事務の仕事の人気が高い現在、学校事務もまた人気が高い仕事のひとつです。

未経験だとしても「見たことがある」という人が多いため、完全にイメージできないわけでないというのが人気のポイントなんでしょうね。そんな学校事務に転職してみたいなと少しでも思うのなら、もっと詳しく学校事務について知ったほうがより深くこの仕事の魅力に触れられるのではないでしょうか。

学校事務への転職に興味があるすべての人へ…見よ、これが学校事務だ!

学校事務の仕事についての基礎知識【仕事内容・給料・適性】

学校事務は誰もが見たことがある仕事だと思いますが、学生から見える範囲というのは非常に限られています。僕らは言わば水面に浮かぶ白鳥を見ただけのようなもの。水面下でじたばたもがく白鳥のように学校事務にも見えない部分がたくさんある! そこを敢えて見えるようにしてみました。

仕事内容

一言で済ませてしまえば「学校運営にかかわる事務作業全般」が学校事務の仕事です。

高校であれば「大学推薦入試の手続き」「奨学金の手続き」などで、事務員さんにお世話になった人は多いと思います。そういう学生と教員とにかかわる必要な手続きは、ほとんど全て学校事務が行っているんです。

ただ、事務作業や手続きと言ってもさまざまな分野がありますよね。

小中高はあまり分かれていませんが、大学など規模が大きいところは「学生課」「教務課」「就職課」「総務課」などに分かれていることがほとんどです。

学生課の仕事は就職活動に関すること以外の、各種手続き。学生の退学手続きなどの学籍管理・厚生補導や納入金に関することなどを担当します。

教務課は、学生のカリキュラム・授業時間割作成・試験・成績管理や卒業の判定などを行う仕事です。

学生課が「学生生活に関する仕事」を担うのに対し、教務課は「学生の勉学に関する仕事」を担うと言えばわかりやすいでしょう。

就職課は求人の紹介と掲示や、就職相談などを請け負います。総務課は扱う部署が無い仕事全般です。

ほかにも入試に関する広報などを扱う部署もありますし、教員の福利厚生に関する部署もあります。どんな部署がどの規模で存在するのかは、大学ごとにより異なるわけです。

学校事務と総合的に語りはしますが、学校事務になったからと必ず学生課の仕事をするわけではないし、教務課の仕事をするわけではないということ。転職後に配属先が決定し、そこで具体的な仕事内容が決まります。

ただ、小規模・中規模の学校の場合はあまり細分化されていないため、オールマイティに事務の仕事をすることができるので「もっと色々やりたい」という人は規模が小さめの学校を選ぶようにすれば良いでしょう。

給料と忙しさ

学校事務の給料は、平均月収30万円程度だと言われています。年収にすると400~500万円がボリュームゾーン、500~600万円もまだまだ平均的と言えるレベルです。しっかりと勤続することができれば、しっかりと年収が上がっていく安定感があります。

また、経営状態が良い学校だったり人気の学校だったりすれば、年収1000万円というベテラン学校事務員も少なくはありません。

公立校か私立校かによっても給料は微妙に変わります。私立校のほうが大小の差が激しいものの、うまくいけば公立よりも稼げる印象。公立校のほうが安定はしているものの、大きく待遇をアップさせるのは難しい印象があります。

年収が高いのは年に2回のボーナスがしっかり支給されるためということもあるでしょうね。

学校事務の給料や待遇に関しては、学校事務の募集要項をしっかり確認しておくことが大切です。

学校事務の勤務形態は基本的に土日休みとなりますが、学校のイベントなどにより休日出勤することもあります。休日出勤の頻度は多くないものの、年間休日日数で言えば特別多い仕事とは言えないでしょう。

残業に関しては学校によりますが、多少なりともあります。入試前後には残業が増えたり、学祭が近くなると残業が増えたり波もあるんです。

残業に関しては「どの程度幅広い仕事を受け持つのか」によっても変わります。ここも、大学ごとに実態を調べるしかないでしょう。

学校事務に向いてる人の特徴

  • コミュ力がある人
  • 頭の切り替えが早い人
  • 寛容な心を持っている人
  • 協調性がある人
  • 責任感がある人

まず、さまざまな教員や学生と接する仕事なので事務職と言えどコミュ力が必要です。僕が思うに学校事務とは「最もコミュ力が重要とされる事務職」なのではないでしょうか。営業事務は営業としか関わらないけど、学校には多種多様な人が居ますからね。

