のことを知ろう」とか「相手に話しかけよう」とか距離を詰める方向で話を進めると思います。だけど、個人的にこれは逆効果だと思うんです。

ヨイショ作戦は別としてね。

ただただ距離を詰めるだけだと、余計にストレスになります。

子どもの頃、僕らは「仲良くしなさい」「みんな友達」と言われて生きてきた。だけど、社会はそうじゃないですよね。

職場の人と仲良くする必要はなく、ただ仕事の妨げにならない程度に関わることが出来ればそれでいいんです。それなら、合わない上司と無理して付き合う必要はありません。距離を置くことで、ストレスが減り、辞めたい気持ちが無くなる可能性は高いですよ。

個人的には、ヨイショ作戦よりオススメ。

最後に!

転職。

身もふたもないと思うかもしれないけど、僕的には一番オススメです。

ヨイショ作戦も、距離を置く作戦も、「上司の性格が合わないと感じる人」と「上司がいい人だけど合わない人」じゃないと使えません。性格的な問題を解消するための作戦ですから。

たとえば、上司と仕事の進め方が合わない場合には使えないわけです。

だから、転職して根本から「合わない上司と離れる」ことで解決しましょうよ。

上司と合わないのは退職理由になる?

上司と合わないから辞めたいなら、転職するのが一番。ただ、上司と合わないから辞めるなんて、退職理由になるの? という不安があるかと思います。

結論から言うと、上司と合わないというのは立派な退職理由です。

その理由は精神面と精神面以外とであるんですが、まずは精神面以外から語りたいと思います。

上司と仕事の進め方が合わないケースがありますよね。そのケースが精神面以外の理由に当てはまるんです。仕事の進め方というのは、個々人それぞれだけど、基本的には職場内で統一したほうが良いことだと言われています

特に上司はそう考える生き物なんです。

理由は、管理しやすいからと、自分がその方法で出世したという自負があるから。

それぞれ好き勝手な進め方で仕事をされてしまうと、上司はその管理が大変になります。もちろん管理するのも仕事のうちなんだけど、なるべく手間を減らしたいのが人情というものですよねえ。

だから、統一したいと考える。

そして、自分自身がそのやり方で出世したという実績があるから、「部下のためを思って」自分の仕事の進め方を推奨するんです。

仕事の進め方が合わないというのは、上司の意向とまるっきり合わないということ。そうなると仕事は円滑に進まなくなり、仕事に支障が出る可能性があります。

これが、上司と合わないなら辞めたほうがいい理由の、精神面以外です。

上司と合わないなら辞めたほうがいい理由の精神面、それは「ストレスから鬱になる可能性がある」ということ。

性格や考え方・仕事の進め方など、合わない人と仕事をするというのは、それだけで大きなストレスになります。ストレスを感じやすい人だと、同じ空間にいるだけでも辛いでしょう。

だから、辞めたほうがいいんですよ。

異動するという選択肢は?

上司と合わないだけなら、辞めなくても異動するという選択肢もあります。

実際、異動しただけで幸せになる人もいるはずです。転職するのは手間だし、リスクも大きいから異動だけで済むならそのほうが良いと考えるのは当然。ただし、異動も異動でデメリットがあるんですよ。

異動先の上司が、合わない人という可能性。

そして、異動後すぐには辞めにくいということ。

「異動先の上司が合わない可能性あるなら、転職も同じでしょう?」と思うかもしれません。実際転職にもそのリスクはあるわけですが、可能性の度合いが違うんです。異動のほうが、また合わない上司にあたってしまう可能性が高いと僕は考えています。

その理由を、説明しましょう。

類は友を呼ぶ。会社も同じなんだ

上司と合わないという人に聞きたいことがあります。

「会社の社風にも、合わないと感じていませんか? 上司以外にも合わないと思う人がいませんか?」

多分、YESと答える人が多いんじゃないでしょうか。ある特徴を持った人間の周りには、それと同じ特徴を持った人が集まりやすいという研究があります。類は友を呼ぶとも言うけれど、科学的に証明された現象の名前は「類似性の法則」です。

似たもの同士に好意を抱きやすいという心理現象なんですが、これは「人と人」だけじゃなくて「会社と人」だとしても同じことが起こります。

それに、企業というのは採用ページで「こういう社風です!」とアピールしているんです。類似性の法則もあるし、そういう宣伝もあるし、会社・職場には似たような考えの人が集まることがあります。

今のあなたは、イレギュラーということです。

だから、転職するほうが異動よりも、合わない上司と出会う可能性が低くなるということなんですよ。

転職エージェントを使って職場の雰囲気を調べたり、社風に共感できるかどうかを考えたりすることで、上司とのそりが合わないという事態になるのを防げます。

そうして人間関係をリセットしたうえで、ヨイショ作戦とか距離を置く作戦とかを実行するというのも良いでしょう。上司関係のストレスは、それでほとんど絶たれますよ。

転職活動のポイント

上司と合わないから転職するというのは、立派な退職理由だと語りました。

ただ、それだけのために転職するのは勿体ない!

人間関係をリセットするついでに、給料アップとか残業時間を減らすとか、福利厚生をよくするとか何かしらの欲望を叶えようじゃないか! 人間関係をリセットして、合う職場に転職するのなんてそう難しい話じゃありません。

他の求人条件と両立したほうが、絶対いいですよ。

また、上司と合わないという退職理由を話すのは、友達・家族と転職エージェント相手だけにしましょう。

辞めるときに上司相手にそれを話すのはダメだし、面接のときにもダメですよ。「もっと自分を活かせる会社があると思った」など、何か前向きな理由を作っておきましょう。

上司と合わない職場だと自分を活かしきれないから、「もっと自分を活かせる…」というのは間違いではありませんしね。個人的にオススメの転職理由です。

とにもかくにも、転職するときには類似性の法則を意識して、自分の待遇も上げてしまいましょう! それが幸せへの近道だと思うよ。