上司と話すことない…そんなときに使える会話術!

職場での会話ネタを探すのに、僕は日々さまざまなことをしています。最初は面倒なこともありますが、慣れれば会話の引き出しが広がり、サッと開けられるようになるんです。ブラック企業に勤めて社畜していたときは、上司となんて話したくありませんでしたけどね。

話すことないとか気に留めている余裕がなかったけど、今はガンガン気にかけて引き出しを増やしています。

ひきだしあけおの異名をとる僕が、上司との会話ネタの探し方を紹介しましょう。

時事ネタを仕入れておこう

時事ネタを仕入れる習慣をつければ、どんなときも話題に困ることはありません。もう悩み無用、上司との話題きっと生えてくる…! 何処から生えてくるのか? ネットだったり、ニュースアプリだったり色々あるじゃないですか。

SNSをしている上司だったら、Twitterネタなんかも拾っておくと良いと思います。

僕は時事ネタ収集のため、Twitterを開いた時にはトレンドをチェックするようにしていますよ。暇なときにはニュースサイトを見て、エンタメ・スポーツ・経済かんけいなくネタを拾います。

「そういえば」という言葉を付けて時事ネタを話し始めるだけで、話題になる!

無敵です。

相手の趣味に関する話題を仕入れておこう

上司の趣味をチェックするというの、大事ですよ。

人は趣味の話がしたい生き物です。もし僕が上司という立場になることができたなら、同じ趣味の話題を部下が振ってくれるだけで評価を上げたくなります。自分の趣味を理解してくれることとか、自分の趣味に興味を持ってくれることとか、男は特に弱いですよねえ。

上司の趣味がわかったら、あとはそれに関する最新の話題を仕入れるだけです。

検索したり、Twitterでその趣味関連のアカウントをフォローしたり方法はいろいろあります。

僕はTwitterによる情報収集に加えて、グーグルアラートを頼ってますね。キーワードを設定しておくと、そのキーワードに関するニュースがGメールに届くんです。それを隙間時間にチェックするだけでも、上司の趣味を話題にできるくらいには情報が集まります。

面倒だけど、上司と話すことない状況で気まずい空気の中時間を過ごすよりは、楽です。

慣れれば受け身の姿勢でいるだけで、話題を仕入れることができますから。

上司との世代間ギャップをネタにする

上司と年が離れていると、会話ネタ作りに困りますよねえ。

何かを話そうとしても世代間ギャップがあるから、通じるかどうか不安だし…。不安だから話さないでおこうということになると、話すことないから辛いと思います。僕は思うんですよ。逆に考えればいいさ、と。

世代間ギャップを逆手に取り、それ自体を話題にしてしまえば良いのでは?

たとえば、「そういえば僕らは〇〇だったんですが、上司さんの世代はどうだったんですか?」と質問するとか、あとは知識として知っている世代間ギャップを確認してみるとか…。話題にする方法はいろいろあります。

僕が以前上司と話題にした世代間ギャップというと…。

「そういえば携帯が当たり前じゃなかった頃、どうやって待ち合わせしてたんですか?」

「この前、営業終わりに商店街のお店に寄ったら、お客さんがメリケン粉と言ってたんですが、あれはなんだったんでしょう」

こういう相手の世代に寄り添うような形で質問すれば、上司が勝手に盛り上がってくれます。上司は若い世代が自分の世代のことを知っていたり、質問したりしてくれるのが嬉しいんです。

僕ら若者もあるじゃないですか。

Twitterとかで、「20代前半が懐かしいと思うもの」「20代後半が懐かしさで死ぬもの」とかいう話題を見ることが。

他に僕がよく話題に出す物事を一気に紹介します

  • 旅行話、地域話
  • 健康に関する話
  • 食べ物に関する話
  • 流行に関する話

僕は旅行をよくするため、休日に行ったところを話題にすることが多いです。

また、旅行をしたことがない地域に関しても人から聞いた知識を話題にします。上司がお酒好きなら「あの県の日本酒がうまいらしいですよ」という話をよくしますね。酒ネタの鉄板は、「九州は実は焼酎文化じゃない県が結構ある」ということ。

地域ネタは互いの地元の話でも、良く盛り上がります。

あとは健康に関する話題は上司も結構食いつきが良いです。

社会人は健康を気にしますから。

食べ物の話題もネタを仕入れやすく、盛り上がりやすいです。食べるという道楽は、生きることに直結しているため、どんな人でも比較的食いつきが良い傾向があります。最近食べておいしかったもの、店などを話題にすると良いですよ。

流行を話題にするのも、上司からすると若い人間のはやりを知ることに繋がるため喜ばれます。

逆にこれはダメ! 職場での会話ネタNG集

職場の会話三大タブーというものがあります。

宗教・政治・野球です。

宗教の話は無宗教の人からすると鬱陶しすぎるし、何か信じている宗教がある人にとっては他の宗教の話など聞きたくもありません。相手がどんな人であれ不快感を示す話題なので、絶対タブーです。

政治に関しては、各人により主張の食い違いが激しいため、波風が立ちます。

職場で熱心に政治議論をしても、仕方がないじゃないですか。

野球は…超荒れます。

上司と同じチームのファンなら、上司と二人のときだけは話題にできますけどね。ただ、上司と応援するチームが違うとか、あなたが野球にあまり関心がないとかであれば、話題にしないほうがいいです。

「昨日巨人勝ちましたねえ」と言って、相手が阪神ファンだったらどうするんだ!

地雷を踏みかねないから、話すことがないからと宗教・政治・野球ネタを話すのはやめておきましょう。

三大タブーのほかにも、上司との会話ネタのタブーがあります。

  • 偏見による話題
  • その場にいない人のうわさ話
  • ネガティブな話
  • 格差がありそうな話(家庭問題・学歴・収入など)

偏見による話題は、絶対NG。

ただ、無意識にしてしまっている人は多いです。職場じゃないけど、うちの父親がよく「〇〇みたいな人は」「男は(女は)」という決めつけトークをしていました。誰しも偏見や決めつけはあるものだけど、それを話題にすると人を不快にさせてしまいます。

特に近年は偏見に対してかなり敏感になっているため、上司との話題にも、同僚との話題にもしないでください。

嫌われ者が確定します。

その場にいない人のうわさ話もOUTです。人格を疑われてしまいます。

ネガティブな話は、単純に楽しくないのでNGです。仲の良い友達とネガティブトークをするのは別に良いけど、上司と部下という関係でそんなことをしても不毛だと思います。マイナス評価を与えるだけでしょう。

家庭問題・学歴・収入も、思わぬ地雷が埋まっている可能性があるので危険です。格差が生まれそうな話題は、地雷率が高いのでやめましょう。

基本的に、タブーネタを避けるようにして話題作りをすれば、上司との会話ネタに困ることはありません。

上司と話すことない状況を脱するべく、タブーだけ避けて、僕がオススメしたような方法でネタを探しましょう!