そんな多種多様な人を受け入れる寛容さも、必要となります。

中にはキレる若者も結構いますし、学校事務にキツい言葉をかける教員もいるでしょう。そういう人を見てもイライラしない人のほうが、精神衛生を保って働けます。

そしてさまざまな人と人とを繋ぐ架け橋でもある学校事務の仕事に就くには、協調性も大事です。

学生・教員・学校にとって大切な業務を担うという責任感も大事!

また、幅広い仕事をすることになるケースが多いので頭の切り替えが早い人でないと、なかなか厳しいところがあると思います。並行するタスクに優先順位をつけてコツコツこなせる人、今している作業を一度中断して違う作業に向かえる人などはかなり学校事務に向いている人です!

学校事務に未経験から転職するための必須知識なポイント2点

学校事務の仕事が幅広いことや、学校事務の給料・働き方などを知るだけでも転職にかなり近づきます。ただ、学校事務というのは少し特殊な仕事です。未経験から転職するためには知識が必須! おさえておくべきポイントを2点紹介しましょう。

ポイント1.学校事務になるには? 道のりを詳しく説明します

国立の学校事務になるには、国立大学法人等職員採用試験という試験に合格する必要があります。

まずは説明会に参加して国立大学法人等グループ会員サービスに登録をし、試験に申し込むことになるんです。試験は二次試験まであり、これに合格すると国立学校の事務員になる資格を得ることができます。

合格の通知が来たときに「職員になるか辞退するか」を決め、「職員になる!」と決めれば晴れて転職。

公立の学校事務の場合は、地方公務員採用試験に合格する必要があります。

そう…公立校の学校事務は、地方公務員なのだ! 試験に関する詳細は地域ごとに異なるので、自分が住んでいるところの試験案内を読み込んでみてください。

試験内容は高卒までの学力で解ける問題がほとんどとなっていますが、出題範囲がとても幅広いため知識の幅が問われます。

地方公務員採用試験に合格した後は、学校事務区分や教育事務区分などで募集している学校を探して応募することになるんです。そこで採用となれば晴れて転職完了というわけですよ。

かなり険しい道のりが待っています。

じゃあ私立はというと…。

募集を見る→応募する→面接や試験を受ける→合格し転職というわかりやすい流れになっています。

ここでひとつ注意事項。

公立校の学校事務になるための試験の倍率も、学校事務の求人倍率もかなり高いです。また、正社員雇用は稀なケースとなります。嘱託扱いがほとんどなので、注意しておきましょう。

ポイント2.学校事務への転職で必要、あたは有利になる資格はあるのか

学校事務への転職で必須となる資格は、大卒資格です。

特に大学の学校事務に転職する場合は、ほぼ100%と言って良いほど「4年制大卒」という条件が課されます。

また、私立校の場合であっても学校事務試験が行われるケースも多いです。面接だけで済むか試験があるかは募集要項に書かれているため、しっかりと見ておきましょう。

あると有利になる資格は…強いてあげるなら簿記くらいですかね。簿記2級以上があれば、学校事務の経理関係の仕事に需要があります。

リサーチと転職エージェントの利用を並行しよう!

自分で募集を行っている大学をリサーチすることと、転職エージェントに転職の相談をすることの二つが重要になります。

学校事務は求人の倍率が高いだけでなく、求人があまり出回りません。一般にある求人は嘱託や派遣であることがほとんどです。正社員雇用の場合は独自でリサーチする必要が出てきます。

ただし、向き不向きや勤務条件の比較検討の際などに転職エージェントを使い相談したほうが、転職成功率は上がるでしょう。

基本は自分で探すこと、未経験なのでわからないことが多いだろうからそのときは転職エージェントに聞くこと。

それが転職成功のカギだ!