臨床開発モニター(CRA)、正直、仕事と給料、割に合いますか?

今の仕事を辞めたいと思っているくらいだから、「割に合わない」と感じている人が多いと思うんです。実際、客観的に見てもこの仕事は重要な割には扱いがそこまでよくはないような? それに、CRA特有の悩みや辛いこともたくさんあると思います。

臨床開発モニターから転職するとしたら、転職先はどんなところがいいのでしょうか?

CRA、ぬぐえない疑問を感じたら転職へ

新薬の開発というのは、人類にとって希望となりえるものですよね。これまで新しい薬が生まれたことで「不治の病が治る病気」になり、人々は救われてきました。新薬開発に欠かせないのは、治験。そして治験に欠かせないのは? 臨床開発モニターですよね。

医療の力は世界中に打って出るもので、薬はすごいものだと世界中で販売されます。医学と薬学の力は、国力にもなるんですよ。だから、新薬開発や治験に関わっている人はもっと優遇されてもいいんじゃないかと思っています。

ほかの業界に比べると、たくさんもらっているほうではあるけどさ…。

また、CRA特有の悩みというと「出張があまりにも多い」というのもよく挙げられます。

飛行機と新幹線をバリバリに使って、「わしゃ芸能人か!」というくらいに移動しまくる。出張を終えると書類整理の山に立ち向かい、休日出勤だって余儀なくされるんだ。アウェイな職場で働くストレスも大きいでしょうし、出張にはたくさんの苦労もあると思います。

そういうたくさんの苦労も、この仕事がマイナーだからなかなか愚痴が通じないのも辛いところです。

臨床開発モニターの仕事というのは、これだけの苦労があり、国にとっても人類にとっても重要な仕事なのに、年収は600万円程度が平均と言われています。1000万円プレイヤーもいるにはいますが、正直割に合わないですよね。

これだけ出張も多くて、私生活も犠牲にしているのに、平均600万円、スタートは400万円程度。あまりに報われないじゃないか。

疑問を感じることがなければ、やりがいも大きく「いい仕事」として続けられるかもしれません。ただ、ぬぐえないほどの疑問を感じてしまうと、もう辞めるしかないと僕は思います。転職、しましょう。

CRAが優遇される転職先、どんなものがある?

臨床開発モニター経験が優遇される転職先というと、真っ先にCRC(治験コーディネーター)が思い浮かびます。実際、CRAからCRC転職するという人、かなり多いようですよ。

CRAとCRCの違いは、CRAが製薬会社の外注先、CRCが病院の外注先というところにあります。そして、CRAというのはCRCを統括・監督して指示を出す人と言えるんですよね。外注先が異なっていたとしても、業務経験は通ずるところが多く、転職しやすいです。

立場も、1段階下がりますからね。CRCを欲している側も、CRA経験者なら大歓迎というわけだ。

ただし、年収が下がる可能性があるのはしょうがないと割り切っておきましょう。

それでもCRCに転職するメリットは、「ほとんど出張をしない」「休日出勤が少ない」「残業も減る」「治験の仕事を続けられる」とたくさんあります。もろもろの苦労が減ると考えると、年収が下がるのもその分の削減費と考えて納得できるでしょう。

薬剤師資格があるなら、転職先の幅は広い

薬剤師の資格を持っているCRAは、転職先、かなり幅が広くなります。

個人的にオススメなのは、ドラッグストアで薬剤師として正社員で働くことです。正直、治験業界から考えると「落ちたなあ」と感じるのは否めませんよ? だけど、ドラッグストア業界というのは転職先の選択肢として実はかなり良いんです! イメージだけで避けるのは、もったいない。

というのも、現在ドラッグストア業界は成長中です。

数もどんどん増えてきているし、ドラッグストアを日常的に利用する客もめちゃくちゃ多いんですよ。今や「しっかりしたメーカーの食品・日用品が、安く買える店」として、主婦層や一人暮らし層にかなり支持されています。

小売として魅力的というのが、成長の起爆剤になったわけです。

ただ、肝心要なのは調剤業務なんですよ。OTCしか取り扱っていないドラッグストアは多いですが、業界内には調剤室を併設したドラッグストアを作る動きが盛んです。現在、ドラッグストアの薬剤師需要はかなり高い。

成長中ということもあり、需要が高いということもあり、薬剤師の職場の中だと比較的高収入という魅力もあります。

調剤併設のドラッグストアだと、薬剤師がポップ作成や品出しをするケースはそれほど多くありません。もちろん、暇なときなどは行いますが、忙しいときに無理して行わなければならないことはないため、自分の仕事に集中できます。

薬剤師資格があれば、ドラッグストア、めちゃくちゃオススメです!

ほかにも、調剤薬局など薬剤師の働く場所全般、転職先の候補に入れられますよ。

資格がなくても! こんな仕事がいいのでは?

CRAには、自分で決める裁量というものがほとんどないんですよね。統括・指示する立場と言っても、結局は外注先やさらに上の人の操り人形状態、完全なる歯車なんです。だから、「次は自分の裁量がある仕事をしてみたい」と考えている人も、多いと思います。

そういう人には、営業職がオススメです。

営業も会社によっては裁量なんて無いところもありますが、そこは転職エージェントを使うなどして求人選びにこだわれば解決する問題なんですよ。

個人的に感じているのは、中小企業の営業は裁量が大きいということです。ノルマを自分で決められたり、営業方法もマニュアルより自分の経験と考えを優先することが認められたり、そういうのは中小企業に多い。

もっと大きな裁量が欲しいなら、ベンチャーですねえ。

ベンチャー企業は残業が多い傾向がありますが、これから成長する(かもしれない)企業だからこそ、営業活動のしがいはあります。ベンチャーは少数精鋭で、成功するために「とにかくやれることはやろう」という気運があるため、社員一人ひとりに任される仕事の幅がかなり広い。

まだまだ新進気鋭のためマニュアルなど確立したものが無く、それよりも「とにかく挑戦だ!」という雰囲気がありますからねえ。仕事の進め方も、人それぞれです。

裁量がほしいなら、中小またはベンチャーの営業職という道がある。

また、CRAの実績を活かしたい人なら、外資系製薬メーカーのマーケティング職などがオススメです。残業はありますが、出張はなく土日休みが基本。年収もあまり下がらずに済みますし、外資系メーカーは何より前職の実績と実力を重視するため、CRAとして残してきた実績を無駄にすることもありません。

マーケティング職にもそれなりに裁量権はありますし、CRAから転職するときの転職先候補として、実はかなり穴場なんですよ。

もちろん、英会話と英語の読解力は必須ですけどね!

資格を持っていようが、なかろうが、結構CRAからの転職先候補は豊富にあります。

CRAを辞めたいなら、無理して続けずに、もっと自分が輝ける場所を探しましょう。