うざい老害上司を対処するために、あるあるを知ろう!

老害上司が職場にいるという人は多く、ネット上にはたくさんの体験談であふれています。その老害上司体験談を集め、僕が面白がりながら「老害上司あるある」としてまとめました!

これが、「あるあるー」と笑うもよし、対処法を見出すもよしの老害上司あるあるだ。

老害上司あるある! 老害の特徴を語る

老害上司あるあるを、老害の特徴という各カテゴリーにまとめて紹介したいと思います。カテゴリーごとにさまざまな例があり、どれもこれも奇天烈で面白いです。それでは早速、老害上司あるあるを見ていきましょうか。

自分の経験を絶対的に信用する

老害上司は、自分の経験を絶対的に信用します。自分が経験したことしか信用しない、とも言えるかもしれませんね。愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶという言葉のとおりの「愚者」を体現しています。

  • 「俺の経験上これでいいんだ」と、エラーを起こしたパソコンを叩いた
  • それは間違っていると指摘したら、「俺の経験ガー」と開き直る
  • マニュアルがある仕事なのに、マニュアルを守らない。「経験ガー」と。それで失敗する
  • 接待を嫌うクライアントに、「これでいい」と接待攻撃をする
  • 「俺の頃は足で契約を取った」と、根性論の飛び込み営業をさせてくる

感情的過ぎる

老害上司は、冷静さを欠いていることが多いですよねえ。論理的に考えることがなかなかできず、感情的にしか物事を考えられない。すぐキレるし、喚くし、怒鳴るし、上司という立場を利用してパワハラ・モラハラもやりたい放題! 指摘すると「この程度でパワハラか、これだから最近の…」という常套句を返される。

会社の老害上司だけじゃなく、プライベートで出くわす老害もこういう人多いですよねえ。

  • ちょっとしたことでキレる
  • 質問をするとキレるが、質問しなくてもキレる
  • ミスした部下を恫喝し、耐えられない人には「最近の若者は根性が」と云々
  • 口だけじゃなくて手も出し、足も出す

恐らく、脳味噌と口・手足が直結回路で結ばれているんでしょう。

価値観が古い

年をとったら仕方がないことかもしれませんが、価値観が古い老害上司も多いですよねえ。しかもこの価値観が古いというのは30代という比較的若い上司にも見られ、40代にもなると古い価値観が極まっている人も少なくはないというのが問題なんです。

しかも、若くして古い価値観を引きずるような老害は、自分の価値観を修正しようとしないんだ…!

  • ハラスメントを当たり前のものと思い込む
  • 男だから女だからが口癖
  • 部下は叩いて育てるものだ! と言っていた
  • 我慢こそが美徳という考えを押し付けてきた上司に、ドン引き
  • 飲みニケーションを信じて疑わない
  • 女性社員に「女は早く家庭に入れ! お見合いセッティングしようか」と…
  • タクシーを止めるため、札束を見せびらかした上司がいたんですよー

男だから女だからというの、価値観が古い老害上司がいいがちですよね。大抵は、「男だから〇〇しちゃいけない」と言い、「女だから〇〇しなければならない」と言う。

酒で団結力が強まったら世話ないですよねえ。団結力とか言う割に、結局ただ飲むだけで仕事の話とか有意義な情報交換とかは無いし…。老害上司の自慢とか愚痴とかを聞かされるだけ。団結するとしたら、アンチ上司同盟が発足するくらいだ!

札束タクシー…バブルか!

※バブル期は、「俺は長距離の客だぞ」と札束を見せることでタクシーを捕まえていた。

年齢を言い訳にしている

何か失敗すると「俺も年をとったなあ」とか、「年だから」とか言い訳をする老害上司。そういう人に限って普段は「若く見られたい」とか、「まだまだ若い」とか勘違い甚だしいことを言うんですよねえ。

お前自称は若いのと違うんか! と、ツッコミたくなります。

  • 都合が悪くなると、必ずボケたふりをする老害上司(50代)
  • 都合が悪くなると、人生の先輩に向かって何事だとイバる
  • 年齢を言い訳に、PC仕事を覚えようとしない
  • 年齢を言い訳に、現場仕事に行かない

自分の非を絶対に認めない

  • 絶対に、謝らない
  • 自分がミスしたのに部下に押し付け、謎の叱咤激励をおくる
  • 上司の間違いをさりげなく指摘したら、逆ギレされた
  • 自分が仕事できないのを棚に上げて、部下に叱る。完全ブーメラン。
  • 論点のすり替えばかりする

老害と呼ばれる人間は、どうして自分の非を絶対に認めようとしないのか。照れ隠し的に言い訳をする人は結構いるけど、老害上司のそれは照れ隠しの非ではないほどに無茶苦茶。部下を叱るときに自分自身にブーメランが刺さることもよくあるし、失敗をしても絶対に謝りません。

これは僕の体験談ですが、ブラック企業に勤めていたときには上司が自分のミスを部下になすりつけていました。

僕の直属上司ではなかったものの、「こんな人がいる会社なんかクソだな」と仕事を辞めたいと思う一因になった人です。

仕事できない・仕事しない

老害は仕事をしない、老害は仕事できない。

この二つが当てはまることが多く、老害上司には「どうして上司なのか」と疑問を抱かずにはいられませんよねえ。真面目にそこら辺を語ると、仕事できない老害上司が上司になれた理由には二つのパターンがあります。

昔は、働き者だった・仕事ができたパターン。
年功序列パターン。

昔は仕事ができたり働き者だったりしたため評価が高く出世したものの、上司になったとたんに牙が折れた人は多いです。こういう人は年をとっている割にはポジションが低めという人に多く、大抵は係長・課長にとどまっています。

若い人と女性を見下す

典型的老害! 「最近の若い奴は」系上司。

  • 女は仕事できないが口癖
  • 残業を断ると「最近の若い奴は根性がない」と言うが、自分は残業しない
  • 「肩を揉め」など女性社員に強要する
  • 新人いびりを毎回のようにしている
  • 〇〇もできないような奴はダメだなと言う

今時、女性もバリバリ活躍しているのにも関わらず、そういう現実を見ずに「女は仕事できない」という謎理論を振りかざす。そういう人ほど仕事が出来るとは言い難いことがあるのが、またむかつくんですよね。

残業を部下に押し付けようとし、断ると根性がないと批判するの最低に自己中だ。

人を見下しているから、徹底的に自己中心的になるんですよねえ。

職場の老害上司に対処するには?

老害上司の対処法、無視する。

上司である以上完全無視はできないから、最低限必要なときだけ関わって、あとは徹底的に無視しましょう。なるべく近寄らないようにして被害を受けないようにし、自分のストレスを減らすことだけを考えるんだ!

あと、老害上司にストレートな否定・批判はNGです。

「確かに〇〇かもしれませんが…」と、一度「肯定はしてないけど受け入れた」という態度を示したうえで否定・指摘をすると老害上司の反感をかいにくく、効果的。

また、「変えよう」と思わないことが大事です。

「あの人は老害上司だから仕方がない」と諦め、ストレスを受けないための対処をしましょう。