医師や看護師の仕事を支える、病棟クラークたち。

医療現場のいろいろな仕事をするし、いろいろな人と協力しないといけないから本当に大変な仕事ですよねえ。医師や看護師という専門職だけじゃなく、患者さんのサポートもする、医療現場の立役者と言えます。

だからこそ病院内で板挟みになったりして、辞めたいと思う人は多いのではないでしょうか?

そんな病棟クラークのありがちな退職理由を紹介しながら、病棟クラークから転職するときの転職先を考えてみたいと思います。

病棟クラークにありがちな悩みと、辞めたい理由

  • パシリにされる
  • 給料が安くボーナスはない
  • 理不尽な看護師にいいように使われる
  • 立場が弱い
  • 人数が少なく、自分の代わりがいない
  • 医療関係の何でも屋だから、仕事が多い

仕事量に関することと、待遇に関することと、人間関係に関することが多いです。

病棟クラークの仕事は、「誰がやればいいかわからない仕事全般」ということで、「ほかに対応できる人がいない? じゃあクラークだな」と便利屋扱いされています。仕事の量がどうしても多くなり、幅は広くなるので忙しいですよね。

特に小さい病院だとクラーク一人当たりの負担が大きくなり、てんてこ舞いになってしまいます。しかも小さな病院だと、クラークが自分しかいないということもあるんですよね。だから、自分の代わりがいなくてどうしても休めません。

小さい病院ではなくても、病棟クラークの人数は少なく、休みがとりづらいです。

立ち位置が微妙ということもあり、立場が弱く看護師や医師に逆らえない、いじめられるという話もよくあります。職場の人間関係は自分以外を除くと良好で、自分だけがどうしようもないくらいに低い立場に置かされているという人も多いんではないでしょうか。

いろいろ大変な仕事なのに、立場があやふやだからか給料が低いし、ボーナスも出ない…。

この仕事のいいところを探すほうが難しいと、「クラーク辞めたい」と考えている人は感じているのではないでしょうか。

実際、ネットでこの仕事の悩みを打ち明ける人の多くが、「この仕事のいいところ? 友達や知り合いに医療関係と言えるくらいだよー」と語っています。

医療関係の仕事であるということ以外にいいところを見つけるのが難しいのなら、それほどまでに辞めたいのなら、転職してしまったほうが絶対に良いですよ。

病棟クラークからの転職先。医療事務ってどうなの?

病棟クラークから医療事務に転職する人、多いですよ。

医療事務は事務仕事に特化できるから、何でも屋なクラークから見てうらやましい気持ちもあるんだと思います。それに、「医療関係の仕事は続けたい」「医療関係の知識経験は活かしたい」という思いもあり、医療事務を目指すのでしょうね。

実際、僕も医療事務を転職先に選ぶのはオススメです。

医療事務のほうが、数万円は給料上がりますからねえ。仕事の幅はクラークのほうが広いですが、仕事の幅の広さが給料の高さに繋がらないんです。要は「何かに特化していること」なんですよね、高い給料の条件というのは。

だから、事務仕事特化の医療事務に転職すると、3万円から5万円ほどは月給が上がると思います。

「ほどは」と言ったけど、これめちゃくちゃ大きいですからねえ。

しかも、板挟みになる人間関係とか立場が低いからいじめられるとか、そういう悩みから解放されます。病棟クラークよりも医療事務のほうが人数が多いというところが一般的だから、休みも取りやすいでしょう。

医療事務に転職することで、病棟クラークの悩みを総合的に解決しながら、「医療関係と言えるというメリット」は引き継げるわけです。

病棟クラークから医療事務への転職難易度は?

ネットを見ると、医療事務に転職するのは難しいという話をよく見ます。その理由として挙げられているのが、「大きな病院は派遣が多い」ということと「医療関係の知識を勉強しないと厳しい」ということなんですよ。

ただ、医療クラークの仕事をしていると医療関係の知識は自然と身に付きます。医療クラークから転職するときに二番目の心配は無用になるわけで、そうなると医療事務に転職するのは難しいと言い切れなくなります。

大病院に正社員として転職するのは難しいけど、一般企業も「大企業は難しい」というのは当たり前の話ですから。

特に、難しいと考える必要はないと思います。

ただ、注意しておきたいところはありますよ。

まず、総合病院か個人病院かで求人を絞りましょう。転職難易度が低いのは個人病院ですが、待遇は当然総合病院のほうが高いです。仕事のスタイルにも違いが出てきますし、自分にはどちらがいいのかを慎重に考えましょう。

総合病院は専門的な知識が身につく傾向があり、個人は全体的な知識が身に付きオールラウンダーになる傾向があります。

そのどちらを目指したいかで考えてもいいかもしれませんね。

どうしても迷ったら、「何科で働きたいか」で選ぶのもアリです。皮膚科と歯科は比較的hたらきやすい傾向があると言われているので、興味より働きやすさで選びたいなら皮膚科と歯科はオススメ!

あとは、転職エージェントを使って条件のいい求人をそろえることが大切です。

病院から離れたいなら?

病院から離れたいという病棟クラークにオススメなのが、医療事務として「調剤薬局」「介護施設」「レセプトソフト販売会社」などで働くことと、一般事務に転職することです。

医療事務の現場は病院やクリニックだけではなく、介護施設や調剤薬局も選択肢に入ります。特に調剤薬局は「人の病気や命が直接かかわる現場」から離れることになるから、病院から離れたいという人の意向を最大限叶えられるのではないでしょうか。

また、実はレセプトソフトを販売している会社でも医療関係の知識があると事務として働けるので、そういう選択肢もあるんだなあというくらいには覚えておくといいかもしれません。

医療事務以外なら、興味がある業界の一般事務や営業事務という手もあります。

病棟クラークというサポート業務メインの仕事経験を活かすなら、事務関係がやはりオススメですね。前線で働きたいなら営業もありだとは思いますが、そうではないなら、僕としては断固事務関係を推します!

自分の経験を活かし、自分を必要としてくれて、しっかりと人間として尊重してくれる仕事・職場を探しましょう。

医療事務や一般事務・営業事務に転職したら、その点はかなり落ち着きますよ。