就活生に大人気、銀行員!

ただ、不思議と転職市場では不人気銀行員!

銀行勤めは給料が高いですが、営業マン(渉外職)はノルマがとても厳しくて出世競争も激しく非常にストレスが溜まる仕事ですよね。

新卒では給料高いし、やりがいも大きそうで銀行志望が多い。だけど、ある程度社会を経験してから銀行員という仕事の本質も耳にするようになると、他業界からわざわざ銀行に転職しようと思う人はそう多くないようです。

ただ、離職率は低い。

そんな銀行の営業マン(渉外職)を辞めたいという人が「辞めよう」と決意した理由は何なのか、銀行から転職するなら転職先はどこがいいのかなどを、僕なりに考えてみたので、紹介しましょう。

数字が重い…

銀行はノルマが厳しいということで、とてもとても有名です。

営業ノルマ自体はどの会社でも、営業職を続ける限り付いてまわるものですが、銀行はそれが重過ぎますよね。ただでさえ商品の種類も多いし、知識を蓄えるだけでも大変なのに、数字に追われる日々が続くと本当に苦しいと思います。


そして、商品の全てにノルマがある。

それも年間数百万から数千万という大きな金額。

達成できたときは心底嬉しいけれど、達成した後はプレッシャーが大きくなる。一度成功した分、その反動を恐れるようになって、今まで以上に数字に恐怖を覚えるようになります。ノルマが達成できないと厳しく指導され、罵倒もされる。

その数字の重さから、体調を崩す人も多いですよね。

体調を崩したり、精神状態がおかしくなった同期を見た瞬間、辞めることを決意したという人も多いです。そして、自身が体調や心を崩してしまって辞めたという人も大勢います。

サービス残業が多い

「お金が合わないぞ」

その言葉が、地獄の時間の幕開け。

銀行はお金を預かって管理する役割があるため、お金が1円でも合わないと大騒ぎになります。その1円を見つけるまで、帰ることができないんです。当然の如く残業代は出ず、合わない分のお金をどうにかして発見するまでひたすらチェックする。

「お金が合わないことなんて、ほとんどないでしょ」と、僕たち銀行勤めではない人は思います。

ただ、実際にはお金が合わないことは一年に数回あるということです。人間のやる仕事ですから、何に関してもミスが発生してしまうものなんですね。たとえ銀行であったとしても…いや、ひょっとすると日々プレッシャーと激務に追われる銀行だからこそ、起こりえるミスなのかもしれません。

ミスが無くても、営業は残業することがありますけどね。

その残業時間の長さと、残業代が出ないことが多いということで辞めることを決意する人は多いですよ。

人間関係や職場環境

銀行は出世競争が激しく、なんだかピリピリとしたムードが漂っているところが多いです。

我先に同期を出し抜いてやるという野心に満ち溢れた雰囲気は、合う人にとってはとても楽しいものでしょう。

ただ、合わない人にとっては胃がキリキリ痛くなる原因でしかありません。競争が激しくてピリピリすると、自然と語気が荒くなる。上司は怒鳴り、同期も声を荒げている……。

逆に、静かすぎるという所もあるようですが、それはそれで嫌だなあと思います。

そういった職場関係や、銀行特有の競争社会からくる人間関係の冷たさ・激しさから退職を決意する人も多いです。

高収入と、他の要素を秤にかけよう

銀行の営業を辞めるべきかどうか迷っている人の中で、他の人が転職を決断した理由を知って迷いが晴れた人もいるでしょうが、恐らく多くの人はまだ迷っていると思います。

銀行の仕事を辞めるべきかどうかを決めるのはあなた自身にしかできませんが、考える基準を僕が用意しましょう。

「高収入と、他の要素、どっちが大事?」

銀行員の離職率が低い原因のひとつに「高収入」というのがあります。

人は、高い収入を得るためならある程度は我慢できるものです。だからこそ、銀行の営業を続けるべきか辞めるべきか迷っているのではないでしょうか。他に辛いことがたくさんあるけど、高収入は捨てがたい…。

それなら、収入と他の要素を秤にかけてみてください。

収入とプライベートの充実度だったら、どっちが大事か。
収入と職場環境の合う・合わないだったら、どっちが大事か。

収入以外に自分が職場に対して求めるものと、収入を天秤にかける。

そのとき「高収入なほうがいい」と思ったら、辞めないほうが良いと思います。

他の要素のほうが大事だと思ったら、辞めてしまいましょう。

銀行営業マン(渉外職)からの転職先で、多いのってどこ?

一番多いのは、金融業界の営業ですね。

銀行の仕事で培った金融に関する知識などを活かして、銀行よりも少し緩めのところで働きたいと考える人が多いようです。

元銀行員の消費者金融勤めという人は、案外多いと聞きます。同じ業界なら転職もしやすいというのは、確かですから、わからなくもないです。

元・銀行員は金融業界全体からあまり好まれないという話がありますが、それはエリートの場合。金融業界は狭く、みんな銀行に頭が上がらない。

だから銀行のエリートを雇ってしまうと、その銀行から目をつけられてしまうと考え、雇いたがらないんです。

「僕は決してエリートではない」と断言できるなら、ウェルカムですけどね。

ただ、金融業界だけだと選択肢が狭まります。出来れば他業界も視野に入れたほうが良いでしょう。

他業界だと「不動産」や「コンサルティング関係」に転職する人が多いですよ。不動産でも金融の知識がそれなりに活かせますし、結構雰囲気などが似てますからね。

ただ、雰囲気が似てるということは、不満を完全に解消できない可能性もあることだというのを忘れずに。

また、案外サービス業や製造業の企画職に転職する人も多いです。

若い元・銀行員は、どの業界でも転職しやすいですよ。銀行員の経験が豊富で銀行の体質に染まりきっている人はお呼びでないという企業が多い傾向がありますが、若くて銀行員経験がまだ浅い人は、案外重宝されます。

「銀行で働く」というのは今も昔も、ある程度のステータスなわけです。

だから、そのステータスを活かして自分が望む未来を、望むように切り開いてやりましょう!