空港の華というと、思い浮かぶのはキャビンアテンダント? それともグランドスタッフ?

現役グランドスタッフの人は恐らく「CAでしょう」と言うでしょう。グランドスタッフはイメージと実際が結構かけ離れている仕事だと、僕は思っています。

仕事量が多くて緊張感がハンパじゃなくて、職場内のいじめなどもあるという話がネットを少し見るだけで目に飛び込んでくるんですよ。

夏の夕暮れ時、自転車をこいでいたら飛び込んでくる小さな虫くらい勢いよく…。

そんなグランドスタッフを辞めたい! と思うのはどうして? 転職するにはどうしたら? という話を真面目にお届けしたいと思います。

「だから辞めたい」転職理由まとめ! 元グランドスタッフに聞いた結果…

  • 仕事量が多い
  • 緊張感が凄い
  • 給料が安い
  • 休みが少ない
  • 女性社会の人間関係が辛い
  • イメージと違って肉体労働
  • 新人なのに責任が重い仕事をさせられる

「絶対に! 定刻に飛行機を飛ばすんだ」という緊張感と、定刻通りにゲートに来ない客の多さに仕事量は膨れ上がりますよねえ。ドラマみたいに空港内を走り回ることになるわけだけど、ドラマみたいな華やかさも劇的なことも何もありません。

常に時間に追われるかのように仕事をする上司と、その上司にせっつかれる先輩社員。余裕の無い先輩社員に怒鳴られる後輩社員、そして理不尽なことで怒られるハメになる新人。仕事のプレッシャーのドミノ倒しです。

このプレッシャーによるストレスからか、グランドスタッフの中にはうつ病になる人もいますよね。

こんなに仕事が大変なのに給料は…手取り20万円を下回ることもあります。

航空業界の底辺…。

休みも少ないし女性ばかりで人間関係ドロドロヘドロだし、乗客の荷物を持ってゲートまでダッシュするなどの肉体労働も多いし大変ですよねえ。新人にもプレッシャーが大きくかかるため、1年未満で辞めていく人も多いと思います。

どうしても航空業界にしがみつきたいなら続ければいいけど…。

正直、うつ病になりそうなほど消耗してまで続ける価値がある仕事とは、僕には思えません。辞めたい気持ちが強いなら、転職したほうが絶対に幸せになれますよ。

グランドスタッフは転職で有利になる? ならない?

「有利になる」派と、「有利にならない」派とがいるんですよねえ。

たとえばグランドスタッフには語学力がある人が、大勢います。航空会社に入るためには語学力が必要だし、空港で働くからには英語くらいはできないと困ることが多いです。語学力を活かすことができれば、転職には有利になると思います。

語学力以外にも、グランドスタッフの経験は他の仕事で活きるものが多いんですよ。

「体力的なタフさ」とか「客への気遣いやホスピタリティ」とか、そういうものを活かせばグランドスタッフは転職で有利になると言えるのではないでしょうか。

グランドスタッフから秘書という道をまじめに考えてみた

グランドスタッフを辞めた後、人々はどんな仕事に就くのか…。気になる人が多いと思いますが、「グランドスタッフ」と検索すると「グランドスタッフから秘書」というキーワードがピョコッと表れるんですよ。

グランドスタッフから秘書への転職をする人が多いということでもあるし、それを検討する人が多いということでもあると思います。

実際、グランドスタッフから秘書というのはどうなのか?

秘書という仕事は、実は新卒採用がほとんどありません。

秘書の仕事には高いビジネスマナーが求められるから、「新卒だと力不足だな」と判断されるんです。逆に言えば「高いビジネスマナー」があれば、秘書に転職する道が開けるということになります。

グランドスタッフは高いマナーを要求される仕事のため、秘書の入口には立っていると言えるでしょう。

ただし、秘書には業界の知識も必要とされます。

役職付きの人をサポートする役目があるため、全く知識が無い状態だときついんですよ。役職付きの人の会話レベルに合わないと勤まらないし、言われたことを正確に実行できませんからね、知識が無いと。

だから、グランドスタッフから秘書に即転職するというのは、難しいと思います。

一般的には「事務職」などで経験を積み、秘書になるというコースが考えられるので、まずは事務職あたりを狙ってみるのが良いでしょう。より深く業界の知識を得たいなら、営業事務がオススメです。

グランドスタッフの転職先をあれこれ考えた

グランドスタッフから秘書というのは考えにくいけど、グランドスタッフの経験を活かせる仕事はほかにもたくさんあります。

個人的に最もオススメなのが、ホテルのフロントスタッフです。

特に「デラックスホテル」「ラグジュアリーホテル」と呼ばれる一流ホテルのフロントが、グランドスタッフから転職するには良いのではないでしょうか。「ラグジュアリーホテル」と言えば1泊2万円以上は最低でもかかるような、帝国ホテル並のところです。

そんなところに転職できるのか不安かもしれません。

ただ、一流ホテルの顧客層というのは空港をよく利用する人たちと被るんですよ。それにグランドスタッフは高いホスピタリティが要求される仕事だから、高級ホテルの人事担当からすると凄くイメージが良いんです。

だから、グランドスタッフからホテルフロントスタッフの転職は有利になるんですよ。

ホテルは男女比率が職場によって大きく変わり、「女性ばかり」「男性が多い」「女性が多いけど男性もいる」と好きなように選べます。

女性ばかりの人間関係の陰湿さもホテルにはあまりないし、肉体労働もグーンッと減りますよ。グランドスタッフの転職理由となる大変さを、しっかりと解消することができるのも魅力的だと思います。

もちろん、高級ホテルとまではいかないシティホテルレベルのところでも良いでしょう。

ただ、航空業界を経験していると接客レベルなどに不満を感じるかもしれません。一度高いレベルの接客技術を身に着けてしまうと、低いレベルのところには「どうしてこうしないのか」とイライラするんですよねえ。

だから、僕がオススメするのは高級ホテル!

求人が少ないので、転職エージェントを使うのは必須ですけどね。求人が出ていなくても、履歴書と職務経歴書を送ってみるのもアリだとは思いますが、捨て身で玉砕するとあとが辛いので、一度転職エージェントにどうすべきか相談してみましょう。

あとは…英語力を活かして外資系企業に転職するというのもアリだと思います。

外資系企業では女性でも年収800万円や1000万円という高給を得ている人も多く、給料の不満を解消するのにピッタリです。

能力に応じた査定をしてくれるから、自分の実力で稼ぎたいというアクティブな女性にオススメしたいですね。

グランドスタッフは、自分の「活かすべきところ」を理解していれば転職に有利になる仕事だと僕は思います。グランドスタッフから転職するときの選択肢は、とても豊富。

グランドスタッフは辛い仕事だし、うつ病になることもある。

辞めたいと思ったら、転職エージェントを使って自分の力を活かしてより高いレベルの仕事に就くほうが幸せになれると思います!