イベントの企画と運営を行うイベント会社の仕事、凄く楽しいように見えますよね。

イベント業界への転職に興味がある人は、結構多いと思います。僕の知人には実際にイベントの企画を行う子会社を設立した人もいるんですよ。その人に、「未経験からイベント業界に転職するときに気を付けることはあるか?」と聞いてみました。

その結果、イベント業界のある「特徴」がわかったんです。

イベント業界にはどんな仕事があるの?

イベント業界・イベント会社には、たくさんの人が働いています。その中でも特に「イベントに深く関わる仕事」でなおかつ未経験でも募集している仕事のみを知人の話から集めたので、それぞれ見ていきましょう。

1.イベントプランナー

イベントプランナーは、イベントの企画と運営を行う仕事です。広告代理店・イベント企画会社などに勤務して、企業のプロモーションイベントや自治体のイベントなどさまざまなイベントの企画を行います。

企画したイベントを自社で開催することもあれば、企画したイベントの開催を自治体・企業などに提案して開催することもあるんです。

イベントプランナーは企画の立案から提案を最初に行い、開催が決定すれば会場や日程を決めて必要な人材を集めます。音響・照明・舞台監督・制作スタッフ・当日の運営スタッフなどなど、さまざまな人の間を取り持つ仕事でもあるわけです。

企画者+ディレクターの役割というイメージですね。

ただ、企業によってイベントプランナーが行う仕事の幅に違いがある場合もあります。たとえば制作進行とプランナーが別にいるケースもあれば、プランナーが制作進行を行うケースもあるんです。

制作進行というのは制作現場のとりまとめ役。進捗管理などを行う人だと思っていれば間違いありません。

また、イベントプランナーはイベントデザイナーと呼ばれることもあります。

そんなイベントプランナーはさまざまな仕事を行うため、物事を整理整頓するのが得意な人に向いていると言えるのではないでしょうか。それに加えてコミュニケーション能力があれば、なお良しです。

企画力も必要ですが、企画力というのはただのアイデア発想力ではなく「需要をリサーチする能力」「需要を掴みながら求められる以上のものを生み出す思考力」などによって構成されることを意識してみてください。

自分にそれらの能力が備わっていれば、イベントプランナーに確実に向いています。

2.イベントの運営スタッフ

イベント制作はプランナーをはじめとした制作スタッフだけで成り立つものではありません。イベントの運営を行うスタッフがいてこそ、はじめて成立するものですよね。イベント業界の仕事と言えばプランナーが華ですが、イベント運営スタッフの存在も欠かせません。

仕事内容は会場の案内・設営・物販の運営・警備などです。

スケジュール管理などの重要な仕事は制作陣が行うことが多く、運営スタッフは彼らの手足となって働くというイメージですね。

3.営業職

イベント業界の営業職のくくりは、非常に曖昧です。

イベントプランナーが営業行為を行うことも多く、営業職が企画を行うことも多いんですよ。単に呼び方が会社によって異なるだけかと思えばそういうわけでもなく、企画運営を担うプランナーと営業とを分けているところも多いです。

営業職が行う仕事内容の幅は、イベントプランナー同様会社によりけりということですね。

基本的には、「イベント打ちませんか?」と企業に営業回りをしたり、プランナーと一緒にクライアントと企画の打ち合わせをしたりします。プランナーよりも「利益が出るかどうか」をシビアに考えるのも営業の特徴です。

仕事の流れとしては「営業活動を行う」「依頼を受ける」ことから始まり、次に目的や規模などをヒアリングしてプランナーと協力し演出内容・費用を提案、双方納得の上受注といった形です。

