人間性を疑うわ! という上司、たまにいますよねえ。

上司の人間性が最低だと思ったとき、僕ら部下は一体どうしたら良いんでしょう。

最低な上司には仕返しを? いやいや他に対応があるはず。頭のおかしい上司への対応を、僕なりに考えてみたいと思います。

そのために、上司の人間性が最低だったという体験談も集めてみました。

上司の人間性が最低な体験談! 集めてみた

これから紹介するのは、ネットや知人友人から集めた、「上司の人間性が最低だった!」体験談です。箇条書きで簡単に、まとめてみました。

  • 部下に威張り散らし、上司にはYESMAN
  • すぐ「死ね」「殺すぞ」と言う
  • 手柄は全部自分のもの。失敗は全部部下のものと考えている
  • 常に不機嫌
  • 部下に休みを取らせないのに、自分は超休む
  • いじめをしている
  • 支離滅裂なことをする(言う)
  • 性別で激しく差別する

部下には散々威張り散らすのに、上司にはとことんYESMANでへいこらしている上司、あるある話ですよねえ。情けないことこの上なく、部下として「なんだこいつは」という気持ちになります。

最低な上司だと思うし、何よりも上司の情けない姿なんて誰が見たいというのかと…。

情けない人も問題だけど、「死ね」「殺すぞ」と常日頃から言いまくるような人も問題がある。何よりもそんな言葉を軽々しく使うのは、人として最低の行為だと僕は思います。それで本当にその人が死んだら責任取れるの? 「死ね」は自殺教唆罪に問われるのにねえ。

常に不機嫌という怖い人も、いじめをするようなパワハラ最低上司もみんなみんなダメ…!

上司としてというか本当に、人間としてダメですよねえ。

常に不機嫌という上司の体験談を教えてくれたのは、僕の友人です。彼が言うには「その人の機嫌が良いのを見たことが無い」のだそうで、笑うときは決まって部下が失敗したときだという。

舌打ちも多く、怒鳴ることも多く、常に嫌味ったらしいという…嫌な上司の数え役満な人だそうですよ。

また、手柄は全部自分のものにして、失敗は全部部下のものにしてしまう人は上司としても最低最悪です。部下が手柄を立てたら「私が! 彼に勧めたんですよ」とか「私のサポート無しでは」と、間接的に上に自分をアピールするんですよねえ。

本当に最低な人は、データごと自分がやった仕事と偽ることをします。

上司として最低と言えば、部下に休みを取らせず自分は休むというのもなかなかにひどい…。僕の知人の上司がそういう人で、部下の有給申請は全部却下するのに自分は有給を取って悠々自適にバカンスするという。しかも、繁忙期に!

殺意が湧きますね。

支離滅裂な上司も、性別差別な上司も人間性を疑います。

そんな頭のおかしい上司、どう対応すればいいんでしょうか。

頭のおかしい上司にどう対応する?

頭のおかしい上司への対応…色々考えてみたんですよ。

日頃のパワハラや暴言の証拠をおさえて訴えるとか、職場にたくさんの味方を作っておくとか、そういうものを。どれもこれも確かに良い方法だとは思いますが、非常に大きい労力がかかるし、頭のおかしい人には正攻法が通じないこともあります。

人間性を疑うような上司に限って、「パワハラ訴えるぞ」と言っても「それで?」と動じないことがあるんですよね。中には上層部に取り入るのだけ上手な人もいて、内部告発しても不発に終わることもあります。

もちろん、それで相手を退職や減俸に持ち込めることもあるんです。

ただ、最低な上司への対応としてはどれもこれもなんだかしっくりきません。

触らぬ神に祟りなし。

うん、これが一番しっくりくる! 頭のおかしい人には、なるべく関わらないようにするというのが一番の対処法ですよ。

今の会社を辞めるということです。

邪悪な上司と仕事すると、頭おかしくなるよ

人間性最低、邪悪な上司と一緒に仕事をすると、あなたの頭もおかしくなります。人間関係というのは良くも悪くも、知らないうちに互いに影響を与えてしまうんですよ。パワハラ上司の被害にあった部下が、自分が上司になったときにこれまでの鬱憤を晴らすようにして部下にパワハラするようになるようなこと。

だから、邪悪な上司と仕事をすることは、あなたの将来を最悪最低なものにしてしまうということです。

人間性を疑う? 最低な上司? 人としておかしい?

そう思うのなら、その上司とこれ以上付き合う必要はありません。悪いことは言わないから、転職したほうが身の為です。

触らぬ神に祟りなしというのは、頭のおかしい人に対する一番の対処法だという話をしました。それは「近くにいて触れないようにする」ということじゃなくて、僕が言いたいのは「そもそも完全に離れてしまおう」ということです。

今の会社から離れて上司から離れれば、人間性を疑う上司とはさよならできます。

あなたが今抱えているストレスを無くすには、それしかありません。

あなたの未来を明るいものにするためには、それしかないんだ。

転職をしましょう。