現在英語を使う仕事をしている人も、これから英語を活かせる仕事がしたい人も、どちらも転職を考えているのなら「英語を使う仕事に転職するときに考えるべきポイント」を知っておけば…転職成功率がグーンと上がります。

そのために、英語を活かせる仕事の中途採用戦争に勝ち抜くための知識を伝授しましょう。

英語を活かせる転職先候補一覧

  • 英語事務
  • 特許事務
  • 秘書
  • システムエンジニア
  • 外資系企業の営業職
  • 海外営業
  • 海外市場調査の仕事
  • 貿易関係の仕事
  • 商社
  • 通関士
  • 広告代理店
  • ツアーコンダクター
  • テーマパーク
  • ツアープランナー
  • キャビンアテンダント
  • 航空管制官
  • 空港のスタッフ
  • ホテル業界
  • 英会話講師
  • 日本語教師
  • 英語教材の編集
  • 英文の速記
  • メディカルライター
  • 通訳・翻訳
  • トレーダー

思いつく限り、英語を活かす仕事をまとめてみました。

上記の仕事をまとめると、英語を使う仕事に転職するときは「英語を使う業界や企業で働く」「英語が関係する専門職に就く」という二つの選択肢があるということになるでしょうか。

英語を活かしたい人にオススメな「職種の選び方」

上記で挙げたような仕事の中から自分に合う仕事を選ばなければならないわけですが…それが難しいんですよね。そこで、英語を使う仕事に転職するときの職種の選び方を僕から提案したいと思います。

まずは、英語を抜きにしたときに「どういう仕事がしたいのか」を考えてみてください。

人と関わる仕事がしたい人もいれば、事務のようにあまり人と関わらない仕事がしたいという人もいるでしょう。そういう「こういう仕事がいい」というのを探し出した後に、「英語を使う仕事一覧」に戻ってみてください。

その中から「こういう仕事がしたい」という願望に当てはまる職種をピックアップしましょう。

それが、あなたの転職先候補です。

ただ、英語のレベル的に難しそうな仕事もあると思います。たとえば翻訳や通訳の仕事はやりたいからと言ってできる仕事ではありません。

現在の自分の英語力からあまりにかけ離れている仕事が「やりたいこと」である場合は、かなりの努力が必要になります。詳しくは「なんだかんだTOEICは大事」の項で説明しますが、翻訳・通訳に必要な英語力を身につけるには年単位の勉強期間がかかるものです。

先ほどピックアップした転職先候補の中から、自分の英語力を踏まえてさらに転職先候補を絞らないといけません。

数か月の勉強程度で済む範囲が、現在転職先候補に選べる仕事の範囲だと思います。転職活動も数か月かかるのが基本ですしね。

ちなみに、ホテル業界・旅行業界・商社・外資系などは他の経験をアピールすれば転職できる可能性もありますし、求められる英語のレベルが職種や職場によって変わるので転職候補に入りやすいと思います。

英語を活かせる仕事への転職を成功させるための秘訣

自分に合う転職先の選び方を知るということは、英語を活かせる仕事への転職を成功させる前提条件です。もっと成功率をアップさせるには、それだけでは足りません。英語を使う仕事への転職を成功させるための秘訣を紹介しましょう。

1.経験をアピールする

既に英語を活かせる仕事をしたことがあるという人は、その仕事の経験をアピールしましょう。英語を実務レベルで扱えるということへの最も有力な説得材料になるため、違う業種・職種に転職するとしても有利になります。

英語を活かして働いた経験がない人は、他の経験をアピールしましょう。

たとえば、「海外渡航(留学)経験」や「転職先の仕事に通ずる経験」などがアピールポイントになります。

転職先の仕事に通ずる経験というのはどういうことかを、「飲食店からホテルの仕事に転職する人」の例で見ていきましょう。

飲食店の仕事の経験やそこで必要とされる能力は、「接客経験」「臨機応変な対応力」などがホテルのそれと通じています。実際に働いているときのエピソードなどを加えてそこをアピールすれば、ホテルへの転職も有利になるわけです。

これは、現在英語を使う仕事をしている人が違う業種・職種に転職するときにも使えます。

2.なんだかんだTOEICは大事

経験をアピールするというのが転職を成功させるために最も有効な戦略となるんですが、英語力を客観的にアピールすることができればなお強いですよね。特に、現在英語を使う仕事をしたことがないという人にとっては英語力に関する説得力が不安要素となります。

そこでTOEICが大事になるわけです。

  • 事務系…600点
  • 接客系…700点
  • 外資系…750~800点
  • 英語系専門職…800点~900点

どういう仕事に就きたいかによって、必要なTOEICの点数が変わります。上記の点数はその目安です。

外資系以外の事務は600点でも良いんですが、外資系は社内公用語が英語のケースもあるので、事務も営業も750~800点くらいは必要になります。

英語系の専門職は通訳・翻訳・海外営業が最も求められるレベルが高いです。

900点がどの程度かというと…ほぼネイティブレベル。

なお、TOEIC600点は3ヶ月から半年程度かかると言われています。

700点を超えるには半年から1年、800点を超えるには1年から2年、900点を超えるには2~3年は勉強し続けないといけません。

紹介した勉強期間は、400点スタートの人の場合です。個々の英語力によってはもっと早く到達できることもあれば、もっと期間がかかる場合もあります。

3.転職エージェントを使う

英語を活かせる仕事に転職するには、転職先選びと選考対策が鍵ということでした。

ただ、転職先選びは特に考えることが多いですよね。

「自分がやりたい仕事の種類」を考えたあとに、「英語力的に選べる仕事」を考えないといけません。そのうえで転職する際にアピールできるものがあるかを考えなければならず、自己分析と思考作業が通常の転職に比べて結構多いです。

転職エージェントを使い、少しでも楽にすることが転職成功のために必要だと思います。

転職先選びのための自己分析と思考作業を行う中で、なかなか判断がつかないことがあるでしょう。そういうときに担当のキャリアアドバイザーに相談すれば、客観的意見が得られ、判断が楽になります。

また、アピールポイントを考えるときにも、あなたの経歴や資格などから客観的なアドバイスをくれるんです。

さらには「あなたが興味ある仕事の中で、現状の英語力で選べる仕事の範囲」もしっかり教えてくれますし、それに沿った中途採用求人だけをオススメしてくれます。

転職活動がトータルで楽になる!

ここまで徹底することで、英語を活かせる仕事への転職成功率はグググーッと上がりますよ。