その後も制作部門に仕事を発注したり、外部との折衝をしたりします。

知れば知るほどにイベントプランナーの仕事と被って見えますよね。だから、曖昧な立ち位置になってしまっているということです。

イベント業界に転職したいなら、これは知っておけ! 役立つポイント・注意点まとめ

イベント業界というのは雲のようにふんわりとしていて、どこかをさ迷い続けるような業界です。必要な業界であることは確かですが…その実態はどこか掴みどころがないように感じられます。そんなイベント業界に未経験から転職したいなら、これから話すことを知っておきましょう。

1.企業によって「どこからどこまで行うか」が変わる

イベントプランナーの仕事や営業職の仕事・存在などが、会社によって変わるということを説明してきました。広告代理店の仕事かイベント企画会社の仕事かによっても異なりますし、イベント企画会社ごとでも異なるんです。

また、企業によってイベント企画運営のどこからどこまでを行うのかが変わることもあります。

企画と運営の両方を行う会社もあれば、運営だけ行う会社もあるわけです。

運営だけを行う会社は運営スタッフを、企画元・運営元の要請に応じて必要な人数派遣します。企画運営元のイベント会社から要請することもあれば、運営だけを行う会社の方から営業をかけて使ってもらうこともあるでしょう。

企画だけを行う会社というのは、かなりの少数派です。

よほど人数が少ない会社でない限りは、企画を行う会社は運営も行います。ただ人数が不足している場合には、そういう運営スタッフを派遣する会社の力を借りるわけです。

イベントのどこからどこまでに関わる企業なのかを、しっかりチェックしてから応募しないとミスマッチが起きるので注意しましょう。

2.企業によって「イベント」の傾向がかなり変わる

イベントと言ってもさまざまな種類があります。

就職イベントを企画運営することが多い会社もあれば、アニメイベントが多い会社もあり、コスプレイベントオンリーという会社もあるわけです。自分がどのようなイベントに主に関わりたいのかを決めておくことで、転職活動の方向性が決まります。

求人先企業のリサーチをしっかりと行い自分の希望とのミスマッチが起こらないように注意しましょう。

3.イベント企画会社は正直不安定なところが多い

イベント会社というのは、玉石混交です。

大手広告代理店は安定していますが、未経験からの転職者にはかなり厳しく転職は難しい。それならばとイベント会社に的を絞ると思いますが、イベント会社は中小・零細とが入り乱れています。

群雄割拠とは言い難い有象無象はびこる業界なんです。

冒頭に語った「イベント業界のある特徴」とは、ふわふわと掴みどころが無いのにどこかありふれていて実態を掴み転職するのが難しいという特徴。

正直、不安定な会社がたくさんあります。

個人が起業して少人数のチームで成り立っている企画会社も多く、ギリギリで採算をとっている企業も少なくはありません。そもそもイベントというのはマネタイズするのが難しく、それ単体で黒字を出すのは困難です。

イベントは赤字だけどプロモーション全体を見れば黒字というケースが、たくさんあります。

そんな中「自分たちの面白いと思うイベントで食うぞ!」と張り切っている企業ほど、危ないのではないでしょうか。

出来るならば、幅広い分野のイベントに手を出している企業を選ぶと比較的安定していると思います。

また、少人数の会社を選ばないようにするのも大事です。

社員の人数・設立した年・会社の評判・実績・SNSなども必ずチェックしましょう!

求人の吟味には転職エージェントがオススメ

ここまでの内容をザックリまとめると、イベント業界に未経験から転職するときには、イベント会社選びがとても重要ということでした。

そのためには、転職エージェントを使うのが僕はオススメです。

まず、イベント業界の求人は結構少ないんですよ。そのため、一般公開されている求人だけでは吟味するには求人数が足りません。ここで転職エージェントを使うことにより、非公開の求人を得ることができ、求人の吟味も可能になります。

また、社員人数・評判・実績などを質問すれば蓄積されたデータをもとにしっかり答えてくれるので、イベント会社が自分に合うかどうかを見分けることが楽になるんです。

転職エージェントを使い、しっかりイベント会社を選び、納得する会社に転職することを目標としましょう!