無職状態から抜け出したい! ニートから社会復帰したい! 転職したいけど自信が無いから難易度が高い仕事は避けたい!

そういったような理由から、簡単に就ける仕事を探している人は多いと思います。僕も転職に失敗していたら自信を無くして、そういう仕事を探していたかもしれないので他人事ではありませんね。

そこで、人手不足が深刻な「最も簡単に就ける仕事」や比較的簡単に採用される仕事などを、紹介したいと思います!

特に人手不足が深刻な「最も簡単に就ける」と言える業界をまとめてみた

人手不足が深刻な業界はたくさんありますよね。その中でも人手不足業界ランキング常連だったり、有効求人倍率が高いと言われていたりする「最も簡単に就ける」だろう業界の仕事をまとめてみました。手っ取り早く仕事をするなら、これだ!

建設業

建設業は、本当に人手不足が慢性的です。

建設業というと、建物の建造工事などを行う業界ですよね。特に人手が足りないのは、現場で作業をする作業員です。体力があれば、簡単に就ける仕事と言えるでしょう。

建設業で特に人材不足が深刻なのは、建設躯体工事の仕事です。型枠の組み立て・鳶の仕事・鉄筋の組み立てなどの仕事を行う人が、不足しています。

警備・保安業の仕事

保安業と言うと、警備員・ビルメンテナンスなどです。公務員の保安業は警察官ですが、警察は簡単に就けないのでここではスルーします。

警備員と言っても「施設警備」「交通誘導警備」「輸送警備」など、ジャンルは多岐に渡るんですよね。その中でも特に簡単に就けて、仕事内容自体も楽だと言われているのが施設警備です。

交通誘導は立ちっぱなしで体力を使うだけでなく、気を遣う仕事でもあるので警備員志望の中でも避けられがちと言われています。

ただ、避けられている分採用はされやすいです。

ビルメンテナンスはビルの管理保全の仕事で、待機時間が長いのが魅力的。ニートが社会復帰するときにオススメの仕事は? と質問すると、たいていビルメンテナンスという答えがかえってきます。

外勤事務系

一般事務はかなり人気の仕事で有効求人倍率が低いんですが、外勤事務は事務系の中でも人手不足の傾向があります。

そもそも外勤事務とはなんだ? というと、テレビ・電気・ガス・新聞などの集金やメーター検針などの仕事です。事務的な仕事をする職業ではあるものの、外にいる割合が高いので外勤事務というわけですね。

飲食・販売業

飲食も販売業も、ブラックな業界だという噂が広がり過ぎているため人が寄り付かなくなってきています。

ただ、業界全体ブラックというわけではありません。確かにブラックな飲食店や小売店は多いものの、職場選びをしっかり行えば比較的働きやすいところに就くことができます。そのためか、簡単に就ける仕事を探している人には、人気です。

介護業界

介護業界が人材不足なのは、テレビでも取り沙汰されることが多いですよねえ。

介護の仕事は資格が必要ではあるものの、資格取得しなければ全く働けないということではありません。一部の仕事は資格が必須となり介護士のキャリアアップとして設定されているものの、入口は広いです。

仕事をしながら介護の資格を取得でき、資格を一度取ればくいっぱぐれることはありません。

クリーニング店などの生活衛生サービス業

生活衛生サービス業というのは、クリーニング店・理美容室・浴場施設などのことを指します。

理美容室に関しては資格が必要だから「簡単に就ける仕事」ではないので、スルーしましょう。

簡単に就ける仕事は、クリーニング店と浴場施設のスタッフさんです。

クリーニング店は街に結構たくさんあり、最近にはエキナカにも出てきていますよね。求人も結構多く、生活に役立つスキルも身につくのでオススメです。

浴場施設に関しては、「銭湯」は減ったものの「スパ銭」や「カプセルホテル併設のサウナ」などはたくさんあります。

公衆浴場は衰退したものの、まだまだ娯楽として求められるお風呂で働くのも、楽しいと思いますよ。

比較的、未経験からの採用率が高い仕事を集めてみた

ここまで最も就きやすいだろう仕事を紹介してきましたが、ここからは未経験からの採用率が比較的高い仕事です。先ほど紹介した業界・仕事ほどではないものの人材不足の傾向もあるため、少しでも惹かれるところがあれば挑戦してみると良いのではないでしょうか。

営業職

営業職は人手不足とは言えないものの、どこの企業も余裕があれば「働きバチが欲しい」と思うものです。利益という蜜を運んでくる役割の職業だから、人件費に余裕がある限りは大勢いても不要になりませんしね。

中途採用の求人をどこで探しても、大抵営業職がトップクラスに多いと言われています。

採用率も高く、ビジネスマナーも身につくためオススメです。

工場の仕事

工場の求人は、作業内容によって採用されやすさが変わります。溶接は資格が必要なので難しく、フォークリフトに乗るにはまた資格が必要。ただフォークリフトの資格は簡単に取れるし、資格さえ取れれば採用率が超高いので「乗りたい」と思うなら挑戦してみても良いでしょう。

工場の求人の中で特に採用率が高いのは、機械オペレーター・部品の取り付け・簡単な加工・軽作業です。

ホテル業界(フロント・ハウスキーパーなど)

僕は少し以外だったんですが、ホテル業界は人手不足な傾向があると共に採用率も高い業界なんです。もちろん高級ホテルにはホテル業の経験者ばかりが集うので難しいものの、ビジネスホテルやシティホテルレベルであれば未経験でも簡単に採用される仕事と言えます。

特にフロント・ハウスキーパーの求人が多く、オススメです。

タクシーの運転手

タクシードライバーはどんどん高齢化が進み、若手が足りないと言われています。

ドライバーはどんどん高齢化してガンガン働くのが難しくなっていくのに、外国人観光客は増加傾向にあるため、タクシードライバーというのは今とても需要が高いんです。若い人材というだけで、タクシー会社は飛びついてきます。

祝い金が出る会社も多いし、就職するために2種免許の取得費用を負担してくれる会社もあるほどです。

面接時には取得していなくても、問題ありません。

IT業界

意外かもしれませんが、IT業界も実は人手が足りない会社が多いです。

特にシステムエンジニアの人手不足が叫ばれています。SEになりたい人やIT業界に入りたい人が減っているというのもあるとは思うんですが、需要が増えていることが人手不足の最たる原因ですね。

社内の営業にゼロから技術を教えてSEにすることも少なくはないので、未経験・無知識でも採用される可能性があります。

簡単に就ける仕事でも焦らず転職活動しよう!

今回紹介した仕事は、どれも簡単に就けるとか誰でも採用されるとか言われている仕事ばかりです。

ただ、誰でもその仕事に適応するとは限りません。簡単に就ける仕事は意外とたくさんあるのだから、自分に合った仕事を選ぶようにしましょう。

焦り過ぎることなく、求人もたくさんありますから、求人選びも大切に!

簡単に就けても職や職場を転々としては、意味がありませんから。